2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

食べる前に撮る

 とあるブログを読んでいたら、「食べる前に撮る」というタイトルの記事がありました。

 食べ物は、ブロガーたるもの、食べる前に写真を撮るのが基本だそうです。

 なるほど~と思いつつ、旅行記では食べ物の写真をアップしていますが、ブログには食べ物の写真をアップしたことがないかも~と思い、今回、ちょっと撮ってみました(笑)

 某ファミレスでの食事です。

28_03

28_01

28_02

28_04

 特に何ということもなく、ただこれだけなのですが…(苦笑)

2015年2月27日 (金)

強風

 今日は強風が吹き荒れていました。

 強風のせいなのか、何なのか…、今日も耳が超カユイです。

 目や鼻は平気なのに、耳だけカユイ~!!

2015年2月26日 (木)

雨模様

 今日は1日、重い曇天か雨でした。

 

それなのに、1日中、両耳が痒くて痒くて…。

 そして午後からは異様に眠くて…。

 身体が闘っているということでしょうか…。

 これは、やはり、あれが押し寄せていますよね…。

 花粉の季節が到来してしまったようです。

2015年2月25日 (水)

うっかり

 買い物をして帰り、買い物をしたものを広げ、それぞれをそれぞれの場所へ片付けて…、そこで初めて、そもそもの買い物の目的の品を買い忘れたことに気付きました(;_;)

 なんという、うっかりさ加減でしょう。自分で自分に呆れました。

 忘れたものは仕方がありません。また改めて買いに行きましょう。

2015年2月24日 (火)

どうやら吹替え

 

 TOKYO MXの番組表によると、3月2日から放送される「私の期限は49日」は吹替えでの放送のようです。

 「私の期限は49日」はCSでの放送で字幕版を録画してBDに落としてあるので、私的には、今回のTOKYO MXでの放送は、吹替版なのは全然OKなのですが…出演者さんの生の声を期待していらっしゃる方々の中にはショックな方もおられるかもしれません。
 その辺、難しいですね~。2か国語放送だったら、自分の好きな言語を選べるので、2か国語放送だったらいいなぁ~と思っていたのですけれど、そうは上手くいきませんでした。

 週一の放送。忘れないように、もうしっかりとブルーレイレコーダーに予約をセットしました!

 あとは、ブルーレイレコーダーのハードディスクの残容量に気をつけて、容量不足で録画できてない!などということが起こらないようにしなくては…。と、書いているのは、過去、そういう失敗をしているからで…(^_^;)

 ふっふっふ。楽しみですheart04

2015年2月23日 (月)

どの形態?

 TOKYO MXで3月2日から放送開始の「私の期限は49日」

 今日は、ちょうどその1週間前。

 TOKYO MXテレビの公式サイトの番組表でも、3月2日の番組表が公開されました。
 早速、「私の期限は49日」の欄を見てみると、新番組の表記はあるものの、今日、2月23日の20時に確認した時点で、字幕なのか、二か国語なのか、吹替なのかの表記を私は見つけることができませんでした。字幕、二か国語、吹替のいずれかであるはずなのに…どれで放送されるのでしょうか?どこかに掲載されていて、私がうっかり見逃してしまったのかなぁ。

 また、日を改めて、確認してみます。

 果たして、字幕、二か国語、吹替のどれで放送されるのか…。

 

 

 【2015年2月24日 追記】

 2015年2月24日にTOKYO MXテレビの公式サイトの番組表を確認したところ、「私の期限は49日」の欄に、“吹替”の表記がありました。

2015年2月22日 (日)

スイス旅行記 3日目~シルトホルン、アルメントフーベル→ミューレン~

 2014年7月のスイス旅行記の3日目のシルトホルン展望台の模様と、アルメントフーベルからミューレンへのハイキングの様子をアップしました。

Day03_30

 シルトホルン展望台では、360度の大パノラマを満喫。

 アルメントフーベルからミューレンへのノースフェイス・トレイルでは、花の小径とスイスアルプスの絶景を堪能しました。本当に心に残るステキなハイキングコースでした。

 そんなスイスアルプスの山々の写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

2015年2月21日 (土)

地道に活動中

 地道に陸マイラー活動を展開中です。

 今日の買い物も地味ながら、いい陸マイラー活動ができたのではないかと自画自賛しています。

 千里の道も一歩から。

 少しずつ、少しずつ、積み重ねていきます。

 明日もがんばります happy01

2015年2月20日 (金)

それなりに

 昨日、スイス旅行記の2日目をアップして、今日は、ある種、やり遂げた感満載でした。

 それでも、それなりにスイス旅行記の3日目の写真を選んだり。

 録りためてある「剣と花」と「黄金の帝国」も見なくては…。
 「剣と花」は「階伯」と同じくらいの時代なのかな?
 「黄金の帝国」は誰と誰が手を結んで…がコロコロ変わっている印象。

 明日は土曜日。

 ブルーレイレコーダーのディスクの整理をがんばらないと!

2015年2月19日 (木)

スイス旅行記 2日目~チューリッヒ、ベルン、シュタウフバッハの滝、ミューレン~

 2014年7月のスイス旅行記に、2日目~チューリッヒ、ベルン、シュタウフバッハの滝、ミューレン~をアップしました。

Day02_27


 朝食後、チューリッヒ郊外のホテルを出発し、約1時間でベルンに到着。

 ベルンでは、添乗員さんに率いられ(現地ガイドさんなし)、バラ公園、クマ公園、ベルン旧市街を散策しました。ベルン観光は約1時間20分。
 ベルンの大聖堂から徒歩圏のレストランで昼食後、ベルンを出発。

 ラウターブルンネンにあるシュタウフバッハの滝を見学。

 そこから、ミューレンへのロープウェイ乗り場までバスで約10分。
 ロープウェイを1回乗り継いで、ミューレンに到着したのは17時頃でした。

 ミューレンで宿泊したホテルはロープウェイのミューレン駅の駅前。徒歩1分かからないところでした。このホテルに5連泊してミューレン滞在まる4日間を楽しみました。

 そんな写真を交えたスイス旅行記は、こちらからご覧ください。





2015年2月18日 (水)

今日の方が寒い

 今日は昨日よりも更に冷え込んで寒い1日でした。

 けれども、昨夜遅くに、ちょっと嬉しい出来事が舞い込んできたので、心はほっこり温かく過ごせました。

 心、ほっこりからできるだけ早く、と~っても嬉しいお知らせがくるのを首を長~くして、でも、逸る心を押さえて穏やかに過ごせればなぁと思っています。

2015年2月17日 (火)

逆戻り

 昨日、暖かくなったと思ったら、今日はまた真冬の寒さに逆戻り。

 体がついていかない~(^_^.)

 梅も開花して、春はそこまでやってきていると思えたのも束の間、春が足踏みをしています。

2015年2月16日 (月)

どうしたら

 今日は風が強く、冷たいながらも、陽射しがあり温かい1日になりました。

 最近は、月~金のドラマ2本、火~金のドラマ1本、週一のドラマ1本を見ています。
 さすがにちょっと大変…。録画して後で見るという選択肢もありかとも思います。でも、それをするだけのHDDの空き容量が…。う~ん、どうしたらよいものか…。考え中です。

2015年2月15日 (日)

スベクヒャン 第13話~第18話

 「帝王の娘 スベクヒャン」のレンタルDVDでの視聴が一段落したので、BS朝日で放送中の「スベクヒャン」の第13話~第18話をBDにダビングしました。BD全24枚組(予定)の5枚目と6枚目になります。

 レンタルDVDで見ていたのよりも、BSで放送中のものは、かなり前の部分なので編集しながら見ていて不思議な感覚を覚えました。

 ソルランとミョンノンの再会シーンのお互いの呼び方が「鶏肉!」と「旦那様!」ですから~(笑) ミョンノンに近寄るなと言われて、あっさり見捨てて行こうとするソルランが好きです(笑)
 このときは、ミョンノンは平気な顔でソルランを盗賊の根城に送り込んでいるのですよね~。先日、レンタルDVDで見ていた第55話以降になったら、お互いにそんなこととんでもない!とできないことを出会ったばかりの回では、平然と行っているのが面白いです。人間てそういうものなのでしょうね~。このときは当たり前ですけど、お互いに特別な感情などはほんのひとかけらも持ち合わせいませんから~。

 来月初めのレンタルDVDのvol.28~vol.36(第82話~第108)のリリースまでは、BSで放送中の「スベクヒャン」の視聴に集中できそうです。

 今回、BDにダビングした第13話~第18話は、私的にはソルヒは自分では自分の環境を良くする努力を何もしないで不満ばかり貯め込んで、その不満をソルランの本当の名前と地位を奪うことで払おうとしているのかなぁ~な展開でした。
 ソルランとミョンノン、ソルヒとチンムと2つのストーリーが並行して描かれています。それが交わりだす、これからの展開が楽しみです。

2015年2月14日 (土)

スベクヒャン 第55話~第81話

 

 レンタルDVDを借りて、「帝王の娘 スベクヒャン」の第55話~第81話を見ました。

 BS朝日で放送中の「スベクヒャン」を録画しているので、そちらを編集していると、レンタルDVDで見ているのと、BSで放送中のとで話が前後しているので、自分でもどちらでどこを見ているのか、一瞬、???になるときがあったりします。

 

 以下、煩悩爆裂なネタバレ含むな感想ですので、未見の方はご注意ください。

 

----------------------------------------------

 

 第55話~第81話、レンタルDVDのリリース第3弾。起承転結の“転”まできました。

 ソルランとミョンノンはお互いの気持ちを告げてラブラブheart01heart02heart04
 見ている方がテレてしまいます(^_^.)

 ソルランは、自分が本当のスベクヒャンだと知ってしまいました。それは同時にミョンノンが兄だと思ってしまったということで…。実は違うんだよ~!と見ている人間はみ~んな知っているのに、ソルランは知らなくて…。

 チンムとソルヒにもラブが芽生え…。
 チンムはソルヒを利用するために近付いたのに、ミイラ取りがミイラになりました?ソルヒのどこに、いつの間に魅かれたのかイマイチ?だったりします。
 ソルヒは…、強引にアタックされて?

 そんな感じでラブラブが一気に加速しました。

 自分が本当のスベクヒャンだとソルランが知ったと判ると、ソルヒはソルランへの本音を爆裂。いい子ぶって、姉さんと私は違う、私の夢を否定しないで、お母さんは姉さんばかり可愛がったetc
 いい子ぶっては判らないけれど、「姉さんと私は違う、私の夢を否定しないで」は確かにそれはそうだよなぁと思ったりしてしまいました。でも、チェファはソルランもソルヒも同じように可愛がっていて、特別、ソルランを可愛がっていたようには思わないですし、これは、ただ単にソルヒが自分で自分を、自分の行為を正当化するために主張しているのか思い込んでいるだけなような気がします。

 ここまでは、100歩譲って我慢するとしても、本物のスベクヒャンであるソルランに対して、「王様も王妃様も太子様も幸せなのだから、姉さん、出て行って」って何?!何を考えているのか理解不能。いくらソルヒが悲劇のヒロインぶっても同情する気にもなれませんでした。

 しかも、ソルランが王に本当のことを告げると言うと、ソルヒはミョンノンが傷つくと脅しにかかる始末。
 ことここに至って、さすがのソルランもソルヒの醜悪な面を一気に見せつけられました…視聴者も?…。

 ミョンノンと兄妹だと思ってしまったソルランは、考え悩んだ末にミョンノンには何も告げずにミョンノンの傍から離れてキムンへ赴きます。そのときにミョンノンに百済を離れたい理由として言った「妹が死んだから故郷に帰りたい」は、ある意味、ソルランの本音かもしれません。ソルランが愛したソルランにとっての愛すべき妹はもうどこにもいない、愛していた妹は死んだと思っても無理もないことなのでしょう。

 ソルラン自身も、百済を去るのは自分とミョンノンにとっての選択で、ソルヒには最悪の選択かもしれないと述懐しています。
 本当にソルヒを思って、正す気があるなら、どんなに苦しく辛くとも、王に真実を打ち明けるべきだと思えるにに、ソルランは欲望のためならどんな嘘でもつく妹を見捨てて、自分の心を守る道を選んだようです。
 ミョンノンに対しても、1番幸せなときに、本当の理由も告げられずに突然恋人が自分のもとを去っていくのがどんなに傷つくことなのか、そこのところをソルランは考えていないように思えます。ミョンノンのためを思うなら、最も傷が浅く、ソルランへの思いを早く忘れられるのは、妹だと知らせることのはずだと私的には思えるのに、ソルランはそうはしませんでした。それって、そばにはいられないけれど、自分はミョンノンへの思いを忘れられないから、ミョンノンにも自分を忘れないでいて欲しいってこと?う~ん、それって、どうなのかなぁ。

 チンムは、素直になりそうだったのに、ソルヒを本当のスベクヒャンだと思っている王様は、ソルヒとチンムが仲良くするのを本当は血のつながった兄妹だからと、2人の中を裂こうとして、チンムの心に憎悪の火を灯してしまいました。王様的には一生懸命チンムを思っているのですけれど、王様とチンムの心は見事にすれ違ってしまいました。自分の本当の気持ちを伝えられないのが哀しい。

 スニムン王に監禁されていたミョンノンが無事に戻ってきたとき、王様は「無事に戻ってくれてありがとう」と言っています。王様の助言に従わずに護衛のカンボクを置いて出かけて、しかも恋人とデート中にさらわれたのですから、普通だったら、「何やってるんだ!このバカ息子!!」と一喝して、グーかパーかは判りませんけど一発ガツンと殴って謹慎させるところだと思うのですが…。それが、ありがとう……。スニムンにさらわれて行方が分からないときには、確かに息子を心配する親の顔だったのに…無事に戻ったら、息子に対する親の気持ちよりも、東城王から託された子に何もなくてよかったの気持ちの方が大きくかってしまったのでしょうか。そして、そんなところに、王様と自分の間にある見えない壁みたいなものをミョンノンは感じてしまうのかもしれません。

 ソルヒはソルランを百済から追い払って一安心のはずが、腹心だと思っていた侍女のナウンに脅迫されて、ついにはナウンをその手にかけてしまいました。でも、これも、ナウンに己の野心を満足させるためだったら何でもあり、と思わせてしまったのもソルヒ自身の言動なのですから、自業自得とも言えなくもないでしょう。
 ナウンは決してソルヒに対して言ってはいけない言葉を不用意に吐いてしまいました。そのとき、ソルヒの心の中の何かが切れてしまい、ソルヒの心は崩壊への道をたどり始めたのでしょう。

 ソルランは自ら王に真実を告げてソルヒを糾弾することはしませんでしたが、ソルヒの嘘がバレてソルヒが壊れていくのは予測できたはず。それなのに黙って去ったのは、嘘をついて人を欺いて、ソルランの本当の名前と身分を奪ったソルヒに、ソルラン自身の手を下さずに、ソルヒにその代償を払わせる意図があったのではないのかと、思わず勘ぐってしまいました。

 ラブラブ幸せの絶頂から、突然、恋人に去られて分けもわからずに自室の書斎スペースの棚のところでちんまりとうずくまって考え込んでいるグダグダなミョンノンが、妙に幼い子供のように見えてしまいました。きっと、彼は子供のころからずっと、傷つくと誰にも言えずに1人でああやって悩んでいたのでしょう。

 見ていて、いろいろなことに思いをよせ、考えた第55話から第81話でした。

2015年2月13日 (金)

夕方から

 夕方から、風が強く、冷たくなりました。

 今週の初めに異常なほどの寒さを感じて以来、すっかり湯たんぽと仲良くなって、湯たんぽにずっと足元を温めてもらっています。
 今夜も湯たんぽのスタンバイOK。

 1度、湯たんぽの温かさに味をしめると、湯たんぽを止めるタイミングが難しいのですよね~。

2015年2月12日 (木)

改めて

 なんちゃって陸マイラー生活を始めて1年余り。

 マジで陸マイラーをなさっている方々には、陸マイラーというのもおこがましいくらいですが、それなりに、なんちゃって陸マイラーをしてきたつもりです。

 してきたつもり…でも、最初の意気込みが徐々に薄れていき、熱心さに欠けてきたような気がする今日この頃。

 こんなことではいかんなぁと、改めて気持ちを引き締めています。

 目標に向かって、ファイト!

2015年2月11日 (水)

悩ましい

 テレビのリモコンを片手にザッピングをしていて、TOKYO MX2にしたら、「百済の王 クンチョゴワン」をやっていて、燕の第5皇子の慕容垂役で登場した俳優さんの声に、とっても聞き覚えあり!よくよく聞いて、お顔を拝見したら、「薯童謠(ソドンヨ)」の阿佐太子でしたので、そのまま見てしまいました。前に見たときは気付きませんでした~。意外なところでの再会です。

 「クンチョゴワン」は、以前、BSで放送したときに見たので、物語の途中から見ても何となくストーリーが判るので、問題なしなのです。 

 BSで放送が始まるのを楽しみにしていたドラマは月~金の放送で…「スベクヒャン」もありますし、これまた見たいと思っていたドラマも始まりますし(火~金の放送らしいです)…平日に3番組は、見るのもHDDの容量的にも少々どころではなくキツイかな~。更には月末からは、これまた見たいと思っていたドラマも始まりますし(これは土日の放送らしいです)…。

 あ~、悩ましいです。録りためて後で見るのは、HDDの空き容量的に難しそうなのです。何故に、見たいドラマの放送時期が重なってしまうのでしょうか。

2015年2月10日 (火)

今日も夕方から

 昨夜は体調不良になって早々に布団にくるまりました。

 ところが!布団にくるまっても寒くて寒くてガタガタ震えが止まりません。
 完全に体温のコントロールができなくなってしまったようです。

 仕方がないので、布団の上に毛布を1枚かけ、更に湯たんぽを足元に置いて、ようやく震えが止まりました。

 今日は、日中、暖かくなり、体調も戻ったと思っていたら…夕方になって急速に体調レベルが落ちて行くのが自分でもはっきり判りましたshock

 そういうわけで、昨夜の学習を踏まえて、今夜は予め湯たんぽをセッティングして、毛布もかけて準備しました。

 そろそろ体調が戻るといいのですけれど…。

2015年2月 9日 (月)

冷たい風

 太陽は戻ってきましたけれど、冷たい風がぴゅ~typhoontyphoontyphoon

 気温の寒暖の差と冷たい風に晒されて、体調は低下の一途を辿っていますshock

2015年2月 8日 (日)

今日は寒い

 今日は雨模様で、また寒くなりそうです。

 暖かくなったかと思うと、また寒さが襲ってきて、寒暖の差が激しくて体調がどうかなりそうな気がしてしまいます。

 昨日、今日は落ち着いてゆっくりとレンタルDVDを見られました。う~ん、充実した週末を過ごせましたhappy01

2015年2月 7日 (土)

今日はゆっくり

 今日はゆっくりと、レンタルDVDを見ながら、BS朝日で放送している「帝王の娘 スベクヒャン」を録画したものをブルーレイレコーダーのHDDからBDにダビングしました。

 レンタルして見ているDVDが「スベクヒャン」なので~(笑)、DVDとHDDからBDにダビングしている「スベクヒャン」の間に話数(進行)の差がかなりあって、ときどき、あれれ?になったりしています。
 BSの放送を録画してBDにダビングしているのは、第1話の親世代の物語から、ようやくソルランとミョンノン、ソルヒとチンムが出会ったばかり。レンタルDVDで見ているのは、ソルランとミョンノンはラブラブで見ている方が照れてしまいそうなアツアツぶり(爆)ですから~。

 HDDからBDに4枚録画して今週のお仕事終了。

 「スベクヒャン」は長い物語ですので、コマメにHDDからBDにダビングして、HDDを整理していかないとHDDの空き容量が逼迫してしまいます。
 今はまだ平気ですけれど、3月からはTOKYO MX1で「私の期限は49日」の放送も始まりますし…。

 明日はレンタルDVD鑑賞にのみ集中するつもりですheart04

2015年2月 6日 (金)

今日は暖か

 今日は、雪空だった昨日から一転、暖かな晴天となりました。

 このくらい暖かいと肩の力が抜けます~。

 そして、2月4日レンタルリリースされた「帝王の娘 スベクヒャン」のvol.19~vol.27のうち、前半部分を借りてきました。

 見始めたら…止まりません~!

 これまでのvol.18までとは、続きを見続けるスピードが全然違います!!

 あれ~?

 自分でも、小説にしろ、ドラマにしろ、物語の後半部分の方が好きだという自覚はあります。
 「私の期限は49日」は全20話のうち11話から、「薯童謠(ソドンヨ)」は全55話のうち27話からを好んでリピしています。

 2月4日にレンタルリリースされた「スベクヒャン」のvol.19からは、オリジナル全108話のうち55話からにあたりますから、見事にこの私の好きな後半部分です。物語世界の設定、人物設定が終わって、主人公が悲惨な状態から前に向かって、ひたむきに前進、発展、そして更なる怒涛…なイメージを感じられるからかもしれません。

 今週末こそレンタルDVD三昧したいですぅ~~~!!!

2015年2月 5日 (木)

予報どおり

 天気予報どおり雪が降り、凍てつく1日になりました。

 夕食の後のデザートに、寒さしのぎにお汁粉をいただきました。しかもお餅まで入れてしまいました。だから体重が増える~(^_^.) 私の辞書にダイエットの文字はある…意味もしっている…でも…。

 明日は今日よりも気温が上がればいいですけれど…。

2015年2月 4日 (水)

明日は雪の

 明日は雪の天気予報です。

 それもかなり広範囲に朝の通勤時間帯から降るとの予報。

 朝も余裕を持って…を心に言い聞かせながら歩かないとですね。

 あまり積もらないといいのですが…。

 どうなるのか心配です。

2015年2月 3日 (火)

スベクヒャン 第28話~第54話

 BS朝日で放送されている「帝王の娘 スベクヒャン」ですが、待ちきれずにレンタルDVDを借りて第28話から第54話まで見ました。

 

 以下、煩悩爆裂なネタバレ含むな感想ですので、未見の方はご注意ください。

 

----------------------------------------------

 

 ソルヒがね…「血が…」とか言っても、あなた偽物だからそもそも血が繋がっていないのに何を言っているのかな~と、呆れて物が言えません…と、ブツブツ言っているのですから、この言い方は適切ではありませんね…んっと~、そう!開いた口がふさがりません!現実と自分の嘘を混同しているのか、自分の嘘に酔いしれているのか…。
 ソルランがソルヒの代わりに高句麗の人質になったときでも…本物が偽物の代わりって(^_^.)…高句麗の将軍に見つかった挙句に逆切れして、「自分が本物のスベクヒャンだ!」って、そんなこと言ったら姉がどうなるのか、高句麗との交渉における百済の立場がどうなるのか、よく考えなくても判るのに、言うかなぁ…。
 ソルヒは自分が嘘をついて周囲を騙しているから他人が信じられない。そして、自分が他者(姉)を踏みつけているから、隙を見せたら周囲から自分が蹴落とされると思っているようで、高圧的な態度で臨んでいます。まるで、毛を逆立てて周囲を威嚇する子猫みたいに思えたり…。

 サドにソルランの記憶をなくさせる薬を飲まさせようとしたり、嘘を嘘で固めてソルランを言いくるめて自分が王女だと信じさせたり…。ソルランとの再会で喜ぶソルランと対照的に冷めた表情を浮かべるソルヒ。ダメです。平気で嘘をつくキャラは苦手なので、ソルヒの出ているシーンは見ているのがツライです。

 王様も~、息子たちの心を傷つけまくりで…。
 チンムも王様と心を通わせたいのに、王様は家族の肖像画にチンムが入るのを拒否するし、それをチンムが聞いたら心がズタズタになるでしょう。
 ソルヒに「おまえしかいない」って言ったのもミョンノンに聞かれてしまっていて、ミョンノンはカンボクに「大丈夫ですか?」って心配されるくらい、これまた傷ついていて…。ミョンノンは「判っていたことだから大丈夫」と言っていたけれど、頭で判っていたって心が傷つかないわけでは決してないわけで…。あ~んな泣きそうな顔で大丈夫って言っても、全然、大丈夫じゃないでしょう。
 王様は最も聞かれてはいけない一言をそれぞれ聞かれてはいけない息子に聞かれてしまいました。そして息子たちがそれによって深く傷ついたことに気がついていません。28話から54話までは、チンムとミョンノンが入れ替わったことでツライ人生になっていて、真実を知らない2人ともが切なかったです。

 ソルランはミョンノンへの恋心を自覚しましたよね。ソルランは、接触術を直接試している人には全然効かない接触術が笑えます。効果があったのは花瓶をもちながらミョンノンの手に触れたときだけでしょうか。加林の牢獄でミョンノンを呼び止めて血で書いた文を渡すためにとっさにミョンノンの太ももに手を乗せたのも…。いや~、さすがにあの状況でそれはありませんね。変に勘ぐってしまいました(^_^.) でも、ミョンノンは足の筋を違えたって仮病を使ってソルランに足を揉んでもらっているときは、とってもご機嫌で嬉しそうでしたよね(笑)。ソルランの接触術は無意識のときのほうが効果を発揮するようです。

 自分の気持ちを自覚したソルランに対してミョンノンはソルランへの自分の気持ちを自分で測りかねて、トンチンカンなことを言ったり、したり。おいおいおい、でした(^_^.) 気になる子、好きな子をからかったり、いじめたりする小学生か?
 でも、さすがに51話で自覚しましたよね…それとも、あれってまさかの自覚なしの行動?!まさか、ね。でも、ミョンノンの場合、イマイチそこのところが判りません。

 ソルランがチンムを気の毒がるので、つい口が滑って収集がつかずに本音を語ることになったミョンノン。これは本人が語るのと、他人が語るのを聞くのとでは、どちらがミョンノンへの好感度がアップするのかなぁ。

 いいところでソルランとミョンノンを邪魔したカンボクは、ミョンノンに八つ当たりされて可哀想~。いい味、出してます(笑)

 ソルヒがタニョンの舞を踊っているときに、その一挙手一投足に注目していたサ恩率でしたっけ?ヘ佐平の副官というか部下というか側近というかの人。今回、この人も画面の端で何気に面白かったです。この人とヨン達率の側近の人は親分同士が対立している(ヨン達率が勝手にへ佐平にケンカ腰になっているだけとも言える)ので対立しているようでいて、実は気があってお互いを認め合ってたりするのではないかと思ったりしています(爆)

 全108話のうちの半分の54話が終了。

 人物設定、ストーリーの伏線はりも終了して、これからが山あり谷ありの波乱万丈の展開で楽しく…登場人物としては辛く悲しく切ない人生の始まりに…なりそうです。

2015年2月 2日 (月)

福寿草

 家の福寿草が咲きました。

 まだまだ風は冷たいですけれど、福寿草が陽だまりで風に揺られているのを見ると、少しずつ春が近づいているのだと実感します。

2015年2月 1日 (日)

 今夜は野菜たっぷり鍋でした。

 海鮮キムチ鍋の野菜をお腹いっぱい食べて野菜充実♪

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »