2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 「さおり&トニーの冒険紀行 タイで大の字」 読了 | トップページ | 週刊ご~やニュース 2014年9月8日 »

2014年9月 6日 (土)

薯童謠6枚目

 9月4日放送の「薯童謠」48話までの8話で、「薯童謠」のBDの6枚目を焼きました。あとは残すところ1枚、7話です。もう少しで終わってしまうと思うと寂しいです。

 今回の6枚目のBDに収録した41話~48話は、奴隷になったり、盗賊の討伐隊長になったりとジェットコースター人生の真っただ中。その中でユリムに出会い&身分を告げたり、メクトス、ポムノ、ウンジンに正体を告げたり、そして、48話のラストシーンでは、ついに!ついに!!プヨソンの「4男は誰だ?」の問いに、「私だ。私が威徳王の4男、武康太子だ」と告げました。これまでは、どんなに拷問されようと、「4男は死んだ。殺された」と言い張っていたのに(真実を話したら、その場で殺されるのですから、「死んだ」と言い張るのが唯一の生き延びる道)、ついに正体を明かしたのです。
 ふっふっふ。このシーンが「薯童謠」の中で私の最も好きなシーンですheart04 私と同じように、このシーンが大好きな方、多いのではないでしょうか。ある意味、水戸黄門の印籠を出すシーンのようなもの?(笑)

 メクトス、ポムノ、ウンジンに正体を告げた次のシーンで、彼らはチン・ガギョン商団の1室で私服で唸っていました。あそこまで、どうやって行って、どこで着替えたのか?このシーンを見るたびに、何故に着替えているのか?不思議で仕方がありません。ここ、突っ込んではいけないところ?

 不思議と言えば、ウスやコモ技術士は、いつ、誰にチャンの正体を知らされたのでしょう。これはドラマの中で描かれていないですよね。49話でプヨソンへの襲撃に失敗してメクトスたちと落ち延びる最中に、彼らから聞かされたのかな。隠れ家の砦に落ち着いたときには、もう知っている感じでしたからね~。あ、ここは、CSの放送では、これから放送のところでした…。

 サテッキルが元山島でモンナスに、チャンに奪われた物を聞かれて答えていて…、自分はチャンから何も奪ってないのにって…でも実は知らないとはいえ、チャンの父親と兄を殺して(自ら手を下してはいないけれど実行犯を指揮していたのだからサテッキルが殺したも同然)父と兄の死からチャンが継承できるものをプヨソンに横取りさせているのですけど~。
 それに、サテッキルがチャンに奪われたと言っているほとんどのものは、新羅で対貴族、対新羅王との駆け引きの中で、サテッキルの父親が失敗して失ったもののような気が…。
 恋は~、相手のいるものですから、相手の女性がチャンを選んだのですから、奪ったというのは当てはまらないと思いますし。要するに、逆恨みが大部分?思うにまかせない自分の人生をチャンのせいにして正当化または誤魔化そうとしている?モンナスには、こう言いつつ、実はサテッキル自身、そこから目を背けているだけで、心の奥底ではそれに気づいているのではないのかなぁ。
 自ら百済の王位継承権を持つチャンと、ソンファと結婚しないかぎり新羅の王権争いに加わることさえできないサテッキルの違いもあるのかどうか…。

 いろいろ考えながら見た怒涛の41話から48話でした。

 11月からアンコール放送があるようです。ん~、同じノーカット字幕版の放送だと、契約を続けて視聴する選択肢は…ない…かな。

« 「さおり&トニーの冒険紀行 タイで大の字」 読了 | トップページ | 週刊ご~やニュース 2014年9月8日 »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「さおり&トニーの冒険紀行 タイで大の字」 読了 | トップページ | 週刊ご~やニュース 2014年9月8日 »