2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« いってきました~~~~~♪ | トップページ | ライブラリー1作目完成…でも、 »

2014年8月 7日 (木)

「あぽわずらい」 読了

 新野剛志さん著「あぽわずらい あぽやん3」を読みました。

 以下、ネタバレを含む感想ですので、未読の方はご注意ください。

 親会社の大日本航空の経営破綻から、大航グループである遠藤さんの勤務する大航ツーリストもリストラを余儀なくされ、成田空港所のセンディング業務は同じグループ会社である大航エアサポートへ委託されることになるまでが、あぽやん2までのお話。

 この「あぽわずらい」は話が具体的に動きだし、実際にその日を迎えるまでが描かれています。

 いきなり田波さんと馬場さんは別れていてビックリ。

 遠藤さんは業務委託後も何とかお客様へのサービスに支障のないように奮闘して、奮闘し過ぎて、心を砕きすぎて、心の病になってしまいました。なので、中盤、遠藤さんの出番はなしです。

 須永さんがメインのお話が1つあり、そこで、何となく須永さんは少し大人になったというか、成長したというか。そんな感じではありました。

 果たして遠藤さんは心の病を癒して空港に戻って来られるのか。委託後のサービスはどうなるのか。それはラストまで読んでのお楽しみ。

 実際、何年か前に業務破綻した某日系航空会社を思い浮かべながら読んだりしました。その会社は順調に経営再建されましたけれど…大航はどうなるのでしょうか。続編もあるのかな。

 TBSでドラマ化され、その最終回から1年以上。この「あぽわずらい」を原作にドラマ化されたら、喜んで見ちゃう気満々なのですが…。

« いってきました~~~~~♪ | トップページ | ライブラリー1作目完成…でも、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いってきました~~~~~♪ | トップページ | ライブラリー1作目完成…でも、 »