2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

「海外マラソンRun Run(ランラン)旅」 読了

 たかぎなおこさん著のコミックエッセイ「海外マラソンRun Run(ランラン)旅」を読みました。

 たかぎさんが海外のマラソン大会に担当編集者のかとうさんとお友達ののりこさんと参戦するお話なので、“Run Run”は“ラン ラン”と英語読みすべきところを、つい“ルン ルン”とローマ字読みしてしまう私です(苦笑)。私的な海外旅行は楽しいなルンルン☆からくる勝手なイメージでしょうか。

 特に、1話目のフランスのメドックマラソンは、ボルドー地方で開催され、シャトーが給水所になっていて、給水所=給ワイン所で、走ってはワインを飲み、ワインを飲んでは走っているので、つい…。

 フランス、グアム、バンクーバー、台北のマラソン大会に出場し、東京マラソンでボランティアスタッフをした体験が、たかぎさんの目と経験と心を通して綴られています。

 くすっと笑うところ満載。相変わらず担当編集者さんのかとうさんがいい味を出しまくっています。忙しくて髪の毛をカットに行けなくてソフトクリームになったかとうさんのヘアスタイルをぜひ拝見したいと思いました~!(笑)…かとうさんは天然パーマなのでソフトクリームになるらしいです…

 のりこさんは地道に着々と力をつけられていらっしゃるらしく、たゆまぬ努力は大切なのだなぁっと思ったりしています。

 マラソン中に真剣に走るたかぎさん、かとうさん、のりこさん。マラソンの前後でその土地土地を満喫するたかぎさん、かとうさん、のりこさん。どちらも生き生きと描かれていて、行って見たくなってしまいます。走るのは…無理ですけど~。そしてあちこちに散りばめられた笑い…天然な笑い…が、よりユーモアでこの1冊のテイストを幅広くしているような気がします。

 そして、あとがきによるとこの1冊がマラソンシリーズの最終巻なのだそうです。このシリーズ、大好きなので残念です~!!!
 できたら、まだまだ、たかぎさんが走り続ける限り続けていただきたいのですが…どこかで、一区切りなのでしょうか…。

2014年7月28日 (月)

週刊ご~やニュース 2014年7月28日

 ゴーヤくんたちは更に成長し、2階のベランダにも進出。これはもう、グリーンカーテン完成!でしょう。今年は、梅雨明けまでにグリーンカーテンが完成しました~(^^)v 一部、レースのグリーンカーテンな部分があるのは…(^_^.) ということで(笑)

 3回目の追肥を施しました。がんばって成長して~~。

 どこくらいで成熟して収穫できるか見ていたゴーヤは、ふと気づくと熟しすぎてオレンジ色に変色していたり、あるものなど、熟れすぎて地面に落ちていました!うっわ~ん!!(泣) 今年の苦くないゴーヤは、昨年までよりも、かなり小ぶりで熟して食べごろになるようです。難しいなぁ。

2014年7月24日 (木)

「お客様に鉄ヲタはいらっしゃいませんか?」 読了

 大島篤さん著「お客様に鉄ヲタはいらっしゃいませんか?」を読みました。

 限りなく冒頭にある「乗り鉄度チェック」は、チェックした項目は1つで、見事に“普通の人”でした(笑)。何となくホッとしたりしてしまいました。

 それでも、乗り鉄あるあるベスト100などを読んでいると、自分には当てはまらないながらもそういう人いるかも…と思えて、読んでいてクスリとするネタがいくつもありました。
 軽く楽しく読める1冊でした。

2014年7月21日 (月)

週刊ご~やニュース 2014年7月21日

 ゴーヤくんたちは、無事に2階のベランダの手すりの上に「こんにちは~!」と顔を出しました。

 今年の苦くないゴーヤくんは実があまり大きく成長しないのでしょうか。どのくらいで収穫したらいいのか迷っています。とりあえず、最初の1個が黄色くなったら、その大きさくらいに育ったら収穫…ということで見極めようかと考えています。

2014年7月17日 (木)

「中国嫁日記3」 読了

 井上純一さん著「中国嫁日記3」を読みました。

 日本から中国へ引っ越す少し前から、中国へ引っ越すことになったあらまし、引っ越し、その直後を描いています。

 私的には、4コマ漫画のあとにあった結婚前から結婚に至る、RPGのような日本-中国の婚姻手続と“芸術写真”と呼ばれている結婚写真の顛末が面白かったです。

2014年7月14日 (月)

週刊ご~やニュース 2014年7月14日

 ゴーヤくんたちは更に成長を続け、ベランダの手すりまであとわずか!まで成長しました。

 先週から今週までの1週間の成長は目を見張るものがありました。

 やはりゴーヤくんたちの成長には水やりが大事だと実感。

 これなら、梅雨明けにはグリーンカーテンになっている期待大。

 そろそろ実が大分大きくなってきました。収穫はまだかな?

2014年7月10日 (木)

7SEEDS27

 田村由美さん著「7SEEDS」(セブンシーズ)の27巻を読みました。

 以下、ネタバレ満載な感想ですので、未読の方はご注意ください。



-------------------------------------------------------------------------

 まずは簡単なあらすじ(?)

 佐渡島に辿り着いた、花、藤子さん、千沙ちゃん、新巻さん、あゆさん、ひばりちゃん、角又さんは、すったもんだの末、花、藤子、千沙、新巻さん組と、あゆ、ひばり、角又組に分かれて島内を調べることに。連絡は新巻さんの犬が伝達係になることになりました。

 地下に迷い込んでいる人たちは相変わらずの人もいますし、お蘭さんは、牡丹姐さんとちまきさんと合流できました。

 嵐と安居は、安居が不用意に口を滑らせたことから、安居が花を襲ったことが嵐にバレてほとんどけんか別れ状態で別の道へ。

 源五郎さんは立体映像を見続け聞き続け、この島で起こったことを把握し続けている模様。

 幻覚を見始めた蝉丸にうろたえるナツは、動き出したお掃除ロボットを介して、花とコンタクトが取れました。

 以上、超簡単なあらすじ。

 今回は、牡丹姐さんとお蘭さんの邂逅が私にはツボでした。はっきり言って、お蘭さんはあまり好きなタイプのキャラではなかったです。それがアリに襲われているところを牡丹姐さんに助けられて、露出の多い服装を叱られ、秋のリーダーだったことを労われて、涙するのを読んで、お蘭さんも気を張って生きていて辛かったのだと、気を張っていなければ辛くて生きていられなかったのだと、初めてそこに思いを寄せられました。お蘭さん自身、年上の女性に叱られることはもうないと思っていたと述懐してますし、そういうことなのでしょうね。

 花は新巻さんに親しげにするあゆに嫉妬。花と新巻さんと嵐の三角関係はどうなるのでしょうか。あゆも入れたら四角関係かぁ。花と新巻さん、花と嵐、それぞれの想いをこれまでずっと読んできたので難しいです。簡単にどちらの組み合わせがいいとか一概には言えません。

 ナツと蝉丸はお互いにお互いが「チョット好き」と告ったりして、このまま想いが育っていくといいなぁ。

 本気で、もうそろそろ、この幻覚の島のエピソード、終わりにならないでしょうか。

2014年7月 7日 (月)

週刊ご~やニュース 2014年7月7日

 初夏の陽射しと梅雨の雨を受けて、ゴーヤくんたちはグングン成長中。

 順調に伸びて、1階の天井=ベランダの下のラインまで到達しました。これまでより気持ち早く植えたくらいのつもりなのに、全然、成長の速度が違って感じられます。

 いくつか実を付けているのを見つけたときは、よく見れば実があるな~くらいだったのが、今は漠然とゴーヤを見るだけでも、すぐに目を引くくらいに成長しています。収穫は梅雨明けことかなぁ。

2014年7月 3日 (木)

2枚目

 CSのフジテレビTWOで放送中の「私の期限は49日」の5話~8話をBDにダビングしました。

 これでライブラリーの2枚目ですhappy01 ライブラリーが増えていくのが嬉しくて嬉しくて(v^ー゜)ヤッタネ!!

 7月1日からは並行してCSのチャンネル銀河で放送中の「薯童謠」(ソドンヨ)も録っていますので、2番組の確認作業などで忙しい毎日です。こういうのは、忙しくても嬉しい忙しさなので苦になりません(笑) 人間て現金な生き物ですね。

2014年7月 1日 (火)

今日からch銀河で薯童謠

 今日からCSのチャンネル銀河で「薯童謠」(ソドンヨ)の放送が始まりました。

 ノーカット版ということで楽しみに見始めたら…オープニングの後半部分がポニーキャニオンから出ているDVDのオープニングからするとカットされているのですよぉ!どこがノーカット?!と思ってしまいました。それともこれがオリジナルなオープニングなのでしょうか?ここのところよく判りません。重要な本編については、カットされているのかいないのか、市販のDVDにないシーンがあるのかetcは今のところ不明。時間の余裕があるときに見比べたいな~と思っています。

 放送を見た限りでは、はっきりとした違いとして認識したのはオープニングがカットされているのと、出演者名の日本語表記の大きさと場所が違っていました。チャンネル銀河版では、ハングル表記のふりがな的にカタカナがふってありました。

 などとブログを書きながら、DVDを見ています。第1話~第4話は、少なくともBSの放送で2回、レンタルDVDで1回見ているものの、細かいところまでガン見はしていないので、違いはよく判らなかったりします。

 「薯童謠」の冒頭は、百済26代王聖王が新羅との戦で命を落とすところから始まるのですけれど、ミョンノン(聖王の本名/「帝王の娘 スベクヒャン」に登場)は、こうして亡くなるのね~、と、以前、BS放送を見たときには思いもしなかった感想を抱いてしまったりしました(苦笑)。完全に違うテレビ番組(「薯童謠」と「帝王の娘 スベクヒャン」)の混同です。

 これから、2か月半、「薯童謠」の放送を楽しみますhappy01

 今日から3週間は、「私の期限は49日」と「薯童謠」の2番組のエアチェックで忙しい~heart04
 と、嬉しい悲鳴heart01

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »