2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ソースとしょうゆ | トップページ | サンシャイン・オブ・ラブ »

2014年1月31日 (金)

台湾旅行記 1日目~羽田、台北、台湾新幹線~

 2013年11月の台湾旅行記に1日目の羽田から台北のフライト、台北駅から台湾新幹線に乗車して高雄へ移動するまでの模様をアップしました。

 写真を交えた旅行記は、こちらからご覧ください。

Day01_20

 羽田空港から海外旅行に飛び立つのは初めてで、実は、出発前に同じ時間帯に家を出て、羽田空港へ行く経路の確認をしたりしていました(笑)。
 そのときに出国する前にちょこっとモーニングを食べるお店も物色したりしていました。もちろん!それだけではなく、某航空会社の機体整備工場の見学もしっかりしていたりしましたが…。

 やはり羽田は成田へ行くより楽ですね~。

 今回は、出発フロアと同じフロアに到着するモノレールを利用しました。

 さくっと自動チェックイン機でチャックインしてスーツケースを預けて、両替して(レート自体は台北の空港に着いてから両替したほうがよかったと記憶しています。)、それから機内食前のちょっとしたお食事として上島珈琲のモーニングセットをいただきました。
 両替は、台北に着いてからの時間短縮のため羽田で両替しました。レートを取るか、次巻を取るか、それは、それぞれのチョイス…な感じでしょうか。

 羽田から台北へのフライトは、何かと話題のボーイング787。乗り心地自体は、機体は綺麗だし、足元広々だし(今まで利用した成田発着の国際線のどの飛行機よりも足元が広かったような気がします)、パーソナルディスプレイは大きい上に解像度も高くてすご~く映像が見やすかったし、よかったです。

 機内食は和食をチョイス。日系の航空会社の機内食なので、普通においしかったです。

 機内で「謎解きはディナーのあとで」を見たのですけれど、台北に着くまでに見終わりませんでした!!残り15分、肝心要の犯人を指摘するところで時間切れ フライト時間的には、映画1本分の時間はありました。ただ、台湾の入国カードを書いたり、機内食やドリンクのサービスを受けるときにCAさんとやりとりするときなどは、映画を一時停止したりしていたので、そこで時間を取ってしまったのかもしれません。

 羽田から飛び立った飛行機は台北の松山空港に着きました。空港内の案内表示は漢字なので(もちろん英語も併記)、個人でも全然迷わずに到着ゲートから入国審査、スーツケース受け取りと進めました。入国審査などは、オール日本語でOKでしたし~(笑)。

 制限エリアを出たら、手配をお願いした旅行会社さんから依頼された現地ガイドさん(日本語ガイドさん)が待っていてくれて、すぐにクルマに案内してくれて、台北駅に向かえました。
 同行者と私の2人に、8人乗りのワゴン車でドライバーさんとガイドさんがエスコートしてくださって、ちょっと恐縮。

 渋滞にもかからず台北駅に着けたので、台北駅の中も探検できて楽しかったです。

 台湾新幹線のホームまで現地ガイドさんが案内してくれて、そこでお別れ。この現地ガイドさんは、翌日、花蓮空港にお出迎えに来ていて、そこから太魯閣観光、台北観光とガイドしてくださいました。

 台湾新幹線は、日本製の車両なので、車内の様子も走る音も日本の新幹線に乗っているのと一緒。車窓の風景も、途中、かなり南下して南国の風景に変わるまでは、日本の田舎の風景と変わらなくて、思いっきり日本で新幹線に乗っている気分になってしまいました。
 1度、台湾新幹線も乗ってみると話のネタになって面白いかもしれません。

« ソースとしょうゆ | トップページ | サンシャイン・オブ・ラブ »

台湾旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソースとしょうゆ | トップページ | サンシャイン・オブ・ラブ »