2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« インターラーケンを基点に… | トップページ | 視聴中 »

2013年11月11日 (月)

レンタル三昧

 2013年1月~3月の連続ドラマ「あぽやん」に心を奪われた勢いに乗って、春から夏にかけて航空関連のドラマのレンタルの日々を送りました。

 「TOKYOエアポート」、「TOKYOコントロール」、「GOOD LUCK!!」、「アテンションプリーズ」、「CAとお呼び!」です。
 え~、ちなみに私的なお気に入り度は、↑の並び順だったりします。

 そして、一通り見終わったときに、レンタルショップの中を、ぶらぶらしていて目についたのが、「私の期限は49日」。はい、いわゆる韓流ドラマです。

 この「私の期限は49日」は、2011年の秋にフジテレビとBSフジでオンエアされたものを見ました。
 見たきっかけは、出演者さん。「善徳女王」の徳曼と「ソドンヨ」のチャンと「朱蒙」のサヨン行首が出ているので、見てみようかな~と。私、基本的に時代劇が好きなので…。「私の期限は49日」は、現代劇ですが…。
 話が進むにつれて、テレビを見ながら泣きました。号泣する、とか、嗚咽を漏らす、とか、ではなく、ふと気づくと目に涙が溢れて止めどもなく流れる…。そんな感じでした。
 そのときは、2011年秋という時期もあり、心が弱くなっているから涙もろくなっているのかとも思っていました。そこで、今回、ノーカット版と銘打つDVDをレンタルしてきて見てみると…やはり、涙が止まらずに、ティッシュを片手に見ることになりました。心が弱くなっていたからではなく、完全に、私の涙のツボ、心の琴線のストライクをついたドラマだったようです。

 そして、ふと気づくと、完全にはまっている自分がいたりしました。

 いや~、やはりハン・ガン(役名)が好みのタイプです~heart04
 あんな風に、さりげなく黙って、それでもしっかり後ろから支えていてくれたりするのいいですねheart01真っ直ぐで誠実で、気配りできる大人の男性。ハン・ガン役の俳優さんのチョ・ヒョンジェさんが「ソドンヨ」で演じたチャンは、真っ直ぐで誠実なのはハン・ガンと一緒ですけど、暴走気味な台風の目なところもあったので、大人になったなぁ…と。

 「私の期限は49日」を見終わったところで、チョ・ヒョンジェさんが出演している新作の「花を咲かせろ!イ・テベク」のレンタルが開始したので、早速見たら…。この作品での役はエディ・カンというエリート広告マンだそうで、えっと、何ですか、ロビー活動をするなと部下に言った舌の根も乾かぬうちにロビー活動してたり…違法なことはしてないですけど…仕事を失注しても部下のせいにしたり、部下に八つ当たりしたりはしないですし、逆に部下がクライアントや上司からパワハラ・セクハラを受けていたら、自分を盾にして守ったりするような人なので、基本的に悪い人ではないと思うのですけれど…見ていて思わず「私の期限は49日」の中でハン・ガンがカン・ミノさんという「私の期限は49日」の敵役さんに向かっていう「実力で成功できるのに、卑怯な手を使って…」みたいなセリフを言うのを思い出して、これをそのままハン・ガンにエディ・カンに言ってもらいたい!などと、ブツブツつぶやいてしまうこともありました。
 エディ・カン、これでは、ドラマの中で女性(ヒロイン)にアタックしても、後ずさりされても当然だなぁ~。
 少なくとも私の苦手なタイプの部類に入る方です。

 ですので、「花を咲かせろ!イ・テベク」のレンタルDVDを見て、「心が荒んだ…」とつぶやいて、基本、テレビで放送されたときに録画して見終わったら消していた「私の期限は49日」で、心に何かひっかかって消せずにハードディスクに撮っておいた「私の期限は49日」の最終話を見て、「心が和んだ」と言ったりしています。

 俳優さんですから、いろいろなタイプ、様々なイメージの役を演じるのは当たり前だと理解はしていても、これまでチョ・ヒョンジェさんが演じたのは「ソドンヨ」のチャン、「私の期限は49日」のハン・ガンと、真面目な当たって砕けない直球全力投球な誠実が服着て歩いているような役だったので、ちょっとアワアワしていたりします。

 チョ・ヒョンジェさんは「花を咲かせろ!イ・テベク」の後、2013年11月現在で、現在進行形で放送・撮影中の「帝王の娘、スベクヒャン」という連続ドラマに出演中で、そちらの役は、どうも真面目なお方のようなので、1年後くらいに見られるのを楽しみにしていたりします。このドラマの役はミョンノンという、「ソドンヨ」の設定でそのまま説明するとチャンのお祖父さまに当たられる方の役のようです。2005年に孫の役を演って8年ぶりの時代劇…史劇というらしいですが…出演でそのお祖父さま役。何かあるのでしょうか。
 外国で放送中のドラマの内容が、ちょっと検索すると判るのですから、便利な世の中になったものです。

 そんな感じで、DVD三昧な毎日で、BSで紀行物を見たり、小説を読んだりする時間もなく、毎日を過ごしています。

« インターラーケンを基点に… | トップページ | 視聴中 »

hyunjae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インターラーケンを基点に… | トップページ | 視聴中 »