2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「台湾自転車気儘旅」 読了 | トップページ | 西沢渓谷 »

2013年10月10日 (木)

ウィーンを路面電車は走る(ウィーン1)

 BSフジの「路面電車で行く 世界各街停車の旅」のウィーン 1を見ました。

 ウィーンは前編・後編ではなく、1。何故?

 オペラから1番の路面電車に乗ってリンクを半周して、シュベーテンプラッツで2番の路面電車に乗り換えて更にリンクを半周乗ると、リンクを1周して元のオペラに戻れるのだそうです。

 あれ?路面電車ってリンクを1周しているのではなかったのですか??ずっと1周しているとばかり思っていました。ああ、勘違い…。

 シュベーテンプラッツで出会ったフルートを学ぶために留学している日本人青年の深江くんに同行して、彼のレッスンを見学。そのあとは、深江くんと深江君の彼女のナディアさんに案内していただいて、ウィーンの音楽家ゆかりの場所巡り。
 モーツァルト像、ベートーベン像、ヨハン・シュトラウス像。このうちベートーベン像以外の2つには行ったことがあります。懐かしいなぁ。またご挨拶に行きたいなぁ。
 モーツァルトが3年間住んだモーツァルト・ハウスも行ったことがあるような気が…。
 ランチのレストランは1477年から営業しているウィーン最古のレストランであるグリーンフェンバイスル。このレストランのサインの間には、モーツァルト、ベートーベン、ワーグナーなどのサインがあるのだとか。ランチに食べていたターフェルシュピッツ(スープ煮込みの牛肉のスライス)が約3,000円ですから、ここでお食事するのも何とか手が届く感じです。いいなぁ。
 昼食後、深江くんたちに案内されて路面電車に乗ってさらに音楽家ゆかりの場所へ。ふっふっふ、71番の路面電車が出てきたから、どこへ行くのか、言う前にわかってしまいましたよ~♪71番の路面電車に乗って行ったことがありますから~。中央墓地に。ベートーベン、シューベルトetc、有名な音楽家さんのお墓がその一角にある墓地で、ガイドブック片手にお墓参りした記憶があります。
 ここで、深江くんたちとはお別れ。

 次に訪れたナッシュマルクトで出会ったお酢を買う女性に伴われて、彼女の自宅でウィンナーシュニッツェルをごちそうになっていました。彼女の住む市営住宅は著名な建築家さんの作品で観光名所にもなっているそうです。

 ウィーンの観光をメインにした回でした。

« 「台湾自転車気儘旅」 読了 | トップページ | 西沢渓谷 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「台湾自転車気儘旅」 読了 | トップページ | 西沢渓谷 »