2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 目標設定 その後1 | トップページ | 大菩薩嶺 »

2013年6月13日 (木)

トリノを路面電車は走る(後編)

 BSフジの「路面電車で行く 世界各街停車の旅」のトリノの後編を見ました。

 留学している日本人女性と中心街へ戻るところから後半は始まります。トリノでの普通のケーキはペットボトルの蓋くらいの大きさ。
小さい!1個でのボリュームよりも個数を食べられて、いろいろな種類のケーキを食べられるからいいのかな。
 中心街にあるチョコ屋さんのグイド・ゴビーノへ連れて行ってもらっていました。500gで5,000円は高いのか安いのか…。1人では食べきれなさそう…。
って、1人で食べるつもりなのかな?>自分
 チョコ屋さんを出たところで案内してくれた日本人女性は授業へと向かいました。

 トリノ郊外へ向かう路面電車で声をかけた熟年のご夫妻からスペルガの丘を勧められたので、路面電車を降り、サッシ駅から登山鉄道に乗車。往復6ユーロ。登山鉄道サッシ・スペルガ船ですか。皇帝さ425m、約3.1kmを約16分で結んでいるのですか。車内は木製でレトロ感満載。これは面白そうな登山鉄道です。
 丘の上からの風景はアルプスの山々がくっきり見え、トリノの街も広がり雄大。スペルガ大聖堂は世界文化遺産だそうです。

 中心街は戻って聖ヨハネ大聖堂にはイエスさまのご遺体を包んだという聖骸布が保存されているのだそうです。ただし、めったに公開はされないらしいです。
 そして聖骸布博物館へ。聖骸布博物館には、精巧な聖骸布のレプリカがあるとのことです。布に男性の身体の後があって、それがイエスさまだと考えられているとか…。科学的な研究が続けられているそうです。

 聖骸布博物館を後にして、前編でお約束したマダムとのバーニャカウダの晩餐にお邪魔しに突撃。お!プレゼント持参!と思ったら、先ほど行ったチョコ屋さんで
買ったチョコですか(笑)。大勢集まるパーティでは、量的にも物的にもいいチョイスのプレゼントですね。

« 目標設定 その後1 | トップページ | 大菩薩嶺 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目標設定 その後1 | トップページ | 大菩薩嶺 »