2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「幻獣降臨譚 我が呼ぶ声を聞いて」 読了 | トップページ | 尾張徳川家の至宝展 »

2013年1月18日 (金)

「さくら聖・咲く」 読了

 畠中恵さん著「さくら聖・咲く 佐倉聖の事件簿2」を読みました。

 “佐倉聖の事件簿2”ということは、当然、“1”があるということで、あっれ~?読んだかなぁと、いろいろ考えて、「アコギなのかリッパなのか」に思い当りました。これが“1”だったようです。

 元大物政治家にして、大企業グループのオーナー、政治勉強会「雷神風神会」の会長、聖が呼ぶところのオヤジの個人事務所でアルバイトする佐倉聖(大学3年生)が、就職活動しつつ、事務所および彼の周辺で起こる様々なできごとを、持ち前の、洞察力、推理力、実行力で解決していく物語。だと思って読んでいます。

 将来、どんな仕事に就きたいのか迷いつつ就活する聖。果たして彼が就職するのは…。

 ラスト、就職先は落ち着くべきところに落ち着いた感じ。

 ただ、その就職先は聖にとって最初のステップのような気がします。私的に、将来的に最も聖に適した“仕事”は、オヤジの後継者ではないかなぁ~っと思ったりしています。

 なんとな~く、“3”もあるのかなぁ~と思わせるオチなような気がします。

« 「幻獣降臨譚 我が呼ぶ声を聞いて」 読了 | トップページ | 尾張徳川家の至宝展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「幻獣降臨譚 我が呼ぶ声を聞いて」 読了 | トップページ | 尾張徳川家の至宝展 »