2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« エル・グレコ展 | トップページ | 「恋する空港 あぽやん2」 読了 »

2013年1月31日 (木)

「あぽやん」 読了

 新野剛志さん著「あぽやん」を読みました。

 はい、TBSドラマの「あぽやん」の原作の小説です。テレビドラマの「あぽやん」、1月開始の今クールの連ドラで唯一見ている番組。テレビ版が妙に私のツボに入ってしまって…(笑)

 一気読みしました!面白かったぁ!!

 小説とテレビの世界で、ドラマ化されるに当たって設定が変わっていることが少々。
 最大の変更は、小説ではある架空の航空会社と架空のその関連旅行会社(ある特定のモデルの航空会社とその関連会社の旅行会社は見え見え)になっているところ、ドラマでは実際にある航空会社とその関連の旅行会社になっていました。いや、まあ、小説でモデルにしているであろうと思える、そのままの航空会社と旅行会社でしたが…。単純にドラマ見てるときに、他の日系航空会社とその関連旅行会社でないのはどうしてかな~と思っていたけど、理由が判りました。

 あと、この本で、古賀さんがイギリスに留学してしまったのが意外と言えば意外。すっごいあっけなく遠藤さんの恋は終わってしまいました。何だか、ありゃりゃ~って感じです。ふわっ。

 馬場さん、途中で退職。今泉さん、この本で成田空港所から移動して東京転勤。おっとぉ~。馬場さんの恋人って、あの人だったのですかぁ。あわあわ。

 え~っと、ドラマを先に見てしまっているので、頭にドラマのキャストのイメージを浮かべながら、ついつい小説を読んでしまいました。先に、ドラマの内容になっている章はオチが判っていたりするのは、致し方なしでしょうか。ひらひらさんのオチはドラマのほうが個人的に好みかなって気はしています。

 さて、続編を読もうっと。(^^)v

« エル・グレコ展 | トップページ | 「恋する空港 あぽやん2」 読了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エル・グレコ展 | トップページ | 「恋する空港 あぽやん2」 読了 »