2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

週刊ご~やニュース 2012年8月27日号

 今週は、ゴーヤくんを11本収穫。

 収穫祭、続いています。嬉しいな(*^_^*)

2012年8月20日 (月)

週刊ご~やニュース 2012年8月20日号

 今年初めてのゴーヤの収穫☆

 一挙に7本ほど収穫しました。(^^)v

 これが、今後の大収穫祭の序章になるか、最初で最後の収穫祭になるか、果たしてどちらになるでしょうか。

2012年8月18日 (土)

北高尾山稜(堂所山・関場峠・狐塚峠)

 2012年3月に北高尾山稜に行ったときの山歩きの模様をアップしました。

 コース的には、小仏バス停から景信山に上り、景信山から堂所山に行き、そこから北高尾山稜に入りました。堂所山から関場峠を通り、狐塚峠から小下沢に下山し、大下バス停から高尾駅に戻るコースで、おそらく北高尾山稜の3分の1以上2分の1未満を歩いていると思われます。計画段階で、1回に北高尾山稜の全コースを歩き切るのは、スタミナその他もろもろの関係で無理だと自分で判断してのコース選択です。いつか北高尾山稜を1日で歩き切りたいなぁ~。

 北高尾山稜は南高尾山稜よりもアップダウンの数が多く、その高低差も大きかったような気がします。そして、今回、歩いたコースは私が覚えている限りではまき道なし!で全てピークを踏んでいるような…。まき道をそれぞれ作った南高尾山稜と、まき道なしでピークを踏む北高尾山稜と、どちらが律儀なコース設定というのでしょうか…。

 狐塚峠から小下沢に下る下山時は、足がフルフル笑っていました。体力、脚力、筋力のなさを痛感です。

 そんな北高尾山稜の写真を交えた山歩きの模様は、こちらからご覧ください。

《参考 北高尾山稜コースタイム》
 小仏バス停(標高295m)…60分…景信山(727m)…50分…堂所山(731m)…35分…関場峠…80分…狐塚峠…15分…小下沢…30分…大下バス停

《自分の北高尾山稜の記録》
 小仏バス停(標高295m)…60分…景信山(727m)…55分…堂所山(731m)…30分…関場峠…90分…狐塚峠…20分…小下沢…32分…大下バス停

 ※参考コースタイムの1.5倍を目安に計画しました。登りは適宜、2、3分の休憩を何回かしました。

 ※持参品
  お弁当(おにぎり)
  水筒(湯) 500ml
  緑茶飲料500mlペットボトル 1本
  ビタミン飲料500mlペットボトル 1本
  クリームパン
  塩キャラメル
  のど飴
  バナナ

 天候に恵まれ、富士山は見られないながら、楽しい山歩きができました。北高尾山稜のアップダウンは、いろいろ読んだとおりの厳しさがありました。南高尾山稜よりも北高尾山稜のほうがアップダウンが大きく、数も多かったように思えます。
 筋力、持久力、体力の不足を痛感しました。

2012年8月13日 (月)

週刊ご~やニュース 2012年8月13日号

 そろそろ収穫できるほど大きくなってきた実もあるゴーヤくん。

 昨年はもらった種を播いて育てたので、昨年のゴーヤの品種名は知らないのです。なので、おそらく、今年、生育中のゴーヤは昨年のゴーヤとは品種が違うと思われます。
 そのためかどうか、昨年の実の実り方を基準にして、「まだ、もう少し大きくなるはず」と思っている実が、一夜にして黄色く熟れ熟れになってしまい、いまだ収穫ゼロです。

 もう少し観察して、次こそは黄色くせずに収穫するゾ!

2012年8月 6日 (月)

週刊ご~やニュース 2012年8月6日号

 かなりの数のゴーヤくんたちが、私の背よりも遥かに高くなり、誘引しようにも手の届かないところまで成長してくれました。手が届くところをほそぼそと誘引して楽しんでいます。
 もう、グリーンカーテンと胸を張って言えるくらいに成長し、実もそろそろ実りだしました。嬉しい♪

2012年8月 4日 (土)

イギリス旅行記はじめました

 2012年6月のイギリス旅行の旅行記をはじめました。

 まずは、イギリスに決めたいきさつ、決めてからのあれこれ、etcをつらつらと書き綴っております。

 よろしかったら、こちらからご覧ください。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »