2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 大野山 | トップページ | 宝登山 »

2012年5月 9日 (水)

テルマエ・ロマエ

 GWの後半、山歩きに行くつもりだったのが、天候不順だったので、ちょっと気になっていた映画の「テルマエ・ロマエ」を見ました。

 古代ローマ帝国時代…14代皇帝ハドリアヌス帝の時代…の温泉技師のルシウスが、現代の日本と古代ローマをタイムスリップして行き来して、古代ローマに画期的な温泉施設を建設し、皇帝の信頼を得るお話。

 主演ルシウス役の阿部寛さんをはじめとして、市村正親さん、宍戸開さん、北村一輝さんなど、現代日本を代表する顔の濃い俳優陣が古代ローマ人を演じています。
 最初はどうかな~と思っていましたが、物語が進むに連れてどんどん古代ローマ人に馴染んでいって、エキストラのイタリア人(少なくとも白人)の方々と一緒に画面にいても全く違和感は感じませんでした。
 だったら、ルシウスがタイムスリップするときに登場するおそらく欧米系白人のテノール歌手風の人は、日本を代表する顔の濃い歌手の方に特別出演していただいたらよかったのに~とか思ったりして…(笑)
 さらには、ルシウスの妻役も顔の濃い日本人女優さんが演ればよかったのに…。顔の濃い日本人女優さん、速攻思いついたお2人は、年齢的にいってルシウスの妻というよりハドリアヌス帝の妻だったので、しばらくう~んと考えて、歌手活動もなさっているとある女優さんに思い当りました。どうでしょう。(笑)

 平たい顔族(現代日本人)の大衆浴場、温泉、入浴施設に、これ以上ないくらい思いっきり感動、感心、感激するルシウス。ルシウスが大真面目であればあるだけ、映画館内は爆笑の渦に巻き込まれました。老若男女(さすがにお子さんはいなかった)幅広い層の観客がまんべんなく大うけ。特に阿部さんと同年代層男性の“ガハハ”笑いが映画館の中に響き渡っていました。
 平たい顔族が現代の文明の利器を駆使して使用している入浴器具、トイレ装置を古代ローマに再現するルシウスの工夫は、かなりがんばって(がんばらせて)るものもありまって、なるほど、そうやって古代ローマで実現するのかぁとうなづくこと多数でした。

 単純にたくさん笑って楽しい映画でした。

« 大野山 | トップページ | 宝登山 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

テルマエ・ロマエ。

GW前に映画館で予告編を見て面白そうだな~、と思ってたんですが、肩肘張らずに楽しく笑えそうな映画ですね。

私もぜひ見に行ってこようと思います!

 Aliceさん、こんにちは。
 はい、気楽に笑えて、ラストで少しホロッとさせられました。
 在りし日のフォロ・ロマーノを彷彿とさせる場所が何回も登場するので、
違った意味でも楽しめました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大野山 | トップページ | 宝登山 »