2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 湖面に輝くモンブラン | トップページ | あれから »

2012年3月10日 (土)

旅サラダでコッツウォルズ

 今月の「旅サラダ」の海外マンスリーはイギリス。

 先週は終盤のホンの少ししか見られなかったけれど、今週はしっかりスタンバって見ました。
 今日はコッツウォロズ編。

 いつか行きたいコッツウォルズ。いつか行くときのための備忘録を兼ねてメモします。なので、あくまでも自分用の簡単なメモなブログですので、予めご了承ください。

 ブロードウェイでは、ザ・ブロードウェイ・フローリストという花屋さんを紹介。ホテルの部屋に飾る花束を作ってもらって25ポンド(約3,50円)って物価が…。

 次のストウ・オン・ザ・ウォルトでは、ガラス器・陶器のお店のフォックス・コテージ・アンティーク。アンティークのワイングラス10ポンドは私にとっては安くない。

 チッピング・カムデンでは、金銀細工工房のハートゴールド&シルバーなんとか(忘れました)。

 アッパー・スローターは、旅サラダのコッツウォルズのロケでの宿泊ホテル、マナーハウスを紹介。外観はすご~い古式ゆかしい佇まい。朝・夕食付で4万円近くだったような気が…うろ覚えなので間違えていたらすみませんm(__)m 夕食はさすがにテリーヌがお上品、デザートがおいしそう♪お庭が広かったですね~。川が流れていて白鳥まで。朝や夕方に散歩するのに良さそう。

 バイブリーは14世紀の古い家並み。紹介されたのはバイブリー・トラウトファームを紹介。マスの養殖場で、入場場3.95ポンド(約480円)、釣り堀の道具レンタル料無料なのは、入場料に含まれているってことですよね。釣ったマスは買い取り制。持ち帰りもその場で調理して食べることもできる。マスってピンク身というかオレンジ身なのですね~。

 こんな感じで、ポンポンと各地1か所ずつのお店とか場所のご紹介でした。

 コッツォルズ、少しずつ何か所もたくさん回るか、行きたい場所を絞ってじっくり時間をかけて巡るか迷うなぁ。

« 湖面に輝くモンブラン | トップページ | あれから »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 湖面に輝くモンブラン | トップページ | あれから »