2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ポルトガル旅行記 5日目~リスボン ファド・ディナーショー~ | トップページ | ジーンちゃん in リスボン »

2012年3月 2日 (金)

「放課後はミステリーとともに」 読了

 東川篤野さん著「放課後はミステリーとともに」を読みました。

 東京都国分寺市の鯉ヶ窪高校2年生で探偵部副部長である霧ヶ峰涼を主人公とするミステリー短編集。
 鯉ヶ窪高校内、または、鯉ヶ窪高校生が関連するミステリーに霧ヶ峰涼が巻き込まれて、推理を展開します。

 1本目を読んだ感想。「う~ん、やられた」です。この小説、霧ヶ峰涼の1人称で描かれているのですが、その1人称が“僕”なのですよね~。で、霧ヶ峰涼という名前。その先入観でてっきり何の疑いもなくというか、そんなことすら考えずに霧ヶ峰涼は男だと思っていたら、何と!女子高生だったというオチ。いや~、全くそんなこと考えずに読んでいました。やられた~。

 で、1本目の事件を推理したのは、涼ではなく生物教師。2本目以降も探偵部副部長を脇に置いて、鯉ヶ窪高校の先生や生徒が鮮やかに謎を解いていきました。この高校、名探偵比率が高いですね。

 涼が謎を解き明かしたのは1本だけだったような…。いい線までは行くのだけど、詰めが甘いっていうやつですか。

 そしてラストの作品も見事に先入観にしてやられた霧ヶ峰涼でした。

« ポルトガル旅行記 5日目~リスボン ファド・ディナーショー~ | トップページ | ジーンちゃん in リスボン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポルトガル旅行記 5日目~リスボン ファド・ディナーショー~ | トップページ | ジーンちゃん in リスボン »