2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 日和田山・物見山 | トップページ | 「ローカル線で温泉ひとりたび」 読了 »

2011年10月 5日 (水)

「やなりいなり」 読了

 畠中恵さん著「やなりいなり」を読みました。

 5編の短編からなる1冊。それぞれの作品の冒頭に、それぞれの作品のモチーフ(?)になる食べ物のレシピ(お江戸調)が紹介されてから、本文に入ります。

 今回は、冒頭の食べ物関連が統一テーマで、1つの物語を追っていないので、それぞれにオチがついていました。
 ただ、前作からの繋がりで、“屏風のぞきがいなくなってしまうかもしれない不安”を若だんなは心の片隅に常に持っているようです。
 あとは、かなめさんのことかな~。かなめさん、本当に上方でお嫁に行ってしまうのかな~。

 長崎屋のだんなさま籐兵衛だんな、男ですね~。いい男ですよ。おたえさまが惚れるのも判るなぁ。でも、その藤兵衛だんなが頭が上がらないおたえさま最強!(笑)

 そういえば、今回は守狐さんが、すっごくたくさん登場している1冊でした。

 読書の秋の1冊です。

« 日和田山・物見山 | トップページ | 「ローカル線で温泉ひとりたび」 読了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日和田山・物見山 | トップページ | 「ローカル線で温泉ひとりたび」 読了 »