2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月26日 (水)

コミックス版「彩雲国物語8」

 由羅カイリさん画、雪乃紗衣さん原作のコミックス版「彩雲国物語」8巻を読みました。

 8巻で原作(小説)の「花は紫宮に咲く」が終了です。

 柳晋くんの最大の見せ場である朝廷での啖呵が出だしのみで終了。あれ?何だかすっごく物足りません。柳晋くんの大人の真実を子供から突く鋭い啖呵を期待していたのに、あれでは、秀麗にくっついて朝廷の中に入って行った意味が半分も…10分の1もなくなってしまったような気がします。

 この8巻のウリは巻末の番外編でしょうか。劉輝、藍楸瑛、李絳攸、黄鳳珠(黄尚書)が女装しての女装大大会。
 え~っと、黄尚書の場合は、仮面はずして女物の服着ただけで、特に化粧をしているわけでも、髪に手を入れているわけでもないので、女装とはいわないのかな?いや、女物の服を着た時点で十分に女装なのかな?扇で顔の半分は隠しているのに、一瞬で劉輝、藍将軍、絳攸を蹴散らしてしまいました。ビューティフル♪

 それにしても、どうして黄尚書は女装大会に参加したのでしょうか?お米百表のため?でも、黄尚書お金持ちだから、お米のために参加する必要はないような?自力でお米百表をゲットして秀麗に送りたかったからか、劉輝が参加するのを見越して出し抜くためか…。な~んか、後者の気がと~ってもします。

 私的とっても主観的な感想では、女装が予想以上に似合ってたのが藍将軍。可愛くまとめてたのが劉輝。もっと似合うと思っていたのにそれほどでもなかったのが絳攸。な感じでした。絳攸、ガタイが良すぎるのかなぁ。

 本人の意思とは関係なく上手く逃がれた静蘭の女装がやはり見たいです~(笑)

 で、秀麗は、濡れ手で粟で、お米百表と野菜1か月分と商店街の半額券の3位と4位と、1位から4位までの商品の全てを手に入れたのでしょうか?(爆)

2011年10月25日 (火)

「中国嫁日記一」 読了

 井上純一さん著「中国嫁日記一」を読みました。
 著者の“純一”さんの“一”は“弌”が本当のようですが、中国嫁日記の出版ベースで“一”で表記いたします。

 20代中国人女性と結婚した40代日本人男性がつづる4コマコミックエッセイです。

 どこまでフィクションで、どこまでノンフィクションなのかは判りません。

 中国人女性と日本人男性の、育った国の違いによる習慣、慣習、固定概念、常識、その他いろいろの違いや、お嫁さんの月(ユエ)さんの日本語の勘違い(?)or間違いのお話しなど、笑ったり、そうくるかと思ったり、考えたりする1冊です。

 2人の結婚にいたるまでの書き下ろし漫画を読むと、いろいろな運と幸運としがらみと偶然からの出会いのようです。「巡り合わせ」と一言では言い表せない何かがあるのかなぁと思ったりもしました。

2011年10月23日 (日)

ポルトガル旅行記 3日目~コインブラ市内観光・その2~

 ポルトガル旅行記の3日目に、コインブラ市内観光の後半、コインブラ旧市街散策とフリータイムの様子をアップしました。

 写真を交えた旅行記は、こちらからご覧下さい。

 コインブラのある丘のほぼ頂上にある旧コインブラ大学見学を終え、現地ガイドさんに案内されて、ぶらぶらと丘を下りながら、旧カテドラルからサンタ・クルス修道院へ、それから旧市街の細い路地を歩いてポルタジェン広場まで行き、そこでフリータイムになりました。

 サンタ・クルス修道院では、中に入るとミサ中で見学できなかったので、フリータイムに再訪しました。ミサが終わっていたので、内部をじっくり見学。フリータイムに限りがあるので、“ゆっくり”とはいかなかったのが残念でした。

 コインブラが発祥の地と言われる金平糖をフリータイムで買うつもりだったのに、時間切れで変えませんでした。まぁ、これは、“買えたら買いたい”だったので、「まぁ、いいかぁ」な感じでした。

2011年10月21日 (金)

湖水の楽園

 今日のBS-TBSの「地球絶景紀行」は、「湖水の楽園ハルシュタット オーストリア」でした。

 ヴォルフガングからシャーフベルク鉄道で登った展望台からの眺望は「サウンド・オブ・ミュージック」の世界。ヴォルフガング湖とその周囲の村々、山々。まさに絶景。絵のような風景。

 ヴォルフガングからハルシュタットに向かう途中のエーベナウだったかな、パン屋さんが経営しているペンションが1泊35EURですと!かなり可愛い部屋。清潔そうだし、この料金はお買い得?それにしても、個人でこの村だか町だかに行くのってかなりツウなのかなぁ。

 そしてついにハルシュタットに到着。天気も良くて素敵なところ。
 小学校高学年か中学生入学早々くらいにしか見えない少年が船長の電動ボートでハルシュタット湖観光。若そう!と思ってたら、やはり12歳だって。それで、電動ボート操縦して観光案内できるなんてスゴイなぁ。
 それにしても、ハルシュタットにかける時間、短くありません?

 この番組、いつもメインを上手にかわすなぁ(笑)

 ハルシュタット、湖上から見るのがとても似合う村。いつか行きたいなぁ。絶対に遊覧船に乗りたい♪

2011年10月18日 (火)

「SL「貴婦人号」の犯罪」 読了

 西村京太郎さん著「十津川警部捜査行 SL「貴婦人号」の犯罪」を読みました。

 ん~、物語早々に真犯人は判ってしまいました。何故、十津川警部がうまうまと信じたかが疑問。読み進めていても、どうして十津川警部がその真犯人については通りいっぺんの捜査だけで、深く追求しないのか不思議だったら、終盤にようやく十津川警部の目が真犯人に向いてそこから調べたらあっという間に動機が判明。…これでは、最初にこの人物について突っ込んだ捜査ができない(しない)はずです。してたら、こんなに5人の連続殺人事件にならずに犯人逮捕になっていたでしょう。動機からしたら、被害者は3人で十分なはず。被害者2人は悪事に手を染めてはいるとはいえ、真犯人の動機からしたら…何も殺さなくても…と思ってしまいました。

 当初、犯人と思われて追われていた人は、てっきり最初に殺されているとばかり思っていました。そこは、うまく騙されてしまいました。

2011年10月16日 (日)

ポルトガル旅行記 3日目~コインブラ市内観光・その1~

 ポルトガル旅行記の3日目、ツアーでのコインブラ市内観光のうち、旧コインブラ大学の図書館と礼拝堂を見学したときの旅行記を作成しました。
 写真付の旅行記は、こちらをご覧下さい。

 そもそものツアー行程でのコインブラ市内観光の旧コインブラ大学では、礼拝堂は内部見学付きでしたが、図書館の内部見学は付いてなかったのです。でも、ガイドブックを読むとこの図書館は必見のようだったので、フリータイムなどで時間が取れたら入りたいなぁ~と思っていました。
 旧コインブラ大学の見学で現地ガイドさんがチケットを購入してきたら、なんと!チケットは礼拝堂と図書館の共通券!!礼拝堂だけ見ても、図書館も見ても、ツアーの出費としては同じ!!!添乗員さんは即座に「礼拝堂と図書館が共通チケットなので、図書館も見ましょう!」と言ってくださって、私的には大ラッキー♪
 ガイドさんにたくさん説明していただけて図書館の見学ができました。時間的にもガイドさんは図書館で熱弁を奮っていて、礼拝堂のほうが短め(笑)

 図書館に入って、まずその絢爛豪華、金ぴかな装飾に圧倒されました。マヌエル様式というポルトガルが大航海時代に一大帝国を築いたときの様式だそうですが、もう装飾過多のゴテゴテ、黄金でピカピカ。図書館に何故この装飾?!な感じです。マヌエル様式の建築物を見た最初だったので、もう、ただただ唖然としてしまいました。

 この図書館の蔵書は、もし仮に私が何かの研究者でこの図書館の蔵書がその研究のために必要不可欠で、しかるべき研究機関か大学の教授の紹介状をいただけて、それなりの正規の手順を踏めば、借りられる可能性もあるのだそうです。まぁ、私は何の研究者でもないのでそもそも無理ですけど、日本人とか外国人だからとかの理由では、お断りはされないらしいです。

 この図書館、必見です。コインブラに来てここを見学しないのは超もったいない!絶対に必見な場所だと私は思っています。

2011年10月15日 (土)

週刊ごーやニュース 2011年10月15日号

 定植後15週。

 この夏、グリーンカーテンとしてがんばり、また、ゴーヤの実をたくさん生らせてくれたゴーヤくんたちを撤去しました。

 弦の誘引とか、実の収穫とか、いろいろいろいろ楽しませていただきました。ゴーヤくんたち、ありがとうhappy01heart04

2011年10月12日 (水)

「ひとり暮らしな日々。」 読了

 たかぎなおこさん著「ひとり暮らしな日々。」を読みました。

 たかぎなおこさんが三重県から上京してひとり暮らしを始めてからのあれこれが綴られて、ちょっとしんみりしたり、ほんわかしたり、クスッとしたりの1冊です。

2011年10月10日 (月)

ポルトガル旅行記 2日目~コインブラ散策~

 ポルトガル旅行記に、2日目~コインブラ散策~を更新しました。

 リスボンで朝の散歩、ツアーの観光でロカ岬、シントラ、ファティマと観光した後、宿泊地であるコインブラに到着しました。
 ホテルに入ったのが17時30分。夕食の時間が19時30分だったので、その間の時間を利用して、個人的にコインブラの散策を楽しみました。写真入の旅行記は、ホームページをご覧ください。

 コインブラのホテルは、旧市街のある丘の隣りの丘のほぼ頂上付近でしたので、コインブラに遊びに行くのに、丘を下ってまた上って更にまた下って目的の場所に辿り着きました。ホテルから2kmくらいかな~、歩けるな~と公共交通機関を調べなかったら、か~な~り歩きでがありました。(苦笑) 一応、コインブラ旧市街が丘にある街なのは頭にはあったのですけど、これほどとは…。地図に等高線がほしい街でした。

 でもでも、目的の場所…川の対岸からコインブラ旧市街を眺められる場所…から見た旧市街は絶景!歩いた甲斐が十分にありました。(^^)v

 そして、その途中の道には、満開のジャカランダcherryblossom
 散った花びらが道路を埋めてロマンチックでした。

 歩きまわって汗だくになって、超疲れたけど、その分、とっても印象深いコインブラ散策でした。歩いた分、コインブラが今回のポルトガル旅行で最も想い出に残る地となりました。

2011年10月 9日 (日)

ロヴィニ

 今日のBS日テレ「トラベリックス3」は、クロアチアの小さな村々…だったかな(?)、イストラ半島の街のロヴィニにスポットライトをあてて、ゆっくりと腰を据えてロヴィニの街を紹介していました。

 ロヴィニ、昨年(2010年)にクロアチアに行くツアーを選んでいるときに、パンフレットで街の名前は目にしていました。結局、ロヴィニには訪れないツアーを選んでしまったので、以下ずじまいな街です。

 街の佇まいはもちろん、街の伝統行事、食などを、1時間の紀行物としては随分と詳しく見せてくれていたように思えました。

 港を見渡して食事ができるレストランのテラス席で食事3品とワイン1本で約6600円でしたっけ。思わず「やはり、クロアチアって物価が安かったんだぁ!」とテレビに向かってつぶやいてしまいました。

 ロヴィニにだけ、また行くのは難しそうなので、どうかなぁ。個人手配でなら行けるのでしょうが…。

2011年10月 8日 (土)

アルプスの聖なる頂

 NHK BSプレミアムの「グレートサミッツ アルプスの聖なる頂~オーストリア最高峰」を見ました。

 山麓の村ハイリゲンフルート(でしたっけ?)に、かなり滞在してじっくり撮ってる映像っぽかったです。
 中世から何百年も続く1年に1度、40kmも離れたところから村の教会に向かって歩くお祭を撮ったり。
 ただ、村の全景、風景を撮っているだけで絵になりますね~。

 女性ディレクターさんが山麓やパステルツェ氷河までトレッキングしたり、それだけでも十分な感じなのに、更に〆は本当に女性ディレクターさんがオーストリア最高峰のグロースグロックナーに登頂していました。
 途中のガレ場や尾根、怖すぎです。テレビを見ていて「私、無理」と何度もつぶやいてしまいました。
 登山自体でかなりスゴイのに、ガイドさんとのコミュニケーションが日本語(母国語)ではなく、英語(外国語)なのですから、登ってるディレクターさんには脱帽しまくりです。

 素敵な番組で、うっとりしながら画面に魅入った1時間30分でした。

週刊ごーやニュース 2011年10月8日号

 定植後14週。

 根元の葉だけでなく、そろそろ成長した先の葉も黄色くなってきました。また、つい最近まで、あっという間に成長していた実も大きくなるのが遅くなったり、大きくなる前に黄色くなるものが増えてきました。

 ゴーヤ茶の飲み方で、最近、自己学習したのが、“ゴーヤ茶は冷めるとより苦くなる”なので、できるだけ冷めないうちに飲むように心がけています。

2011年10月 7日 (金)

「ローカル線で温泉ひとりたび」 読了

 たかぎなおこさん著「ローカル線で温泉ひとりたび」を読みました。

 たかぎなおこさんがローカル線を利用して(そのローカル線に乗る前は、飛行機、特急などに乗って目的地まで行ってます)、ローカル色の漂う立ち寄り湯で温まりつつ、豪快にお酒(1回だけ牛乳)を飲んで、地元ならではのお料理を味わっています。

 なかなか、こういう旅はできそうでできないかも~などと思いながら読んでいました。
 特に北海道編はそうかな。鉄な編集者さんのアドバイスで旅行の計画をたてられたそうで、鉄分の濃い内容になっています。鉄の人には燃えるポイントも、鉄分が少ないと???なポイントだったりするのが、面白かったりしました。でも、そのために次の列車まで2時間待ちは、たかぎさんには大変だった…はずなのに、駅の外に出て楽しいことを見つけてしまえるたかぎさんがお素敵です♪そんな風に急なことにも適切に対応できるたかぎさん、尊敬します。

 この作品に登場したローカル線で私が唯一乗車したことがあるのは、わたらせ渓谷鐵道でした。私が乗ったのは普通の車両だったので、トロッコ列車に乗りたかったなぁ~。また行く機会があるかどうか。

 ムーンライトながらの大移動、新幹線移動でも東京から新大阪が限度だと思っている私には無理っぽいです。良さそうな街みたいなので、下呂温泉とか高山は行きたいですね。

 一旦、温泉に入ると湯冷めしそうで、ほとんど出歩けない(出歩かない)私。今度、立ち寄り湯にトライしてみようかな…と、ちょっと思ったりしています。

2011年10月 5日 (水)

「やなりいなり」 読了

 畠中恵さん著「やなりいなり」を読みました。

 5編の短編からなる1冊。それぞれの作品の冒頭に、それぞれの作品のモチーフ(?)になる食べ物のレシピ(お江戸調)が紹介されてから、本文に入ります。

 今回は、冒頭の食べ物関連が統一テーマで、1つの物語を追っていないので、それぞれにオチがついていました。
 ただ、前作からの繋がりで、“屏風のぞきがいなくなってしまうかもしれない不安”を若だんなは心の片隅に常に持っているようです。
 あとは、かなめさんのことかな~。かなめさん、本当に上方でお嫁に行ってしまうのかな~。

 長崎屋のだんなさま籐兵衛だんな、男ですね~。いい男ですよ。おたえさまが惚れるのも判るなぁ。でも、その藤兵衛だんなが頭が上がらないおたえさま最強!(笑)

 そういえば、今回は守狐さんが、すっごくたくさん登場している1冊でした。

 読書の秋の1冊です。

2011年10月 3日 (月)

日和田山・物見山

 奥武蔵の日和田山と物見山に登ってきました。

 今回、はじめて山頂を目指した山登りをする山に選んだのは日和田山(ひわださん)。

 麓に関東有数の曼珠沙華(一般的には彼岸花)の群生地の巾着田があり、季節的に花も山も楽しめる場所で、なおかつ、初心者向けのコース(ここ、大事!)ということでセレクトしました。

 最寄駅の高麗駅(こまえき)は標高108m。そこから日和田山(305m)に標高差197mの登山です。標高300mクラスの山でも、山は山。山頂に立って、ふもとの街を見渡したときには、「やった~!登った~!」と、ちょっと感激しました。ちょっと前に、巾着田から見上げていた山の山頂に自分が立っているのですから、不思議な感じ。

 ↓コースをご覧になっていただければ、お判りの通り、山頂を始めて目指した上に、何と縦走まで経験してしまいましたfujifuji 経験値、一挙に跳ね上がったかな(笑)

 天候にも恵まれ、木洩れ日の木立ちの中、初登山、初縦走と楽しく山歩きできました。写真を交えて山歩きの模様は、ホームページに作成していますので、こちらからご覧ください。

 コースとしては、

《参考 日和田山・物見山コースタイム:巾着田公式HPより》
高麗駅(標高108m)…10分…巾着田…10分…日和田山登山口…40分…日和田山(305m)…30分…高指山(330m)…30分…物見山(375m)…35分…北向地蔵…40分…鎌北湖

《自分の日和田山・物見山の記録》
高麗駅(標高108m)…27分…巾着田…10分…日和田山登山口…37分…日和田山(305m)…22分…高指山(330m/休憩8分)…30分…物見山(375m/昼食30分)…45分…北向地蔵(休憩15分)…40分…鎌北湖>

※参考コースタイムの1.5倍を目安に計画をたてました。

 参考コースタイムより早く歩いているところは、息があがってゼイゼイしながら歩いていました。自分では、「ゆっくり」と自分に言い聞かせながら歩いていたので、ゆっくり歩いていると思い込んで、周りのペースで歩いてしまっていたようです。

・持参品
 緑茶500mlペットボトル 1本
 紅茶500mlペットボトル 1本
 塩キャラメル
 のど飴
 バナナ

2011年10月 1日 (土)

週刊ごーやニュース 2011年10月1日号

 定植後13週。

 黄葉した葉はどんどん枯れていっています。

 実も成長しきらず(しきれず?)に、黄色く色づいて落ちてしまうものが増えています。

 最近のゴーヤを使ったお気に入りの料理(?)は、ゴーヤ茶。

《ゴーヤ茶のレシピ》

・ゴーヤ 適当(1本でざるがいっぱいになります)

1.ゴーヤをスライサーで薄く切る。
2.ザルになるべく重ならないように並べる。
3.風通しと日当たりのよい場所で、1~2日天日干しする。
4.よく乾燥したら、フライパンで空煎りする。(煎り具合はお好みで。あまり強火だとすぐ焦げてしまいますので注意)

 飲むときも、ゴーヤ茶の量や蒸し時間を加減すれば、苦味は自分で調節できるので、いろいろ分量、時間を変えながらトライしています。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »