2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 古代ローマの史跡を訪ねて | トップページ | 週刊ごーやニュース 2011年10月1日号 »

2011年9月29日 (木)

「日本人なら知っておきたい日本文学」 読了

 蛇蔵さん&海野凪子さん著「日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典」を読みました。

 内容的にはサブタイトルどおり、日本の有名な古典文学の著者にスポットを当てて、“こんな背景を背負ったこんな人がこんな風にこんな思いで書いたのじゃないかな~”な感じになっています。
 古典文学のこんな性格だったであろうと描かれた著者で一番受けたのは、清少納言でした。ま~、ものすごく、きっぱりはっきりタイプ。なるほど~とか思ってしまいました。

 あとは、古典の著者紹介の合間合間に散りばめられた日本語学校の生徒さんの古典関連の4コマ漫画。これがもう、何回もクスっと笑わせていただきました。お国柄の違いで???がわいたり、母国に微妙に違うけど同じようなことがあって共感したり。皆さん、ある意味、日本人よりずっとカルトでマニアック(死語)でいらっしゃる。

« 古代ローマの史跡を訪ねて | トップページ | 週刊ごーやニュース 2011年10月1日号 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古代ローマの史跡を訪ねて | トップページ | 週刊ごーやニュース 2011年10月1日号 »