2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ためらいを持ちつつハシゴ | トップページ | 「ひとり登山へ、ようこそ!」 読了 »

2011年6月 3日 (金)

彩雲国物語 ~紫闇の玉座(上)~

 雪乃紗衣さん著「彩雲国物語 紫闇の玉座(上)」を読みました。1年以上ぶりの待ちに待った新刊です。

 ネタバレしまくり、目茶苦茶に煩悩が爆裂した支離滅裂な個人的趣味に走った感想です。未読の方はご注意してください。

-----------------------------------------

 簡単なあらすじ。

 旺季さんは、劉輝よりも血の濃い筋目正しい王族で、戩華が即位していなければ、当然、王位継承権も…。その事実を知り、愕然とする劉輝、絳攸。
 蝗害対策への縹家の全面協力と支援を得て、縹家を出て紅州へ向かう秀麗は、ひょんなことからその“通路”の途中で、行方不明の紅州産鉄炭の在り処を知る。優先順位が先な蝗害対策のため紅州へ戻った秀麗は、あわや縹家系社寺の紅州トップの江青寺を討とうとする旺季率いる軍&州軍を止め、縹家の全面協力と支援を取り付けたことを旺季に報告する。鳥を使った飛蝗の駆除も早速始まる。しかし、紅州から紫州へ向けての季節風が吹いて飛蝗がそれに乗り、紫州に飛蝗が飛来するタイムリミットが刻々と近づいており、防虫・鳥による駆除では追いつかない。一斉駆除ができるのは、飛蝗の疫病による駆除のみ。そのためには、高温多湿が条件。その条件が整うのは、季節風が吹く前に1度あるかないか。そのあるかなしかのチャンスに駆けて準備をする縹家の皆さん。羽羽さんが術を使って呼んだ藍州の雨雲で一気に飛蝗駆除成功。
 藍州の宝鏡作りに着手した歌梨さんに、狐面の刺客の魔の手が迫る。欧陽純さんを手にかけ、その刃は歌梨さんに向く。
 縹家の瑠花さんのもとにも狐面の刺客が現れ、瑠花さん本体の首を落とす。死んで魂魄だけになった瑠花さんは秀麗に憑依して、神器が破壊され綻びが生じた全神域の完全修復をはかる。神器を破壊された碧州、茶州と縹瑠花の身体事態が置物型神器と見なされていた縹家の修復には人柱が必要だった。(藍州は殺されたと思われた歌梨さんが実は生きていて、宝鏡を作りあげて神域修復。)そして、未来を若者たちに託すために、瑠花、縹英姫、立夏(瑠花さんを慕っている縹家の女性)、羽羽が人柱となった。
 秀麗に残された時間は1日。その1日が来るまで、瑠花が用意した白い棺の中で眠りについた秀麗。

 う~ん、またしても簡単なあらすじになりませんでした。ははは。(空虚な笑い)

 歌梨さんが死んだと思わせられるシーンを読んで思わず「ウソでしょ~!!」と声に出してしまいました。自分の部屋で読んでいてよかった。
 歌梨さんが亡くなるとしても、こういう亡くなり方は全く考えていなくて…こういう亡くなり方はないでしょう…あまりにあんまりな…と、歌梨さんが亡くなられたことにショックを受けて、すっかり読み続ける気力を失ってしまい、この日は読むのをここでやめてしまいました。
 だからこそ歌梨さん、生きてたと判ったときには嬉しかったです☆よかったぁ♪宝鏡を作った歴代の当主の死の謎もクリア。

 冒頭で凌晏樹さんがいろいろなことの裏で暗躍していることがばらされています。晏樹さんの真の狙いまでは明かされていませんけれど、そんなに簡単に晏樹さんが黒幕で~す☆を明かしてしまっていいのかなぁ。というより、簡単に明かしているが故に、何か隠していることがあるのではないか、どんでん返しがあるのではないかと、つい勘ぐってしまいます。最近、小説読むのが素直じゃないかも…。晏樹さんの裏にいるのは黒仙さん?

 鄭悠舜さんと管飛翔さんの会話。特に飛翔さんのセリフは心に染みました。3月11日以降、妙に涙腺が弱くなっていることも相まって、彼の言葉に“すっごく感動!”という自覚もなく冷静に本を読み進めているにも関わらず、涙が静かにこぼれ続けました。何と言うのか心が揺さぶられるというのでしょうか。
 酒飲み飲んだくれオヤジ尚書の言葉に涙する日がこようとは夢にも思いませんでした。ちょっと悔しい。

 もう1人のオヤジ劉志美さんが、あっさり司馬迅さんを侍御史だと看破しました。迅さんはてっきり旺季さんに命を救われて、旺季さんに傾倒して旺季さんの手駒になって動いているのだとばかり思っていました。それが侍御史。秀麗よりずっと高位の御史だったとは、全く考えもつきませんでした。それを簡単に指摘する志美さん。さすがオネエ言葉でも紅州州牧。単なるオヤジ姐さんではありませんでした。

 珠翠と藍楸瑛にワカメヘアに猫目と形容された狐面の刺客の素顔。どうやら“抜け殻”=死後の魂魄の抜けた身体を利用されているようです。ワカメヘアに猫目ね~。で、抜け殻になって、魂はそこらをフラフラしてる30歳前後の男性って、今までの登場人物で1人しか思いつかないのですが~。ま~ったく、どこまでも抜け殻になってまで秀麗に迷惑をかける男。
 抜け殻は抜け殻を利用されていただけで、抜け殻さんの元々のお方の意思で死んだ後にいろいろやっていたわけではなくて、ちょっとだけホッとした自分がいたりしました。いくら朔ちゃんでも、死を自ら選んだ後でああいうことはやってほしくなかったですから、ね。

 瑠花さんと旺季さん、今の日本にいて欲しい。旺季さんに関しては、晏樹さんがいろいろ裏でごしょごしょ暗躍しているのを知っていて見て見ぬふりをしているらしいところを除いて、ですが。
 旺季さん、もし、蝗害が発生するのを予測していたのにも関わらず、劉輝を追い落とすために、実際に蝗害が発生してある程度の被害が出るまで待っていたとしたら、どんなにそれまで準備を重ねていて、政治家として官吏として尊敬できる手腕があったとしても、旺季さんを支持できません。

 瑠花さんは、最後の最後、美しく散っていきました。そこまでに歪んだりしたりもしたけど、きっとこの散り際で後世の人々からは讃えられるのでしょう。ん~、でもそんなの瑠花さん本人は気にも留めないのでしょう。

 羽羽さま、最後の最後で長年の想いが報われました。よかったですね。うん。

 今回、絳攸と劉輝は何もしてません。旺季さんの出自を知ったシーンも呆然してるだけでしたし。あとがきによると、今回は秀麗編で、次回は劉輝編だそうです。劉輝がどう動いて秀麗の最後の1日とどう結びついて、秀麗がどう動くのかなぁ。

 何だか冷静になってふりかえると秀麗編といいつつ、確かに秀麗はがんばってお仕事してるし、燕青はそれを力を尽くして助けているけど、全体からみると若者組よりオヤジ組の活躍が目立つような気が…。いや、羽羽さまご兄弟や旺季さん、瑠花さんはジジババか…。次巻、若者、がんばりましょう!

 次巻、下巻が最後の最後。秀麗は亡くなるしかないのかなぁ。ハッピーエンド志向の私としては、どんな奇跡の大安売りで、ご都合主義の嵐になってもいいから、秀麗には生きて未来を歩いてほしいと、つい願ってしまうのですが…。

« ためらいを持ちつつハシゴ | トップページ | 「ひとり登山へ、ようこそ!」 読了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ためらいを持ちつつハシゴ | トップページ | 「ひとり登山へ、ようこそ!」 読了 »