2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 機体整備工場&羽田新国際線ターミナル見学記 | トップページ | また噴火 »

2011年5月18日 (水)

エル・グレコの愛した古都

 今日のBS日テレの「世界水紀行 ヨーロッパ編」は、「宗教画の巨匠エル・グレコの愛した古都トレド」でした。

 トレドはスペインに行くたびに訪れている大好きな街です。2000年10月にスペインを訪れてから、もう10年以上行ってないのですね。遠い目…。

 大聖堂などの超メジャーな見学スポットの他、グレコ美術館やサンタクルス美術館、カテドラルなど、多くの紀行物であまりスポットを当てられない場所も紹介されていて、うっとりしながら画面に魅入ってしまいました。特に、グレコ美術館かな。行ったことがあるので。でも、記憶にあるグレコ美術館より外観が小奇麗な気が非常にします。中は記憶と全く違ってました。これって改装したのかなぁ。

 トレドは、防備のために橋が2か所しか造られなくて、今もそのままなので無料の渡し舟が運行されていて市民の足になっているなんて、とっても素敵な豆知識まであって、顔が思わずほころんでしまいます。

 旧市街のカサ・アルカンタラのレンガ焼き牛肉美味しそうです。自分で熱したレンガの上で好みの焼き加減にできるのも味付けがシンプルに粗塩だけなのも興味を誘います。行ってみたい&食べてみたいなぁ~♪

 アランフェスも取り上げられていました。アランフェスといえば“アランフェス協奏曲”というか、それしか知らなかったりして…(^^;)
 アランフェス、機会がなくてなかなか行けていない街。いつか行けるときが来るのかなぁ。行きたいなぁ。

 トレド、訪れる度にこざっぱりと綺麗になっているような印象を受けます。最初に訪れたころのうらぶれ感たっぷりの街の方が味わいがあって個人的には好みだったりします。

« 機体整備工場&羽田新国際線ターミナル見学記 | トップページ | また噴火 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 機体整備工場&羽田新国際線ターミナル見学記 | トップページ | また噴火 »