2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« おおくらさん | トップページ | 小ネタ満載 »

2011年2月24日 (木)

「杉下右京の事件簿」 読了

 碇卯人(いかり うひと)さん著「杉下右京の事件簿」を読みました。

 碇卯人さんは、「相棒」のノベライズを担当する作家さんで、この「杉下右京の事件簿」は、同シリーズ初のオリジナル小説だそうです。

 「杉下右京の事件簿」なので、“相棒”さんは登場せず、杉下警部がお一人で事件捜査をしています。この「杉下右京の事件簿」は、第1話の「霧と樽」はスコットランド、第2話の「ケンムンの森」は奄美大島を舞台にしています。ですから、正確には、どちらにも杉下警部には捜査権はないはず…だと思うのですが。いや、第1話は確実にないでしょう。

 活字を追っていても、杉下警部はいつもの調子でお話しをしてくださいます。(笑)

 第1話は予想外の犯人とオチ、第2話はスピーディな展開で楽しませていただけました。

« おおくらさん | トップページ | 小ネタ満載 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おおくらさん | トップページ | 小ネタ満載 »