2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 菊池伝説殺人事件 | トップページ | 録画を見て過ごす休日 »

2011年2月10日 (木)

7SEEDS19

 田村由美さん著「7SEEDS」(セブンシーズ)19巻を読みました。

 19巻も夏のAの2人(安居と涼)とちまきと百舌さん以外の夏のBチーム in 変な巨大船の巻です。

 自分たちのことを隠していた安居と涼が別行動で、安居は嵐とナツ、涼は蝉丸とまつりちゃんと行動を共にしながら、隠していた素顔がついぼろぼろとだだもれになってきました。

 安居は嵐とナツについに夏のAチーム結成秘話を19巻のラストで語り出しました。7人に残らなければ死ぬ運命。それを聞いた嵐は安居に「どうして皆で力を合わせて逃げなかった?」と尋ねました。そうか、その手がありました。そうですよね~、逃げればよかったのですよね。読んでいて、その道があったのをうっかり忘れていました。「7SEEDS」の世界で未来に行くのは7人と思っていて読んでいましたから、逃げればいいという選択肢があることが全然思い浮かびもしませんでした。嵐に「どうして逃げなかったのか」と言われて愕然とする安居。安居がこれからどう考えて、どう答えるかは次巻のお楽しみ。

 涼も、脳天気でなぜかツボをきっちり押さえている蝉丸と、自然体まつりちゃんの言動に、いろいろ感化されているというか、違った考え方を見せられて戸惑っているというか、ちょっとこれまでの涼とは違って来そうな気配というか予感というか。なので、こちらも今後がお楽しみ。

 そして、なんと船の自爆&日本列島への核ミサイルを含んだミサイル発射のカウントダウンに気づいた牡丹姐さんと蛍ちゃん。この危機をくい止められるのか?!これも次巻のお楽しみ。(笑)

 20巻で夏Aの2人と夏Bの6人 in 船のお話しに一区切りがつくのかな。

« 菊池伝説殺人事件 | トップページ | 録画を見て過ごす休日 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 菊池伝説殺人事件 | トップページ | 録画を見て過ごす休日 »