2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 常設展をじっくりと | トップページ | 年に2回も »

2011年1月20日 (木)

「十津川警部 鹿島臨海鉄道殺人ルート」 読了

 西村京太郎さん著「十津川警部 鹿島臨海鉄道殺人ルート」を読みました。

 犯人は早々に逮捕されているので、犯人の動機を解明していくのが、今回の十津川警部とカメさんのミッションでした。

 剣の達人と言われる犯人が、たとえ両親の敵を討つためとはいえ、己の剣を用いるものでしょうか。その道に秀でた方は、己の肉体そのものが凶器となりうるので、厳しく自戒していらっしゃると何かで読んだか聞いたかしたように記憶しています。小説とはいえ…考えてしまいます。

« 常設展をじっくりと | トップページ | 年に2回も »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 常設展をじっくりと | トップページ | 年に2回も »