2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« クロアチア・スロヴェニア旅行記 5日目~ドブロブニク観光 その3~ | トップページ | 「若様組まいる」 読了 »

2010年12月27日 (月)

「美しき姫君」 読了

 マーティン・ケンプ氏/パスカル・コット氏共著、楡井浩一氏訳の「美しき姫君 発見されたダ・ヴィンチの新作」を読みました。

 12月5日にBS朝日で放送された「美しき姫君」の元ネタ本と言ったらいいのでしょうか。
 テレビでは画面で画像で紹介されていた技法や、作品の鑑定方法や経緯が文章で紹介されています。え~と、なので、哀しいかな絵画にあまり詳しくない素人が文章で読んでいると、イメージがわき辛いところもあったことは否めません。weep 難しい…。つい、斜め読みになったりして…。

 いろいろな鑑定や経緯から、「美しき姫君」をダ・ヴィンチの作品と結論づけています。逆にダ・ヴィンチの作品ではないとする意見をまとめた本があったら、そちらも読んでみたいなぁと思います。

 そして、この「美しき姫君」は、2010年3月から8月までスウェーデンのイェーテボリで開催されたという『And There Was Light (そして光ありき)』と題する展覧会に出展されたそうです。この美術展は、世界巡業していずれ日本でも開催されるということなので、そのとき実物にお目にかかれるのを楽しみに待ちたいです。(出展:マーティン・ケンプ氏/パスカル・コット氏共著、楡井浩一氏訳の「美しき姫君 発見されたダ・ヴィンチの新作」)

« クロアチア・スロヴェニア旅行記 5日目~ドブロブニク観光 その3~ | トップページ | 「若様組まいる」 読了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クロアチア・スロヴェニア旅行記 5日目~ドブロブニク観光 その3~ | トップページ | 「若様組まいる」 読了 »