2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« クリスマスワンダーランド | トップページ | シェイクスピアの魂を求めて »

2010年12月21日 (火)

「ゲゲゲの女房」 読了

 武良布枝さん著「ゲゲゲの女房 人生は……終わりよければ、すべてよし!!」を読みました。

 今年度の前半のNHKの連続テレビ小説の原作を、「ゲゲゲの~」が2010年流行語大賞を受賞した後に読んだりしました。

 プロの作家さんではない女性の一代記、自伝であり、漫画家の水木しげるさんの半生記でもあります。それが、布枝さんの一人称で淡々と描かれています。ドラマチックな人生を敢えて淡々と語っているのか、はたまたNHKのテレビ小説が話を膨らませるだけ膨らましてドラマに仕立てているのか…。少なくとも杉浦太陽さんが演じた“いたち”さんは登場していませんでした。

« クリスマスワンダーランド | トップページ | シェイクスピアの魂を求めて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスワンダーランド | トップページ | シェイクスピアの魂を求めて »