2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「若様組まいる」 読了 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2010年12月31日 (金)

2010年総括

 2010年に読んだ本、見た映画、読んだ漫画、見学した美術展などをふりかえります。

【書籍】 53冊
若様組まいる
美しき姫君
ゲゲゲの女房
ゴッホを旅する
藍玉の花嫁 紅涙流落
十津川警部 君は、あのSLを見たか
轟け、暗雲薙ぎ払う雷鳴
生死を分ける転写台 天竜浜名湖鉄道の殺意
貴賓室の怪人「飛鳥」編
謎解きフェルメール
盗まれたフェルメール
フェルメール全点踏破の旅
ゆんでめて
ノベライズ版「ゲゲゲの女房」
十津川警部 銚子電鉄 六・四キロの追跡
チャングム
許凌
春夢の花嫁 珠閣雷鳴
叫べ、涙溢るるこの心
宮古行「快速リアス」殺人事件
楽しいロンドンの美術館めぐり
神苦楽島
母の国から来た殺人者
開け、細き一条の血路
天は赤い河のほとり 外伝 ~上弦~
江 姫たちの戦国
年収150万円一家
不等辺三角形
十津川警部 長良川心中
もいちどあなたにあいたいな
ロスト・シンボル
教室の亡霊
京都駅0番ホームの危険な乗客たち
翔べ、遥か朝焼けの空
ダーリンの頭ン中2
十津川警部 愛と祈りのJR身延線
秋霖の花嫁 香霧想起
彩雲国物語 蒼き迷宮の巫女
進め、骸横たわる荒野
十津川警部 謎と裏切りの東海道-徳川家康を殺した男
岐阜羽島駅25時
日本人の知らない日本語2
十津川警部 南紀・陽光の下の殺人
冨士急行の女性客
十津川警部 あの日、東海道で
つくも神さん、お茶ください
英語ができない私をせめないで!
オーストラリアで大の字
湯布院殺人事件
鎌倉江ノ電殺人事件
天は赤い河のほとり 外伝 ~眉月~
死のスケジュール天城峠
日本人の知らない日本語

 53冊読みました。自分で改めて数えてビックリしてしまいました。結構な数を読んでいました。そして、推理小説、ライトノベルが大半で、ときおり歴史小説やSFがあって、幅がそれなりにあるかな…と。(笑)
 ちなみに、ガイドブックは読んだ本に含んでおりません。(爆)

【映画】 3本
ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1
トリック
のだめカンタービレ最終楽章 後編

 3本。自分としては映画の数が多かった1年です。3本でも多い年です。

【漫画】 6冊
ガラスの仮面46巻
彩雲国物語6巻
ガラスの仮面45巻
7SEEDS18巻
7SEEDS17巻
彩雲国物語5巻

 大長編大河作品の新刊が複数出ました。めでたい。漫画も作品のジャンルは全部違いますね。共通点は、登場人物がみんながんばっている!です。

【美術展】 10展
ボルゲーゼ美術館展
ルノワール-伝統と革新展
マネとモダン・パリ展
ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち
オルセー美術館展2010「ポスト印象派」
カポディモンテ美術館展
シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い展
ウフィツィ美術館自画像コレクション
ドガ展
没後120年 ゴッホ展

 今年は美術展(企画展・特別展)を10展も見学しました。生まれて初めてです。今年は印象派イヤーといわれるくらいに印象派関連の美術展が開催された影響が多かったのでしょう。10展なので、ベストテンは選びようがないです。(笑) ということで…。

 来年は、どれだけ見られるか・読めるか、とても楽しみです。

« 「若様組まいる」 読了 | トップページ | あけましておめでとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「若様組まいる」 読了 | トップページ | あけましておめでとうございます »