2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「十津川警部 長良川心中」 読了 | トップページ | 「年収150万円一家」 読了 »

2010年6月18日 (金)

「不等辺三角形」 読了

 内田康夫さん著「不等辺三角形」を読み終えました。

 浅見光彦が登場するのは、物語の始めからかなり経ってからでした。どのようにして、光彦が事件に絡むのかと思っていましたら、広義の事件関係者が光彦の兄の陽一郎さんと大学時代の同期という関係から、お兄さんから紹介されて事件に関わるようになりました。

 ストーリー的に五言絶句は面白かったです。
 ただ、生い立ちの秘密は、よくあるパターンで「戦災孤児で引き取られた」と記された時点で想像できてしまいました。また、犯人も後半の3分の1を残すところで分かってしまったのも、内田先生の作品としては珍しいのではないかなぁと思ったりしています。

« 「十津川警部 長良川心中」 読了 | トップページ | 「年収150万円一家」 読了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「十津川警部 長良川心中」 読了 | トップページ | 「年収150万円一家」 読了 »