2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

伊豆・箱根旅行記 2日目

 ゴールデンウィークに伊豆・箱根を旅した伊豆・箱根旅行記の2日目をアップしました。

 2日目は、伊東の松川遊歩道散策となぎさ公園。箱根の星の王子さまミュージアムを訪れました。なぎさ公園には10点くらいの彫刻があり、ちょっとした彫刻公園になっていました。こんなにステキな公園だと思っていなくて、行ってから「いいところに来た~♪」って感じでした。
 なぎさ公園の後、小室山公園で開催中のつづじ祭を見に行こうとしたら、つつじ祭渋滞にはまってしまってあえなく断念しました。地元の催し物を甘く見すぎていたようです。weep
 1日目の昼食をお目当てのところで食べられなかった反省は活かして、2日目の昼食はお目当てのお寿司屋さんで海鮮丼を食べられました。(^^)v やはり、海に行ったので、生が食べたいですよね。happy01

 午後は、箱根に向かってドライブ。ほとんどは順調に走れましたが、元箱根付近でプチ渋滞。どうも、芦ノ湖遊覧船から下船してくる団体のお迎えor乗船する団体を乗せたバスが駐車場に出入りするので、交通の流れが遮断されたのが原因ではないかと、私的に勝手に分析しています。真相はどうなのでしょうか?
 星の王子さまミュージアムは~、好きな場所です。今回が2回目♪この手のテーマパークは好みが別れるところでしょう。私は好き派で~す☆そして、ぐるぐるぐるぐる3時間も園内を彷徨っていました。途中、ケーキを食べていたとはいえ、時間かけすぎの遊びすぎ?(笑)
 原作者のサン=テグジュペリの生涯や「星の王子さま」の作品の背景などが、さほど興味がなくても何とな~く分かったような気になる(あくまで気になる、です)構成になっていたりします。

 締めは夕焼けに染まる富士山。

 楽しく充実したゴールデンウィークの旅行でした。

 そんな伊豆・箱根旅行の旅行記は、こちらからご覧になってください。(写真等はこちらにあります。)

2010年5月29日 (土)

メモメモ

 

Bunkamura ザ・ミュージアムの公式サイトに

シュテーデル美術館所蔵フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展
2011年3月3日(木)~2011年5月22日(日)

が、開催されるそうです!

 わ~い☆ドイツのフランクフルト在住のフェルメールの地理学者さんが来日してくれるのです♪嬉しいなheart01heart02heart04 ←私の気持ちはこんな感じです。happy01
 いや~、何か来年の展覧会の情報がupされているかな~と、何の気なしにBunkamuraさまのサイトを見に行ったら、この衝撃の発表がありました。もう、見た瞬間、「行く~~~~~!」と叫んでおりました。(笑)
 そうして、来年の3月までのカレンダーはないので、今年のカレンダーの年末部分の目に付くところに、しっかりメモしました。(^^)v 前売開始になったら、速攻、前売券をゲットしなくては。なんだか妙にテンションが上がってきました。ふっふっふ。

2010年5月27日 (木)

来月こそ

 昨日が好きな小説のシリーズ最新刊の発売日でした。発売日でしたが、残念ながら発売が来月に延期されてしまいました。
 このシリーズの新刊の発売日は前にも延期になったことがあるので、それ自体は驚かないですけれど~、やはり発売日を楽しみにしていた人間としては、正直凹まないと言ったらウソになります。
 延期されて来月が新たな発売日に設定されています。来月こそ、発売されますように。お祈り。

 今日は、晴れて気持ちよかったです~sun

2010年5月25日 (火)

ほんわり

 今日は、天気予報で暑いと言われて覚悟していたわりには、私的には暑くなく快適?に過ごせました。

 今夜のお楽しみ、BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」は上野恩賜公園をめぐり、東京国立博物館、細川家の至宝展、台哺乳類展を訪れました。
 東京国立博物館、国立科学博物館はですね~、多分、行ったことがないと思うのです。上野は、年に1、2回は訪れているのに、あの辺のエリアは未知の世界です。

 相変わらず、おぎやはぎのお2人のコメントに笑わせていただき、山田五郎さんの解説に「ほ~」とうなづきつつ見ていました。
 オーディオガイド代わりの山田さん、私もお借りしたいです~。(笑)
 それにしても、あの国宝の鞍、山田さんの解説を聞かなければ、ぜっんぜん分かりませんてば~!奥が深すぎです。(^^;)

2010年5月23日 (日)

トリック

 「トリック 霊能力者バトルロイヤル」を見ました。

 出だしの山田里見(野際陽子さん)の書道、紀伊半まで書いたときは、てっきり紀伊半島だと思いました~。って誰でもそう思いますよね!特に、鈴木玲一郎役で松平健さんですから、松平健さんが出演なさっているので、松平健さん=暴れん坊将軍=徳川吉宗=紀伊徳川家出身→紀伊関連の言葉の連想ゲームが成り立つと思ってしまったのです。それが!“紀伊半多”(キイハンター=野際陽子さんの代表作)ですから、そうきたか!と思わず笑ってしまいました。やられた!!!

 山田奈緒子(仲間由紀恵さん)の部屋にチキンラーメンが山積み。おっと、笑ってしまいました。山積みになっている理由は…だからですよね。

 相沢天海(戸田恵子さん)、杉尾園子さん(片瀬那奈さん)のお2人はあまりにあっけなく泣くなられて拍子抜け。何故にこんなに簡単に…。天海さんはまだそれなりの見せ場がありましたけれど、園子さんはあのマジックだけですか?どうして?ギャラの節約?ゲストキャラで一番ギャラが高そうなのは…なのに…。いや、その方が亡くなるとお話しにならないでしょう。>自分

 あの~、もしかしたら、翔平さん(佐藤健さん)は本当の霊能力者?

 鈴木玲一郎さんも、何気に涼しげな顔をしながら、美代子さんとカヨコさんをいいように操って死にいたらしめてますな。
 山田奈緒子(仲間由紀恵さん)と同じバスで着いたのに、受付に先着できたのは、白馬を隠しておいてそれに乗ったからって。(笑) 白馬に跨る鈴木さん。happy01

 上田次郎氏(阿部寛さん)の見せ場は、通信教育で受講した、空手と相撲とあと1つ何でしたっけ?忘れてしまいました~。それを発揮するところかな。それとも、奈緒子に差し入れのご飯を持って来たとき、蓋を1度開けると生米で2度目に開けると炊けたご飯で、以降のシーンの種明かしになっているシーンかなぁ?
 それにしても上田先生、鈴木さんが東大卒だと言ったとき、「現役か?」って突っ込みどころはそこですかぁ?

 最後の最後、おいしいところを里見さんが持っていってしまうのはお約束?

 奈緒子に「余の顔を見忘れたか」とか言わせたり、誰のセリフだったか「成敗」もありました。ご本人も「さらばだ」とおっしゃったりして。(笑) これらのセリフと白馬は、当然、「暴れん坊将軍」のパロディで、そうか、「暴れん坊将軍」も「トリック」もテレビ朝日でした。なるほど~。

 そうそう!最後の奈緒子の決めゼリフに「まるっと」がありませんでした!!!ちょっと不満!どうして今回は「まるっとお見通し」ではないのですかぁ?!

 前回の映画版のラストシーンで、奈緒子と上田先生はいい雰囲気になって、挨拶に行くとか行かないとかって言っていませんでしたっけ?それなのに、またしても関係が元に戻ってしまっています。不思議~。

2010年5月22日 (土)

陽射しの洗礼

 陽射しが日一日と強くなっているこの季節。陽射しの下に出るときは、長袖シャツを着るように心がけています。

 今日、午前中の30分余り、ガーデニングをしました。当然、長袖シャツ着用です!
 30分でも結構バテバテdespair 疲れました~。

 そして、夕方、手首のあたりが痒い…。あれ?……両手に発疹が出ていました。ううぅぅぅ~。気をつけて長袖を着ていたのにも関わらず、今日の陽射しで発疹が出てしまいました。weep
 いつもは1回発疹が出れば、あとは陽射しに慣れて発疹は出なくなるので、今後は大丈夫…なはずです。

2010年5月20日 (木)

1冊まるごと印象派。

 本屋さんで、Pen 6/1号(No.268)を見かけたら、特集が“1冊まるごと印象派。”だったので、即買い。
 はい、思いっきり衝動買いです。

 この時期にこの特集ですから、“印象派”の一番のターゲットは、5月26日から開催される「オルセー美術館展2010」なのだろうなぁ~と思いつつ、読み進めています。

 印象派、ポスト印象派の画家さんの紹介、画家さん同士の人物関係などなど。美術に造形のある方なら、当然、ご存知のことかもしれませんけれど、素人の私には、なかなか面白く、興味深い内容です。

 この特集によると今年は“印象派イヤー”のようです。

 そうですね。これだけ印象派関連の展覧会が開催され、開催を予定されているのですから、まさに印象派イヤーと呼ぶにふさわしいでしょう。

 読んでも内容は到底覚えきれません。でも、印象派関連の美術展に行く前、行ってから読むと、ちょっとなるほど~と思える1冊かもしれません。

2010年5月18日 (火)

眠い~

 BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」が、マネとモダン・パリ展の再放送だったので、紅茶を片手に見ていたら、どんどん、どんどんまぶたが重くなり、一瞬意識がなくなったような気が…。

 何故にこんなに眠いのでしょうか。ここのところ、一気に初夏の陽気になって身体が暑さについていけていないとか…でしょうか。

2010年5月16日 (日)

スイス絶景の旅

 BSジャパンで放送された「大自然と伝統文化をめぐる スイス絶景の旅」をのんびりと見ました。

 今年ももう5月中旬。スイスをテレビの紀行番組で取り上げる時期になったのですね~。

 スイスのハイキングシーズンの幕開け頃か、その少し前になるとスイスの風物がテレビで取り上げられますから。(笑)

 サンモリッツ、マイエンフェルト、マッターホルン、グリンデルワルト、クライネシャイデック、ユングフラウヨッホなど、2006年7月のスイス旅行で旅した場所がテレビ画面に映し出されるとン懐かしくなるとともに、また訪れたい思いがいっぱいになります。また行ってハイキングしたり、次に行くならベルニナ急行に乗りたいなぁ。

 毎年、この時期になると放送されるスイス関連の番組を見ながら、いつも同じことを思っています。(笑)
 実現するのはいつになるのでしょうか。まだ行っていない国で行きたい国がたくさんありますから…。

伊豆・箱根旅行記 1日目

 ゴールデンウィークに、1泊2日で出かけた伊豆・箱根の旅行記の1日目をアップしました。

 1日目の行程は、

 公時神社 → ポーラ美術館 → 昼食 → 来宮神社 → 伊豆マリンタウン → 一碧湖
 → お宿

 です。

 公時神社は、源頼光の四天王の一人・坂田公時(♪ま~さかりか~ついだ金太郎~♪の金太郎さん)を祀った神社です。完全に某小説の影響。(笑)

 ルノワール-伝統と革新展に、ポーラ美術館からかなりの数の所蔵品を貸し出しているので、ポーラ美術館自体の陳列はどうなっているのか?という、かなり逆バリの訪問でした。(^^;) 西洋絵画の展示室は1室でしたけれど、日本画の所蔵展がそれなりに充実していて見応えがあり、じっくり見ることができました。さすがの所蔵数です。

 昼食は、いつものごとく目星をつけていたお店が長蛇の列でしたのであきらめて、クルマを走らせていた道沿いに、以前、食べたことのある洋食屋さんがあったので、そこでパスタになりました。混み合う時期は、早目のお店入りが鉄則だとは思いつつ…。ポーラ美術館で思っていた以上にゆっくり鑑賞したもので。

 来宮神社はテレビ朝日系の某深夜番組でパワースポットとして取り上げられていたので、立ち寄りました。ちょうど、箱根からお宿へ行くルートにあったので~。(笑)
 樹齢2千年の大楠は存在感ありです。

 伊東マリンタウン(道の駅)で、海を見ながら食べると幸せになるアイスをいただきました。おいし~♪まったり幸せになりました☆

 一碧湖は着いたのが夕方になってしまいました。それはそれで風情があって○。1周約1時間の遊歩道が整備されているので、気軽に散歩できる場所でした。春もいいですけれど、秋の紅葉シーズンもよさそうな場所だと思えました。さて、実際、秋はどうなのでしょうか。

 ちょこちょこと、あちこちに寄ったので、それなりに長い旅行記になってしまいました。そんな伊豆・箱根旅行記の1日目はこちらからご覧下さい。

 

2010年5月12日 (水)

日常で休養

 ゴールデンウィークが終わり、日常生活に戻りました。

 そして、日常生活の中、テレビで…特にBSで…海外の旅行番組、美術番組を見て、心の休養と充電に努めています。

 ここのところ、再放送を含めて私の心をグッと捉える番組が続いているのです。
 昨日は、「ちょっと贅沢!欧州列車紀行」でザグレブ、「ぶらぶら美術・博物館」でマネとモダン・パリ展、今日は「ゆらり散歩世界の街角」でインスブルック、「世界の名画・華麗なる巨匠たち」でカラヴァッジョを取り上げていました。

 ほや~っとお茶を飲みながら、素晴らしい景色や、美術を見られる幸せな時間。

 体力を回復させ&温存させつつ、旅行の情報も仕入れて、一石二鳥とはこのことです。

2010年5月11日 (火)

丸の内建築遺産とモダン・パリのアート

 今日のBS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」は、“丸の内建築遺産とモダン・パリのアート”と題して、番組冒頭で東京駅周辺の明治から昭和初期の建築物を紹介してから、三菱一号館美術館で開催中の「マネとモダン・パリ展」を見学していました。

 砂浜でマネの奥さんとマネの弟のウジェーヌがくつろぐ絵の、奥さんの服に砂が着いているのは、気がつきませんでした。うっわ~、見に行く前にこの番組が放送されていたら、しっかりチェックして来たのに~。残念!

 マネとベルト・モリゾの関係に、小木さんと矢作さんは想像の翼を果てしなく広げていて、そのストーリーが妙にウケました。この番組を見てから「マネとモダン・パリ展」を見に行ったら、一連のベルト・モリゾがモデルの作品の見方が変わったかもしれません。(笑)
 館長さんがおいでになって、お気に入りとして、ネコちゃんの絵(イラスト)が日本の浮世絵風とか解説されて紹介なさっていました。そして、館長さんの一番のお勧めはレモンの絵でした。渋い。

2010年5月 9日 (日)

モンサンミッシェル 再び孤島に

 今日の新聞に、“モンサンミッシェルが再び孤島になりつつある”という記事が掲載されていました。

 もともと遠浅の海に浮かぶ孤島だったのが、1870年代に建設された堤防によって著閏がせき止められたことから、川から流れ込む土砂が島の周囲に堆積して陸地化し、島が海に囲まれることがほとんどなくなっていたそうです。そこで、フランス政府が再び孤島にするプロジェクトを組み、その成果が着々と現れているということです。

 

2005年にモンサンミッシェルを訪れたとき、修道院の展望台から周囲を見ると、海ではなく、砂地に囲まれていたのを覚えています。イメージとして、海の中に佇む修道院であってほしいので、このプロジェクトは私的には大賛成です。

 このまま順調に進むと、2015年ごろには、かつての島に戻るとのことです。

 モンサンミッシェルが孤島に戻ったら、ぜひまた訪れてみたいと思います。

GW終了

 今年のGWを皆さんいかがおすごしでしたでしょうか。

 GWも本日で終了。明日からは日常生活に戻ります。

 今年のGWは、1泊2日の国内旅行をしたり、買い物やお出かけにあちこち動き回ったり、私としては、か~な~りアクティブにすごしました。(^^)v

 そう!今年もGWに自動車を移動手段に使った国内旅行を決行しました。(笑)

 GW中の自動車での移動は無謀かと思いつつ、考えたら(考えてみなくても)、昨年10月のイタリア旅行から泊まりがけの旅行に行っていないので~、じっとしていられなくなってしまったのです。happy01
 気候もよくなって、楽しくて浮かれまくりな旅行の旅行記は、がんばって近日中に公開する予定です。

2010年5月 8日 (土)

ジーンちゃん in ウィーン

 フジテレビの「にじいろジーン」の“地球まるごと見聞録”でジーンちゃんが今日訪ねたのはオーストリアの首都ウィーン。

 ジーンちゃんの今日の1枚はオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后エリザベートの部屋。あの体操器具でピンと来て大正解。(^^)v

 プラフッタのターフェルシュピッツという煮込み肉料理にトライしてみたいです。コンソメスープを卵の細切りを具にしていただくスープは、ドイツで食べたスープに似た感じかなぁ。その後いただくお肉は、お肉の旨みがスープに全部出てしまっているのではないかと思ったりして…。

 ヴィヴィーンのエプロンはステキ。ステキだけど、あのエプロンをして料理をする勇気は私にはないです~。汚したらどうしよう…って思ってしまいますから。

 スイーツのお店のデーメルはウィーンのスイーツの定番ですね。エリザベートの大好物だというゲルストナーのスミレの砂糖漬けは、お土産にいいかなぁ。

2010年5月 1日 (土)

アンデス天空紀行

 今日のTBS「世界・ふしぎ発見!」は“アンデス天空紀行”でした。

 大空を映すウユニ塩湖の絶景に驚愕。テレビに向かって「すごい!綺麗!」を連発してしまいました。以前、「世界の絶景」の番組でウユニ塩湖を見たときは乾季のまさに塩湖=しおの湖でした。今回は、塩湖に少量の水がたまったときのみ鏡の状態になる情景を映し出していました。天地が一体となり、雲の上を進んでいるかのような錯覚を覚える映像。素晴らしい。

 ラグーナ・ベルデでは、渡る風が化学反応を起こし、湖の色が風が進む早さ、方向に青色に変わっていく様は、まるでマジックを見ているかのようでした。

 今日の「世界・ふしぎ発見!」はサブタイトルのとおり、まさに絶景の連続でした。うっとり~。

 野々村さん、パーフェクトおめでとうございます。happy01

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »