2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 最終楽章 後編 | トップページ | 「翔べ、遥か朝焼けの空」 読了 »

2010年4月25日 (日)

マネとモダン・パリ展

 三菱一号館美術館で開催中の「マネとモダン・パリ展」を見てきました。

 マネの「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」がお目当てです。あとは、昔のままに再建された三菱一号館美術館の建物自体が見たかったのもあります。

 三菱一号館美術館(みつびしいちごうかんびじゅつかん)を勝手に略して三号館美術館(さんごうかんびじゅつかん)と呼んでいます。当然、私以外の人には全く通じない、個人的ニックネームです。(笑)

 観覧者の数自体は、そんなにものすご~い人出、ではないと思われます。けれど、三菱一号館美術館が昔のオフィスビルだった当時の間仕切りで再現されているので、比較的広くない展示室が結構あり、そういう広くない展示室では、人口密度が高くなって、混雑しているような気がしました。

 フランス国立図書館やオルセー美術館に所蔵されている、建物の透視図や昔のパリの写真だと、普段、目にする機会の少ないものが、目新しくて、かえって面白かったりしました。

 館内のCafe1894でのランチは45分待った甲斐のあるオシャレでお味もよいランチでした。客の女性比率約90%(私の主観です)でした。

 そんな「マネとモダン・パリ展」の見学記はこちらからご覧下さい。

« 最終楽章 後編 | トップページ | 「翔べ、遥か朝焼けの空」 読了 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最終楽章 後編 | トップページ | 「翔べ、遥か朝焼けの空」 読了 »