2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 女たちの、じぶん開国~ヨーロッパで人生をプチ・リセット~ | トップページ | 早寝早起き »

2010年3月25日 (木)

「進め、骸横たわる荒野」 読了

 本宮ことはさん著「幻獣降臨譚-進め、骸横たわる荒野」読み終わりました。

 以下、簡単なネタバレあらすじです。

 王都でシエネスティータ姫に会ったアリアはひょんなことからシェリカ姫を戦闘の真っ只中にいるライルの元に連れて行き、闘いの現実をシェリカ姫に教える。シェリカ姫を国王の元に送り届けたところで、アリアが耳にしたのは、ライルのいる軍の半分が銃によって壊滅したという知らせだった。

 アリアの成長には目を見張るばかりです。しかもシェリカ姫のことまで気にかけるとは。シェリカ姫には辛いというか酷い現実でしょうけれど、彼女も現実を見据えて成長するのでしょう。
 ライルもいい男ですね。

 しっかし、シエネスティータ姫とクルサードさんが…というのは予想外の展開といいましょうか何といいましょうか。この先どうなるのでしょうか?

 そして、本格的に銃が戦闘に使用されてしまいました。
 ディクスが、これからどう考え、行動していくのか。ため息です。

 ついに、ランドールさんの正体が明らかにされ始めました。気のいい軽くて愉快なお兄さんなだけのはずがないと思っておりました。ふっふっふ。本来の姿を現すのが楽しみです。

« 女たちの、じぶん開国~ヨーロッパで人生をプチ・リセット~ | トップページ | 早寝早起き »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女たちの、じぶん開国~ヨーロッパで人生をプチ・リセット~ | トップページ | 早寝早起き »