2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

彩雲国物語 ~蒼き迷宮の巫女~

 雪乃紗衣さん著「彩雲国物語~蒼き迷宮の巫女」を6時間かけて読み終わりました。

 読み始めるまでに30分くらい躊躇してしまいました。早く読みたい気持ちと…何でしょう、何か読むのが怖いというか、自分でもどうしてだろうかわからなかった想いが何なのか考えて…この1冊を読み終わると、あとは最後の1冊を残すのみになるからなのかなぁということに思いあたりました。

 以下、煩悩爆裂、ネタバレしまくりの感想ですので、未読の方はご注意ください。

-----------------------------------------

 まずは、簡単なあらすじから。

 秀麗は司馬迅と取りあえずのタッグを組む。縹璃桜パパは秀麗に、もう少しだけなら生きてもいいと言う。
 楸瑛が珠翠を助けるために時の牢へ向い、秀麗、リオウくん、迅さんは蝗害対策の書物を調べるために、学術研究殿・隠者の塔へ向かう。そこで、秀麗とリオウは、蝗害の防除方法は既にリオウの母・旺飛燕により10数年前に当時の御史大夫である飛燕姫の父旺季にもたらされていたことを迅から知らされる。彼らが調べるべきは、その後10数年間にもたらされたかもしれない蝗害の駆除方法。
 朝廷では朝議を旺季が仕切る。碧州の被害状況が報告され、碧州州牧は死亡あるいはし州牧としての実務遂行不可能と判断され、州牧代理に欧陽玉工部侍郎が選任、同時に欧陽侍郎から要請の軍の出動に対して羽林軍の出動と黒または白のどちらかの大将軍が指揮官として赴くことが決定した。羽林軍出動に異論を唱えたのは、大番狂わせで景柚梨戸部侍郎。劉輝はなすすべなし。紅州へは旺季さん自身が赴くことになる。
 琴を弾く旺季さんを訪れる劉輝。そこで旺季さんは劉輝にダメだと判断した理由を語る。
 珠翠を時の牢から救出した楸瑛。珠翠は縹瑠花の後継者となる道を選ぶ。
 蝗害の駆除のため、“外”の縹家系社寺に救援を求める秀麗とリオウ。だが、その答えは「瑠花の指示がなくては動かない」だった。必死に説得する2人。大社寺の翁が今まで動かなかったリオウが動かなかったことを認め“今回だけ”動くと言ってくれたとき、縹瑠花が現れ、縹家系全社寺に蝗害の救援のため門を開くことを命令する。

 そして秀麗は、官吏として蝗害を収拾すべく、縹家から“外”に帰って行く。

 

 大雑把な感じではこんなところでしょうか。

 最初の3分の1の、縹家内の話では涙が止まりませんでした。
 今まで単なるお騒がせ迷惑ジイさんキャラだと思っていた璃桜さんの、秀麗への対応を読んでいたら、泣けて泣けて。どうしてだか判らないですけれど涙が溢れました。
 その前のリオウくんと楸瑛の喧嘩漫才は笑わせていただきました♪

 旺季さんの魅力全開。やっぱりカッコイイですよ~。今回、旺季さんだけでなく、孫凌王兵部尚書、新キャラの劉志美さんと50歳~60歳のオジさんキャラが大活躍です。渋くて酸いも甘いも知り尽くして、その落ち着き。いいですね☆
 官吏としても打てる手は全てビシバシ打って。どうしていいか頭が真っ白な劉輝は…。
 劉輝が王としてダメだと見限ったからって、旺季さんを王にしようという考えに賛同する気はさらさらありません。でも、官吏としてやるべきことをきちんとやっていく姿には感銘を覚えます。
 それに、劉輝にダメだと思った理由をきちんと旺季さんは説明していましたし。敵役キャラなのが惜しいほど筋の通った方です。

 そして凌晏樹さん、彼がやはりいろいろイロイロ策謀をしまくっていたようですね。(笑) この手のキャラはそうこなくては♪

 オジさん連中の株が天井知らずに上がって行く中、劉輝は、今回(も?)、かたなし。どん底の下に2番底があったということでしょうか。
 あ、若者の中では、楸瑛がそこそこ、リオウくんがかなり株が上がってますね。

 柚梨さん、侠気ある~。ステキです。

 縹瑠花さんもただ妄執に取り付かれただけのおばあさんでなくて、正直、ホッとしました。縹系全社寺に蝗害への取り組みを号令したときは、縹家一門が心酔するのも頷けます。

 邵可さんが壊した神鏡がただのり離魂用の鏡だったのは驚き。その後、何者かが本物の神鏡を壊していたので藍州が長雨になっていたようです。この何者かは縹家一門の下っ端。それが瑠花さんや秀麗を殺そうとしていた黒幕にそうと気づかないまま踊らされてやった結果だった。

 迅さんの主は旺季さん。でも、瑠花さんを殺そうとした黒幕は別口ですから、他にも暗躍している人がいるわけで、晏樹さんってこと?鄭悠舜さんではないですよね。ないと思いたい…。

 瑠花さんと珠翠を殺そうと狙った人、描写を読んだイメージでは、最初に思い浮かんだのは晏樹さんの弟(いるのか?いたらの話で)で、2番目に思い浮かんだのは茶朔旬でした。いくらなんでもありの縹家の中でも朔ちゃんは…って気もしているのですが。

 全社寺の翁がリオウくんに従うと言ったときにも涙が溢れました。ベタな展開ですけれど、心に響くのです。

 最初と最後にボロ泣きしてしまいました。涙もろい方は、人のいるところ読むと何かとヤバイかも…。

 次巻、最終巻は少し時間を置くようです。どんな結末が待っているのでしょうか。
 ハッピーエンドになるにしろ、ならないにしろ…なってほしいですけれど…納得のいくラストであってほしいです。
 あ~と~、今まではりまくった伏線を全部綺麗に片付けていただきたいです。伏線はっただけ~はなしでお願いします。

2010年3月28日 (日)

美の巨人たちスペシャル

 BSジャパンの「美の巨人たち 放送500回記念スペシャル 小林薫が行く!愛と野望の美の宮殿」を見ました。
 テレビ東京では、27日・28日の2日に分けて放送したものをBSジャパンでは28日に一挙に放送です。で、私は一挙放送を観ることを選びました。(笑)

 オーストリアのシェーンブルン宮殿、フランスのヴェルサイユ宮殿、ロシアのエルミタージュ宮殿(美術館)を取り上げています。

 ほ~、シェーンブルン宮殿は110年ぶりの世紀の大修復をしているのですかぁ。そうなると、当分、オーストリア旅行は控えた方がいいのかな。折角行って、修復中で宮殿の大ギャラリーの大天井画が見られないのは…ですから~。放送によると修復に3年かかるようなので、オーストリアに行くのは3年後以降になるのかなぁ。
 ナレーターを担当なさっている小林薫さんが案内役なので、落ち着いた感じで見られるのがいいですね。
 シェーンブルン宮殿の最上階は賃貸アパートになっているそうです。住んでみたいような、いろいろ制約がありそうだから住まないほうがいいような、ちょっと微妙…かな。(^^;)

 マリア・テレジアのスープを再現しましたか。“筆舌に尽くし難い”味ってどんな味?美味しいのか美味しくないのか…。2日間も煮込んで布で漉して、手間隙掛けてとったスープを小林さんが試食。その感想は「近い言葉でいえばすき焼きの割り下だね。」だそうです。
 日本の徳利を壁に飾られても…。日本人としてはその飾り方に…。

 番組はマリア・テレジアのシェーンブルン宮殿から、マリア・テレジアの娘マリー・アントワネットが嫁いだヴェルサイユ宮殿に移ります。

 ヴェルサイユ宮殿は2005年5月に行ったばかり…って、もう5年近い歳月が流れているのですね。はぁ~、またパリに行きたくなってしまいます。
 私が行ったときは修復中だった鏡の間の修復は終わっているのですか。ほぅ。ああ、いいですねぇ。テレビで見るだけでもうっとり~。(笑)
 天井画の一部に日本の甲冑が描かれています。知りませんでした。これは実物を見たいですね。
 王妃の間の隠し扉から続く、普段は非公開の部屋までテレビカメラは入っています。羨ましい。そこにはマリー・アントワネットのごくプライベートな部屋がありました。
 ここでも、料理の再現がありました。(笑) 好きですね、再現料理。マリー・アントワネットが好きだったスイーツを再現。おいしそう☆食べた~い♪
 プチ・トリアノンもいつか行ってみたいなぁ。プチ・トリアノンの寝室はシンプル。一人になりたい、人目を気にしたくない、そんな心境だったマリー・アントワネットがそこにいるのですね。
 非公開の王妃の劇場にも入りましたか。ため息ものですよ~、羨ましすぎ、小林さん。何か演目を上演して、そのときだけ一般公開とかしていないのでしょうか?綺麗にしていますから、全くの非公開とは考え辛いのですが…。どうなのかなぁ。

 最後は、エルミタージュに移ります。エルミタージュは、外壁がパステルグリーンというか可愛い緑色で、厳めしい外観を想像していたのとは全く違う佇まいです。内部は宮殿していて絢爛豪華な装飾に溢れて居ます。
 黄金の客間は、黄金で満ち溢れていてペカペカ。スゴイ!の一言。孔雀石の間の緑色の柱も目が覚めるような緑で、素晴らしいです。
 エルミタージュにはレンブラントが22枚もあるのですかぁ。エルミタージュにいつか行くのは夢です。1日中いても見足りない気がと~ってもします。(笑)
 レオナルド・ダ・ヴィンチの間。陶酔。
 やはり、エルミタージュ美術館は1度は行きたいですよね~。美術館としてもその所蔵品は膨大ですし、エルミタージュの建物自体がもともと宮殿ですから、宮殿としての部屋も見所が満載だと今回の番組で知りました。エルミタージュかぁ…。

 池田理代子さんのコメントも番組にマッチしていたように思えます。

 合間合間に入ったBar宮殿倶楽部での小芝居が実は気に入っていたりして…あ~!!オーナー役の女優さんの名前が思い出せなくて誰だろうとず~っと思っていたのですけど、もしかしたら田島令子さん?!そういうことですか~。田島さんだったら、アニメの「ベルサイユのばら」のオスカル役を演った方ですから、そういう繋がりですか。制作スタッフにこういうのがお好きな方が絶対にいますね。(笑)

優勝おめでとうございます

 

浅田真央選手、フィギュアスケート世界選手権優勝おめでとうございます

 真央ちゃん、優勝おめでとうございます。

 ショートプログラム、フリーで1回、トリプルアクセルが回転不足をとられて、少々残念なところもありましたけれど、その他はミスなく演技して、直接対決で堂々の優勝です。
 バンクーバーオリンピックに照準を合わせていて、その後、心身ともに世界選手権に向けるのは難しかったでしょうけれど、最小限の減点に抑えてまとめた気持ちの強さに精一杯の拍手を送ります。同じ条件であるはずのキム・ヨナ選手がショートプログラムで崩れたのに、真央ちゃんはほぼ完璧に滑りきったのは、バンクーバーで銀メダルだった悔しさがバネになったのでしょうか。
 真央ちゃん、おめでとうございます。ゆっくり休んで、それから来シーズンに向けてのヴィジョンを考えていってください。来シーズンの活躍を期待しています。

 真央ちゃんのフリーの演技中は、クッションを抱えてパソコンの画面を見つめていました。
 はい、パソコンです。あちこち彷徨っているうちにRadio Canadaさまがネットで中継しているのを知りまして、最終グループの6人の方の演技は、リアルタイムで見る事ができました。Radio Canadaさまありがとうございました。感謝感謝です。
 知ったのが遅かったので、安藤美姫選手、鈴木明子選手、キム・ヨナ選手の演技はもう終了してしまっていました。残念!こちらは、今夜のフジテレビの放送を拝見いたします。

 美姫ちゃん、明子さん、ヨナさんも順位を上げていたので、フリーでは演技が持ち直したのようですね。
 それぞれ、大変なものを抱えての世界選手権だったのではないかと思います。来シーズン、また、今後の飛躍を楽しみにしています。

 長洲未来選手は、ショートプログラムを見た段階では、物怖じしない性格のように拝見したので、このまま優勝まで突っ走るかと思いましたが、やはりプレッシャーがあったようで、フリーではジャンプにミスが出てしまいました。これも経験。来年の世界選手権にこの経験を活かしてください。ソチオリンピックが楽しみな選手です。日本選手にとって強力なライバルの出現ですね。

 これで、世界選手権は男子・女子ともに日本選手が優勝。しかもジュニアの世界選手権でも男子は羽生結弦選手が、女子は村上佳菜子選手が優勝していますから、今シーズンの世界選手権はシニア・ジュニアとも日本選手が制覇ですね。これはすごい快挙です。
 これからフィギュアスケートの選手の皆さんの活躍への期待が膨らみます。

 そして最後に、表彰式まで完全生中継してくださったRadio Canadaさまに改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。m(_ _)m

2010年3月27日 (土)

スペインわがまま旅

 フジテレビの「榊原郁恵・横山めぐみのスペインわがままツアー グランドマスター添乗員と行く情熱の国」を見ました。

 昼食を食べながら、まったり見るにはまあいいでしょうか。

 某旅行会社のカウンターで勧められたその会社の某ブランドの添乗員付きの旅…にしては、郁恵さんとめぐみさんともうお一方の女性と、3人で好きなところに行き放題。完全にツアーではないですよね。(^^;) テレビのロケなのですから~、そんなの当たり前ですけど~?!(笑)
 だったら、番組冒頭に某旅行会社のカウンターを出さないほうがいいのでは?この会社のツアーで行くと、自分たちの好きなところへ連れて行ってもらえて、好きなものを食べられると大いなる勘違いをしてしまう人がでるのでは?などと、勝手に要らぬ心配をしてしまいました。余計なお世話ですね。はい、すみません。m(_ _)m

 マドリードで、マノロ・グラニクでしたっけ、有名靴屋さんでお買い物して、夜はBarめぐりして、タパスをつまんでお酒を飲んで、郁恵さんご希望のイベリコ豚を食べて。
 靴1足で、リーズナブルなツアーだったら台湾4日間か5日間行けるなんて~!!!と、つい思ってしまう私は永遠にセレブ御用達の高級靴屋さんには縁がなさそうです。海外旅行で何に重点を置くかの問題なので、それは人それぞれなのでしょう。
 Barめぐりでその店お勧めのタパスをつまむのには心が動かされますが…。

 バルセロナでシーフード・パエリアなどを食べたお店はオリンピア港にあるとのことで、同じお店ではないと思うのですけれど、2000年にスペインに行ったとき、多分、オリンピア港にあるレストランで昼食を摂ったと思います。何か港の風景に見覚えがあるのですよね~。
 サグラダ・ファミリア(聖家族教会)のライトアップ(19時30分~)は、見たいなぁ♪

ジーンちゃん in イスタンブール

 今日のフジテレビ「にじいろジーン」の地球まるごと見聞録のコーナーでジーンちゃんが訪れたのはイスタンブール。今日はいつものジーンちゃんの地球まるごと見聞録でした。よかったぁ♪

 イスタンブールは2007年4月に訪れたことのある街なので、いろいろ思い出したりして、楽しい放送でした。

 軍楽隊も行きましたよ~。テレビに向かって、「行った!行った!」と大喜びしてしまいました。(笑)

 食べ物のケバブは美味しかったです~。サバサンドは食べなかったのですけれど、手軽な旅のファストフードの感じですね。ただ、売っている船がすっご~く揺れているのが見ていて怖かったです。(^^;)
 ドンドルマ(のびるアイスクリーム)のお味はまぁ普通だったような記憶が…。
 濡れたハンバーグは…個人的にトマトケチャップ系が苦手なので…。食べたことないのですが…。m(_ _)m

 ショッピングの最初にグランドバザールが紹介されたときはどうしようかと思ってしまいました。観光客用で、普通に買い物を楽しむ場所ではないような気がとってもしているもので。(^^;)
 そうしたら、すぐに、近くの別の落ち着いたバザール…アラスタバザールでしたっけ…に案内してくれたので、ホッとしました。あそこならゆっくり品物が見定められそうですね。
 フェルトのトルコの人間国宝さんがいらっしゃるのですか~。初めて知りました。お値段を聞いたら、自分用のお土産だったら手の届く範囲…帽子で4~5千円…なので、それだったら買えるかなっと。wink ジーンちゃんが作ってもらった赤の帽子、とってもよく似合ってましたよ~。ずっと被ってたらよかったのに。

 イズニックタイルが使われたリュステム・パシャ・モスクも雰囲気良さそうですね~。行ってみたいです。

2010年3月26日 (金)

祝☆優勝

 何か月ぶりかで早朝4時45分に起きて、しっかりフィギュアスケート世界選手権の男子フリーを見ました。

 ショートプログラム4位の小塚崇彦選手は、もう少しでメダルに手が届くプレッシャーがあったのでしょうか、フリーの演技は残念な結果でした。世界選手権のメダル争いの経験を活かして、来年は一回りも二回りも成長した姿を見せてください。

 そして、髙橋大輔選手

 世界選手権優勝おめでとうございます☆祝金メダル

 バンクーバーオリンピック終了後1か月。オリンピックを目指していた気持ちと身体を世界選手権での闘いに向かうのは大変だったでしょう。それが、4回転フリップを挑戦しての優勝。判定は回転不足を取られてしまったとはいえ、新しいことにチャレンジするその気持ちに脱帽です。
 バンクーバーでは手の届かなかった金メダル。世界選手権で手にしました。得点だけ考えればバンクーバーで金メダルを獲ったライサチェック選手の得点よりも、今回の世界選手権の髙橋選手の得点の方が上です。同じ土俵(あ、リンクですね)の上での闘いでなければ、何とも言えないのかもしれないですけれど、立派な得点であり、優勝です。
 日本人男子フィギュアスケート選手として、初めての頂点。おめでとうございます。

 テレビを見ていて、演技が終わったとき思わず安堵のため息をもらしていました。自分でも気づかないうちに、息をのんでテレビ画面を見つめていたようです。本当にフィギュアは見ている人間もどきどき心臓によくない競技です。
 結果が出てからのニュース映像は、安心して見ていられました。(笑)

 来シーズンに向けてしばらくは休養して、新たなチャレンジをしてください。

 優勝おめでとうございます。

2010年3月25日 (木)

早寝早起き

 フィギュアの男子のショートプログラムを録画してみたら、びっくりな展開でした。

 高橋大輔選手は、バンクーバーオリンピックの金メダリスト・銀メダリストが出場しない今大会で、順当にと言っていいのでしょう、ショートプログラムでトップに立ちました。(拍手)

 小塚崇彦選手は、ショートプログラムの自己ベストを更新して4位につけました。(拍手)
 バンクーバーでの8位入賞の自信が糧になって更なる飛躍に向かっている感じです。

 織田信成選手は…えっ!えっ!!えっ!!!と思う間に、ジャンプが全て抜けてしまいました。1回や2回ならともかく、ショートプログラムの3回の全てのジャンプが、です。見ていて我が目を疑いました。織田くんに、一体、何が起きたのでしょう…。
 バンクーバーでの悔しい想いをぶつけたいという想いが空回りしてしまったのでしょうか。28位で、フリーを滑れないということです。
 来シーズンに巻き返しを計られることを祈っています。織田くん、信じています。

 男子のショートプログラムは夕方の放送。フリーはライブ放送といえば聞こえはいいですけれど、早朝4時45分から7時の放送。女子はショートプログラム・フリーともにゴールデンタイムの放送するのに…。
 男子のフリーの演技をライブで見たいので、明日、早起きするために、今夜は早寝です。

「進め、骸横たわる荒野」 読了

 本宮ことはさん著「幻獣降臨譚-進め、骸横たわる荒野」読み終わりました。

 以下、簡単なネタバレあらすじです。

 王都でシエネスティータ姫に会ったアリアはひょんなことからシェリカ姫を戦闘の真っ只中にいるライルの元に連れて行き、闘いの現実をシェリカ姫に教える。シェリカ姫を国王の元に送り届けたところで、アリアが耳にしたのは、ライルのいる軍の半分が銃によって壊滅したという知らせだった。

 アリアの成長には目を見張るばかりです。しかもシェリカ姫のことまで気にかけるとは。シェリカ姫には辛いというか酷い現実でしょうけれど、彼女も現実を見据えて成長するのでしょう。
 ライルもいい男ですね。

 しっかし、シエネスティータ姫とクルサードさんが…というのは予想外の展開といいましょうか何といいましょうか。この先どうなるのでしょうか?

 そして、本格的に銃が戦闘に使用されてしまいました。
 ディクスが、これからどう考え、行動していくのか。ため息です。

 ついに、ランドールさんの正体が明らかにされ始めました。気のいい軽くて愉快なお兄さんなだけのはずがないと思っておりました。ふっふっふ。本来の姿を現すのが楽しみです。

2010年3月23日 (火)

女たちの、じぶん開国~ヨーロッパで人生をプチ・リセット~

 NHK総合で23時から23時25分に放送された「女たちの、じぶん開国~ヨーロッパで人生をプチ・リセット~」は、BShiで3月13日に放送された「ヨーロッパ極上旅プラン~あなたのワガママ応えます!~」のダイジェスト版。

 BShiで90分で放送された番組を25分に編集して放送するとは、NHKさまも大胆な編成をなさいますね。3分の1にカットするなんてびっくり。

 フランス、ドイツ、イタリア、スペインの4月からの新しい語学番組の出演者、原沙知絵さん、片瀬那奈さん、知花くららさん、萬田久子さんが登場して、“ユーロ極上トラベル”がそれぞれの国の癒しのスポット、コンテンツを紹介してくれました。

 時間が3分の1になったのですから、全ての国を均等に紹介するのは時間的に無理だったらしく、フランスとドイツは簡単な紹介でお終い。私の一番のお気に入りだったドイツの岩塩坑はインタビューに応える女性のコメントだけだったのが少し哀しかったりして…。

 イタリアのボッロ村のアグリツーリズモのゆったりした生活での癒し。
 スペインのバルセロナでの女性だけの旅での人とのふれあいでの癒し。

 どれかにスポットを当てないと、結局、どれも中途半端になりますから、4つのうち2つに絞ったのも頷けますが…。

 4月4日にまた「ヨーロッパ極上旅プラン~あなたのワガママ応えます!~」が放送されるようなので、そこでもう1度癒されようかなぁ。

「十津川警部 謎と裏切りの東海道-徳川家康を殺した男」 読了

 西村京太郎さん著「十津川警部 謎と裏切りの東海道-徳川家康を殺した男」を読みました。

 西村さんの歴史シリーズ(?)の徳川家康編とでもいいましょうか。今回も十津川警部と亀井刑事は、登場人物の歴史観の聞き手のような立場で登場しているような感じがします。

2010年3月21日 (日)

実験

 20日に3時間ほどカメラを片手に散策をしました。

 フル充電してフルオートで写真を撮るとき、自分自身のペースで被写体にカメラを向けたら何枚くらいの写真が撮れるのか、旅行に備えての実験してのです。結果は、3時間で120枚撮ってもまだバッテリー残量表示は減っていませんでした。

 バッテリーは減るときには急激に減少するとは聞いていますけれど、3時間で120枚撮ってもまだ残量があることに、ひとまず安心しました。これなら、半日観光して半日移動するパターンでも十分にカバーできます。

 予備のバッテリーもありますので、午前2時間、午後2時間の観光でも何とかなりそうです。これで、次の旅行はフルオートにモード設定をして撮影しましょう。

 イタリア旅行では、自分でかなり頻繁にモード選択していたのですけれど、それが結構煩雑だったり、イマイチ自分のモード選択が被写体にマッチしていなかったときがあるような気がするものですから、次の旅行ではオマカセにしてみようかなと思ったりしているのです。

2010年3月20日 (土)

ヨーロッパアルプス

 今日のNHK総合の「ワンダー×ワンダー」は、ヨーロッパアルプスでした。

 紹介されたのは、モンブランとマッターホルン。

 最初に登場したのは、アルプスの最高峰モンブラン。
 ロープウェイを作るときの映像が流されました。高所恐怖症の私には見るだけで奮えがくる簡単なロープウェイで人、資材を運んで徐々に建築していく方法。50年の建造。ただただ頭が下がります。
 モンブラン登山で稜線を歩く登山者の皆さんの姿が紹介されました。あの稜線を歩くのは勇気が要ります。少しでも足を踏み違えたら、麓のシャモニ・モンブランまで一直線…。私は、エエギーユ・デュ・ミディの展望台から観るモンブランの姿で十分です。

 奇跡の造形マッターホルンで人気の高いマッターホルンの映る湖めぐり。そこで紹介されたのがリッフェルゼー(湖)。リッフェルゼー!行きましたよ~。逆さマッターホルン(湖面に映ったマッターホルン)も運よく見られました。は~、懐かしい。happy01
 羊飼いのおじいさんのもうひとつの職業は、勝村さんが最初に言ったジンギスカン屋さんのオヤジさんが一番正解(レストランの創業者)に近かったですね。(笑)

 

2006年7月のスイス旅行のときのことをあれこれ思い出して、テレビの前で大はしゃぎしてしまいました。lovely

 

衣替え?

 フジテレビの「にじいろジーン」を見ていたら、いつものジーンちゃんのいつもの地球まるごと見聞録ではなく、“世界のじいちゃん!ばあちゃん!唯がいくがらな~”が始まりました。
 コーナーの冒頭を見逃したのでよく判っていないのですが、コーナーがリニューアルしたのでしょうか?

 パラオの海は綺麗です~。

2010年3月19日 (金)

春だから…?

 春眠暁を覚えずの詞どおり、最近、とみに眠たい今日この頃です。

 春だから眠いのか、夜眠る時間が遅くて相対的に睡眠時間が短くなっているために眠いのか、果たしてどちらでしょうか。
 夜、眠るのが遅いといっても本を読んでいるわけでもないですし…。読みかけの十津川警部シリーズの小説をこの3連休中に読み終わりたいなぁ。
 4月1日には、いよいよお待ちかね!の小説が発売されますから~。

 などと、ブログを書いているのも、もう結構遅い時間です。(^^;)

2010年3月17日 (水)

2010年春から夏の美術展

 数多ある2010年春から秋の展覧会の中で、私が気がついた範囲内で私の心の琴線に引っかかった展覧会が、下記の2つの展覧会です。

 2つのうち1つは既に前売り券を購入しているので確実に行きます。もう1つはどうしようか考え中…果たしてどうなるでしょうか。

 

マネとモダン・パリ展  三菱一号館美術館 
2010年4月6日(火)~7月25日(日)
 今年4月に東京・丸の内にオープンする三菱一号館美術館の開館記念展となる本展は、マネの芸術の全貌を、当時のパリが都市として変貌していく様子と結びつけながら、代表的作品により展覧しようとするもので、マネの油彩、素描、版画80点余が出品されます。また、同時代の作家たちの油彩、建築素描、彫刻、写真など約80点もあわせて展示し、マネが生きたパリの芸術的な背景も紹介します。(公式ホームページより)

 

ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち  森アーツギャラリー 
2010年4月17日(土)~6月20日(日)
世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館が誇るヨーロッパ絵画コレクションから、16~20世紀の選りすぐりの名画80点が日本へやってきます。(公式ホームページより)

2010年3月15日 (月)

空から見た地球。

 テレビ朝日「空から見た地球。あなたの知らないこの星の奇跡」を見ました。

 高橋克典さんがアフリカの大地を旅していました。

 エチオピアのコーヒーセレモニーは旅友さんの撮影したビデオで見たことがあったので、ちょっとはしゃいでしまいました。コーヒーのお味がお気に召したのか、高橋さんはおかわりをしていました。
 アジスアベバからヘリで20分で断崖の渓谷。断崖の上の尾根にも家々があり、人々の生活がある、
 地球の裂け目、アフリカ大地溝帯。そのスケールに目を奪われます。CGでの成り立ちは判り易かったです。

 ゲラダヒヒの子供、プリティ♪アフリカハゲコウはひょうきんな顔☆

 ズワイ湖のフラミンゴ、ブルーの湖上を乱舞するピンク色のフラミンゴの大群。ブルーとピンクの見事なコントラスト。絶景にうっとり。
 湖面に顔を出しているカバさんの顔って愛嬌があります。

 ケニアのマサイマラ国立公園は、オレンジの大地、若草色の緑地。
 河を渡るヌーの大群が渡り終わった後、河には踏みつけられて死んだたくさんのヌーの死骸が浮いていました。強い者が生き残る厳しい世界。

 緑、黄緑、イエロー、黄、橙、オレンジ、朱の大地、ダロル窪地。その大地は固いそうです。上空から見たイメージでは、やわやわな感じを受けましたが、違っていたようです。地球にこのようなところがるのですか。
 かつて海底だったダロル窪地は時代を経て私たちに奇妙な絶景を魅せてくれる。
 レモン色の液体が噴出しているのは、地球が脈打っているように思えました。

 いつまでも、地球の鳴動が続きますように。

2010年3月13日 (土)

あなたの知らない温泉天国

 今日のTBS「世界ふしぎ発見!」は、「あなたの知らない温泉天国 台湾」と題して、台湾の温泉と温泉地を紹介しました。

 烏來の風景は古きよき時代の日本の温泉外の風景のイメージと同じでした。
 烏來の老街の野菜料理、おいしそう。葉の裏と表が違う野菜を食べてみたいです。女将さん、いい味出してました。wink
 春秋烏來は、雰囲気いいですけれど、日本人観光客用の価格設定ですか?

 関子嶺の火の上がっている温泉にもビックリして目が釘付けです。

 次なる秘湯では、河原を掘って自分だけのマイ温泉を出しましょう。自分で掘らなくても前の人が掘ったお手製の温泉がありました。温泉が吹き出しています。ぷくぷくぷくぷく。面白~い♪

 水晶を使用する台湾の方の日常用品は枕ですか。私の第一印象は数珠でした。誰かと一緒です。(爆笑) 枕に水晶が入っていて、痛くないのでしょうか?それが不思議です。

 北投温泉には地獄谷があるのですかぁ。100年以上前に日本人が作った銭湯(瀧乃湯)が現在も現役で使われているそうです。タイムトリップしたような雰囲気です。
 明治時代に作られた旅館(星乃湯)も明治の頃の日本の旅館の風情です。オーナーは現在は台湾の方だそうです。

 台湾で獲れる上質な作物は、何と!コーヒーでした。黒柳徹子さんとアンガールズの山根さんと田中さんが正解。お見事!
 黒柳さんがパーフェクト達成です。拍手paperpaperpaper

 私的に美食の国のイメージのあった台湾。温泉の国でもあるのですね。台湾にまだ行ったことのない私は…まずは美味しいものの食べ歩きでしょうか。それから、温泉でゆったりまったりかな。いずれにしろ、楽しみな国には違いありません。

ヨーロッパ極上旅プラン~あなたのワガママ応えます!~

 NHK BShiで放送された「ヨーロッパ極上旅プラン~あなたのワガママ応えます!~」を見ました。この番組は2010年度の語学番組関連だそうです。これらの語学番組に出演する萬田久子さん、原沙知絵さん、知花くららさん、片瀬那奈さんら4人がスタジオ出演し、イタリア、ドイツ、フランス、スペインの極上の旅の模様を見たり、それぞれの国のワインを飲んだりしながら、旅を語り、文化などを紹介する番組でした。

 土曜日の午後にふさわしい、まったりした番組でした。

 旅しているレポーター役の男性さん地震が癒されているみたいで、微笑ましかったです。

 ドイツの岩塩がよかったかなぁ~。

 イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語を話せたら、旅もきっと、もっと充実するものになるのでしょう。でも、個人的にはいかんせん、まだその前に英語すら…。

ジーンちゃん in カンボジア・プノンペン

 今日のフジテレビ「にじいろジーン」の“地球まるごと見聞録”でのジーンちゃんの旅先はカンボジアのプノンペン。

 カボチャのスイーツ、カボチャの種の部分をくり貫いて、そこにプリンの生地を入れて蒸すのですね。面白~いhappy01 おいしそ~で食べてみたいです~。

 チュナンダイという鍋料理が紹介されていました。カンボジアにも鍋料理があるのですね。鍋料理は、寒いときに食べるものだというイメージなので、暖かい…暑いですか…カンボジアのイメージではなかったのですが、こちらにも興味をそそられました。黒胡椒にライムをしぼったツケダレがあっさりしてそう。

 牛の丸焼きがごろごろとあるのにビックリ。まるごと時間をかけて焼いているので、油が落ちて想像するよりもあっさりしてるそうです。

 そして!カンボジアで観光といえばアンコールワット。気球に乗りたいです~!!タ・プロームの遺跡に生える樹木も見たいですし、いつかはアンコールワットに行きたいです。

2010年3月12日 (金)

「岐阜羽島駅25時」 読了

 西村京太郎さん著「岐阜羽島駅25時」での十津川警部は大胆です。

 2人の被害者が同じ本を持っていたことから、その著者が犯人ではないかと推理し、何と!2億円も使ってしまうのです。いや~、十津川警部すごいです。
 そして、いつもなら到底そういうことを許しそうにない三上刑事部長、どうして今回に限って許してしまったのでしょうか。それとも、三上刑事部長の許可を得るのに紙面には書かれていないやりとりが、十津川警部と三上刑事部長との間になされたのでしょうか。

 もう1つのテーマがクローン。
 ついにクローンまで踏み込みましたか。いやいや、もう言葉がありません。

 それにしても、あの幕切れって…。

 これで、結末を迎えて、物語は完結ですか?

2010年3月11日 (木)

茨城空港開港

 当初、首都圏の第3空港の役割を期待されていた茨城空港が、本日開港しました。

 首都圏の第3空港の役割を期待されたのは、“当初”です。開港した今現在は…です。

 開港時に、定期便が就航したのは、ソウルー茨城を結ぶアシアナ航空のみ。今日は、チャーター便の運航があったようですが、国内線は来月になってから神戸便が就航するそうで、それまで定期便は1日1往復です。

 ソウルに飛んで、ソウルを欧米、アフリカへの遠距離便への乗継地とする可能性がありますか。
 う~ん、成田から飛んで欧米で経由して目的地へ飛ぶのとどちらが楽なのでしょうか。成田から直行便がある空港へは、直行便の方を選ぶような気もします。

 東京と直接結ぶ交通網がないため、1300台の無料駐車場が整備されています。アクセスがクルマですか。
 自動車の運転がお世辞にも上手とは言えない自分としては、往路はともかくとして、ヨーロッパからの復路で長時間のフライトの後、茨城空港から自宅へ自動車を運転して帰る気には到底なれません。
 趣味がドライブの方や、今現在、成田を利用していてなおかつマイカー利用の方は大丈夫ですね。

 新たな展望が見出されるのを祈るのみです。

2010年3月 9日 (火)

さ~む~い~!

 超寒いですcrying

 手指の指先が冷たいんですけどぉweep
 今って3月のはずですよね…。今夜は久々に湯たんぽを使おうと真剣に考えています。

 明日こそ、天気予報どおり、今日よりも暖かくなりますように。(切望)

2010年3月 8日 (月)

「日本人の知らない日本語2」 読了

 蛇蔵さん&海野凪子さん著「日本人の知らない日本語2」を読みました。

 80%は漫画なので、さらっと読め&漫画で描かれているのでイメージしやすく、何度大笑いしたことでしょう。電車やカフェなど、自宅外で読むときは要注意です。happy01

 外国人さんのユニークな視点、直球な質問にたじたじです。

 外国人の方の日本化を畳化(フランス語)と言うのを初めて知りました。いくつかは知っていていくつかは知らなくて、ホ~でした。

 作文のテーマを「自由です」と日本語教師さんがおっしゃるので、「は~、好きなテーマで書いていい作文でどう落とすのかな」と思ったら、提出された作文は“自由”について論じていました。おお!そう来たか!です。確かにそうとも受け取れますね。なるほど~。

 ということで、肩を凝らずに、でも少し日本語について考えられる1冊です。

2010年3月 6日 (土)

ジーンちゃん in ブカレスト

 今日のフジテレビ「にじいろジーン」の“地球まるごと見聞録”でジーンちゃんが旅するのはルーマニアのブカレスト。

 最初に、オレンジ、りんご、シナモン、香辛料の入った冬の飲み物は?に思いっきり「グリューワイン!」と叫んでいました。それってドイツのクリスマスマーケットの名物でしょう。(笑)>自分

 グルメで紹介されたチョルバというシチュー、おいしそ~であたたまりそうです。街が雪で覆われていたり、川が凍結したりしている映像を見た後だったので、余計、温かそうでほんわかしました。
 そして、冬の名物の飲み物はホットワイン。当たらずとはいえ遠からず?それともOK? 温めずに飲むスペインのサングリアにも近いかな~と思いました。それにしても、ホットワイン1杯90円て何事ですか?安い~♪

 美容はジェロビタールでしたっけ、アンチエイジングのクリーム。ジェロビタール研究所でのエステ50分が4,500円。街のエステのアカシアの蜂蜜を使ったエステが30分1,500円。う~ん、蜂蜜のエステにトライしてみたいかも。happy01

 そして、夜のエンタテインメントはオペラ。予想はクラブ系だったので、グッと高尚で驚き。チケット代が200円~1,500円というのはスゴクありません?1,500円でボックス席はいいですねぇ。1,500円なら、私でも手が届きます。lovely

 ルーマニアですかぁ。いつかは行きたいなぁ。

2010年3月 5日 (金)

三寒四温というものの

 三寒四温というものの、昨日と今日の気温の差は何事ですか?!

 昨夜、天気予報で今日の予想最高気温と昨日の最高気温の差を見て、我が目を疑いました。なぜなら、昨日の最高気温よりも、差の方が大きな数字だったのですよ!
 そして、予報どおり暖かな春の1日になりました。

 はい、暖かいのはと~ってもありがたいです。でも、この気温差は、「体調にご注意ください」と言われても、どうにかなりそうな気がしてしまいます。
 し~か~も~!明日はまた寒いとか…。三寒四温でも、もう少し、寒暖の差が緩やかだと助かるのですが…。と、気候にお願いしてもダメで…ですよね。(^^;)

2010年3月 3日 (水)

アルプスの登山電車

 集英社の「DVDでめぐる世界の鉄道 絶景の旅 vol.01 アルプスの登山電車」、CMを見て、次の日には本屋さんに買いに走っていました。(笑)

 創刊号のスイス① アルプスの登山電車は50分DVD付きの590円。
 “DVD付き”というか、DVDでめぐる世界の鉄道というタイトルが示すとおり、DVDがメインだと思います。 

 2006年7月のスイス旅行のときに乗ったユングフラウヨッホに向かうベルナーオーバーラントの鉄道にかなりの時間が使われていて、旅行のときを思い出しながら、嬉々として画面を見つめました。懐かしいです~。これで、590円はお買い得♪…創刊号なので590円で、第2号以降は1,200円のようですが…。

 おそらく全巻揃えるのではなく、行ってところ、これから行きたいと思っているところをピックアップして、購入する感じになるのかなぁ。隔週木曜日発売だそうですから、うっかり忘れていそうです。(^^;)
 今のところ、氷河特急の号は、絶対購入!と思っています。happy01

 3月中の発売予定は以下のとおりです。

 2号:「魅惑のオリエント急行」 付録50分DVD2枚組 3月11日(木)発売
 3号:「イギリス① 鉄道発祥の国」 付録50分DVD  3月25日(木)発売

2010年3月 1日 (月)

バンクーバーオリンピック閉幕

 バンクーバーオリンピックが閉幕しました。開会式と違って、参加国の旗手さんたちが国旗を携えて集団で登場した後に、選手団の皆さんが国ごとにまとまって登場されました。

 闘い終えて、選手の方々がリラックスした表情で閉会式に臨んでいらっしゃるのが印象的でした。
 閉会式のいろいろなイベントを楽しそうにビデオや写真に収めたり、選手の方同士で記念撮影してらっしゃる姿が印象に残りました。

 満足するパフォーマンスを行えた方も不本意な結果に終わってしまった方もお疲れさまでした。
 そのひとつひとつの競技に手に汗握り、はらはらドキドキしながらテレビ画面に向かって声援を送っていました。
 感動をありがとうございます。

 カナダの女子フギュア選手のロシェット選手の精神力には、ただただ頭の下がる思いです。あの状況下での素晴らしい演技、見ている私の方が涙ぐんでしまいました。

 ひとまず競技から離れる皆さん、4年後のソチオリンピックを目指してまた日々の練習に戻る皆さん、全ての皆さんの前途が幸多いことをお祈りしています。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »