2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ツタンカーメンの謎 解明? | トップページ | 成田スカイアクセス »

2010年2月19日 (金)

「十津川警部 あの日、東海道で」 読了

 西村京太郎さん著「十津川警部 あの日、東海道で」 読みました。

 タイトルどおり十津川警部シリーズです。

 冒頭、日下刑事の5年前の大学生時代の経験から物語がスタートします。何だか、そちらに重点が置かれて、現在の事件、つまり十津川警部が指揮する発端となった事件についての扱いの比重が随分と軽いように感じました。現在、起こった事件から手繰って行ったほうがよかったのではないのかなぁと、勝手に思ったりもしました。

 そして久々、私立探偵の橋本さんが登場しているのはいいとして、橋本さんがそういうことをするだろうか?と疑問に思える行動をしています。百歩譲って、十津川警部を欺くとしても、武器を調達して渡すというのは、どうも考えにくいのですが…。

 事実関係も少々???と思えるところがあるストーリー展開でした。犯人の動機も、被害者関係者の行動も、私的には???でした。

« ツタンカーメンの謎 解明? | トップページ | 成田スカイアクセス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツタンカーメンの謎 解明? | トップページ | 成田スカイアクセス »