2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« フリードリヒ大王の憂いなき砦 サンスーシ宮殿 | トップページ | 「英語ができない私をせめないで!」 読了 »

2010年2月10日 (水)

7SEEDS17

 田村由美さん作の「7SEEDS」(セブンシーズ)17巻を読みました。

 以下、私情に走りまくったネタバレの感想ですので、未読の方はご注意ください。

-------------------------------------------------

 簡単なあらすじから。

 夏のBチームと出会い、奇妙な共同生活(?)を始めた安居と涼は、夏のBチームの面々のお気楽な生活態度に本性を隠しているのではないのかと疑いをもちつつ観察している。
 ナツを茂に重ねあわせて何かと世話を焼く安居は、夜中の徘徊がストップする。

 涼は、テストなしでこの世界にきた夏のBチームにテストを始める。果たして夏のBチームの面々はそのテストを乗り切れるのか…。

 

 というような感じでしょうか。今回は、結構、完結にまとめられたと自己満足。happy01

 蝉丸くんが言っているように、人は自分がされたことだから人にしないタイプと、自分がされたから人にするタイプの2つがあり、涼は完全に後者のタイプ。あの世界にきてまでテストするのに何か意味があるのでしょうか?>涼
 そういうことをしていると、どんどん自分の世界を狭めてしまうのではないでしょうか。後ろ向きっていうか…。

 あの世界で、自分を見詰め直して、前向きに変わろうとしているナツとは正反対な生き方です。

 蝉丸くん、判りやすい性格。(笑)

 ちまきさんもなかなか侮れません。本人が無意識にしている行動が様々な展開の扉になっていたりして。あの熊本城とメッセージもきっと別のチームへの何かのメッセージになるのでしょう。

 ちまきちゃん、いい感じです。

 蛍ちゃんも別の意味で哀しい宿命です。他人の行く末を占えてしまえる=知ってしまえるのは、重い荷物を背負って生きることに等しいでしょう。行き着く先を知っていて、強く生きられるのは物凄い精神力が必要な気がします。いや、その先が明るい未来ならいいのです。ただ、あの世界で“未来が明るいだけ”とは、到底考えられないので…。

 さ~て、そろそろ次巻で、百舌さんにご登場していただいて、新たなる展開…それって物語の結末への展開?…を期待したいです。

« フリードリヒ大王の憂いなき砦 サンスーシ宮殿 | トップページ | 「英語ができない私をせめないで!」 読了 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フリードリヒ大王の憂いなき砦 サンスーシ宮殿 | トップページ | 「英語ができない私をせめないで!」 読了 »