2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« はむはむ | トップページ | 「十津川警部 西伊豆変死事件」 読了 »

2009年12月 9日 (水)

浅見光彦~最終章~ 「第8話 横浜編」

 本日の「浅見光彦~最終章~  第8話 横浜編」の原作は内田康夫さん著の浅見光彦シリーズ「横浜殺人事件」。

 タイトルだけでは、内容が思い出せませんでしたが、番組冒頭の「赤い靴を履いていた女の子はどこに行ったと思いますか?」の質問で内容を思い出しました。

 ただの「横浜編」ではなくて「エキゾチック横浜編」が正しいのかなあ。

 印象的だったのは、雪江お母さまの洋装。横浜に外出だから和服ではなく洋服ですかぁ?と思っていたら、ラストはしっかり和服になっていましたね。何故?
 それにしても雪江お母さま、光彦には自分は大丈夫だから、「さっさとホテルに帰りなさい。」くらい言っといて、迎えに陽一郎さんを呼びつけるなんて、凄過ぎです!!陽一郎さんと一緒にタクシーで帰るくらいなら、最初から光彦とホテルに泊まるか、一人でタクシーで帰る方がいいのでは?
 でも、それは全て「警察庁刑事局長の浅見陽一郎です。」をスムースに登場させるためですか?(笑)

 原作から切り離して、テレビのストーリーとして考えるなら、今回はまあ、まとまっていたのではないでしょうか。

 ただ、フランス人形をあげた山名さん(お祖父さん/津川雅彦さん)の息子の山名さんが、その人形がもとで亡くなったということは、全く触れられず、もらった会長さん(市毛芳枝さん)と山名さん(お祖父さん)のエピソードでストーリーを完結させていたのは気になりました。因縁を描くなら、祖父、息子、孫娘(「赤い靴」を真犯人にインタビューしたのが孫娘)の三代とフランス人形の因縁として描かくのが……。

 今日は、いつもの穏やかな浅見光彦でした。沢村一樹さんは、本当にいつもいつも美味しそうに食べますね。見ていて気持ちがいいです。

 須美ちゃんが出てこないと思っていたら、ラストシーンでご登場。浅見邸のシーンがなかったのが少し寂しいです。



 全くどうでもいいのですが、来来週から始まる「赤かぶ検事」の予告で、中村梅雀さんが赤かぶの帽子(?)を被っていたのに、思いっきり笑わせていただきました。

« はむはむ | トップページ | 「十津川警部 西伊豆変死事件」 読了 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はむはむ | トップページ | 「十津川警部 西伊豆変死事件」 読了 »