2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« こたつ出動 | トップページ | 浅見光彦~最終章~ 「第5話 京都・近江編」 »

2009年11月17日 (火)

画家は万能であれ

 NHKのBShi 「プレミアム8 シリーズ巨匠たちの肖像 レオナルド・ダ・ヴィンチ 画家は万能であれ」を見ました。

 番組の前半部分で空気遠近法と線遠近法についての説明と実践、それらを駆使した作品を見られました。
 実際に見たことのある作品も多々あり、見たときは気にもとめていなかったことが、実は奥深い意味を持っていたようです。
 「聖アンナと聖母子」は、「羊が可愛い♪」とか言いながら見ていたような記憶があります。(^^;)
 「受胎告知」の脇には、百合のデッサンを展示してほしいですぅ!!!(心の叫び)

 「モナ・リザ」をミクロ点描画法で再現しようとする試みを紹介していました。40日がかりで目の半分。気の遠くなるような作業です。
 レオナルド・ダ・ヴィンチもこのような手法で「モナ・リザ」を描いたのでしょうか。

 「モナ・リザ」と「白貂を抱く貴婦人」をバーチャル復元した絵は、人物の柔らかく明るい色彩に目を見張りました。もしかしたら、500年前はああいう色だったかもしれないのですかぁ。

 硬くなりすぎず、かといってミーハーとはかけ離れて、ほどよくまったりと視聴することができました。

« こたつ出動 | トップページ | 浅見光彦~最終章~ 「第5話 京都・近江編」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こたつ出動 | トップページ | 浅見光彦~最終章~ 「第5話 京都・近江編」 »