2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 浅見光彦~最終章~ 「第1話 恐山・十和田・弘前編」 | トップページ | Euclide is closed. »

2009年10月28日 (水)

浅見光彦~最終章~ 「第2話 伊豆天城・宮城松島編」

 TBSの「浅見光彦~最終章~ 第2話 伊豆天城・宮城松島編」は内田康夫さんの浅見光彦シリーズの「天城峠殺人事件」が原作です。
 この「天城峠殺人事件」は、以前、辰巳琢郎さん主演の浅見光彦シリーズで2時間ドラマ化されているのをBS-TBSで放送されたのを見たことがあります。

 今夜のサービスカットの入浴シーンは冒頭近く、声がひっくり返った「天城越え」は沢村さんのアドリブ?

 さすが、1時間にするために、物語の発端の悲鳴を聞くのが、光彦(沢村一樹さん)に変わっていました。その方が、スピーディな展開ですね。
 修禅寺に雪江お母さん(佐久間良子さん)と須美ちゃん(原沙知絵さん)とのお参りで下司の千社札を見つけてそこに被害者の娘である小林朝美(笛木優子さん)が来合わせる、あぁ!何と言う偶然。(笑)

 何だか今回の雪江お母さん、やけに協力的。取材の終わった光彦に、「あなた、まだ取材が残っていたわね。」って、暗に朝美さんに協力するように謎かけして。(笑)

 おおっと、天城トンネルの悲鳴トリックの共犯者が2番目の事件の被害者ですか。そういうことですか。

 原作や以前の2時間ドラマ化のときからすると、かなりストーリーや人物関係が簡略化されて動機も何もかも変わってますね。1時間で起承転結をつけるためには、こうなるのでしょうか。
 原作等では、そもそもは交通事故が原因だったけれど、このドラマだと勘違い…。

 朝美さん、「もう1泊していきませんか?」って積極的~。光彦が断った後、朝美さんは「冗談ですよ」とはぐらかしていたけれど、絶対、本気だったと思うなぁ。

 家族に“草食系男子”の烙印を押される光彦って…。

 

« 浅見光彦~最終章~ 「第1話 恐山・十和田・弘前編」 | トップページ | Euclide is closed. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅見光彦~最終章~ 「第1話 恐山・十和田・弘前編」 | トップページ | Euclide is closed. »