2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 斎王の葬列 | トップページ | 「囁け、この現世の秘密」 読了 »

2009年9月 9日 (水)

越天楽がきこえる

 テレビ東京の水曜ミステリー9「信濃のコロンボ 事件ファイル18 越天楽がきこえる」、冒頭からのこのわざとらしい合成の霧の画像は…何ですか?!

 小説の事件現場は箱根だったと記憶しています。それが天狗岳。長野県内に変更になっています。竹村警部(中村梅雀さん)が陽子夫人(原日出子さん)と旅行先で事件に遭遇して第一発見者として事件に関わるのも限度がありますから、この設定変更は、ストーリー展開を自然にさせるためでしょう。

 “都会的センスに溢れる竹村警部”って、ぷぷっ。東京出張させるための口実?(笑) こうしないと、岡部警部(松村雄基さん)と竹村警部のツーショットが実現できませんものね~。

 私的には、上条さん役の若林豪さんは、狩谷警部なのですよ。それが、事件の黒幕役というのは見ていて少々違和感がありました。俳優さんを一つの役のイメージで見てはいけないのでしょうが……。

 善光寺のご開帳、詣でてみたいけれど、混んでいるのでしょうね。

 

« 斎王の葬列 | トップページ | 「囁け、この現世の秘密」 読了 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 斎王の葬列 | トップページ | 「囁け、この現世の秘密」 読了 »