2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 越天楽がきこえる | トップページ | 素たまご焼き »

2009年9月11日 (金)

「囁け、この現世の秘密」 読了

 本宮ことはさん著「囁け、この現世の秘密」 読みました。

 発売日から、かなり時間が経っているので、ネタバレの心配なしで感想を書かせていただきます。

 ディクスは更にアブナイ道をまっしぐら。もう、アリアとは相容れない世界に行ってしまったのではないかな。

 シェナンは変わりました。それも良い感じに。こちらはアリア好みの変化でしょう。

 ツェルとサフィアさんは、あれで完全に訣別なのでしょうか。お互いを想う気持ちはそのままなのに、哀しいけれど、もう道は別れてしまったでしょうか。今後の展開に要注意。

 ケルベロスが、この物語のキーポイントなのかな。ケルベロスの謎が明らかになるときに、この物語もエンディングを迎えるような気がします。

« 越天楽がきこえる | トップページ | 素たまご焼き »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 越天楽がきこえる | トップページ | 素たまご焼き »