2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ベルリンのマラソンコース | トップページ | 古代エジプトの至宝~栄華3000年の足跡~ »

2009年8月24日 (月)

空から見た古代エジプト~悠久の古代文明紀行~

 今年、2009年の夏だけで幾つ目か?と思ってしまうNHKのエジプト関連番組。
 今日のHNH-BShiの番組のお題は「空から見た古代エジプト」。

 まずは定番のギザのピラミッドから、ルクソールのカルナック神殿、アレクサンドリア、アブシンベル神殿など。2003年にエジプトに行ったときにアレクサンドリア以外に行ったな~と映像を見つつ懐かしくも喜んでいたら、個人的に大好きな階段ピラミッドまで登場して大ラッキー。(^^)v 階段ピラミッドのあと、崩れピラミッド、屈折ピラミッドが紹介されました。何だか崩れピラミッドの風情がすっごい好みです。あの崩れ方と下方が崩れた中にすっくと立つピラミッドの様子が何とも言えません。

 ラムセス2世の葬祭殿は石材が後の時代に建築資材として持ち出されてしまったため、今は往時の面影を偲ぶことがかなり難しいです。あのラムセス2世のことですから、自らの葬祭殿もかなり大規模に豪華に作っていたと思われのに残念です。“あの”ラムセス2世だから、とか思ってしまうのは、エジプト旅行した方なら分かっていただける感想ではないかと思います。(笑)

 ハトシェプスト女王葬祭殿から王家の谷へ。王家の谷では、まず最大規模のセティ1世の墓を紹介してから、お約束のツタンカーメンの墓。黄金の棺、黄金のマスク、使用していた椅子を、必要最低限の字幕のみで放送。ここは字幕で成功じゃないかな。いろいろとイメージをかき立てられてナレーションよりもよかったと思えます。
 それにしても、ツタンカーメン夫妻の仲睦まじい様子の描かれた椅子をわざわざ黒バックで撮影するとは、凝りすぎ?(笑)

 アレクサンドリア沖に沈んだプトレマイオス朝関連の建物を撮影するために、海で水中撮影するなら、アブシンベル神殿の中も少し紹介してくれたらよかったのに…とちょっと思ってしまいました。内部は壁画保護で撮影許可がおりなかったのかな。

 タイトルからして、もっと空撮ばかりかと思ったら、普通の画像も予想以上にありました。
 何にせよ、まったりした番組でした。

« ベルリンのマラソンコース | トップページ | 古代エジプトの至宝~栄華3000年の足跡~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベルリンのマラソンコース | トップページ | 古代エジプトの至宝~栄華3000年の足跡~ »