2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 「つばさ111号の殺人」 読了 | トップページ | 行列のできる世界遺産 »

2009年6月12日 (金)

美濃路殺人事件

 フジテレビの金曜プレステージの浅見光彦シリーズ34「美濃路殺人事件」 、中村俊介さんの浅見光彦です。

 冒頭シーンが新宿で光彦が公衆電話を使うシーンから。あっれ~?公衆電話?何で携帯を使わないの?
 しかも自宅に電話して編集者さんから電話がないか問い合わせをしてる。編集者さんの携帯に電話すればいいのに。

 それに、警察の捜査室が禁煙。1980年代だったら、まだまだ室内禁煙にはなっていなかったのでは???

 何か釈然としない気持ちを抱えて見ていたら、中盤、白石蔵王で清華国民学校の同窓会の集まりで、「あれから35年です」って…。あれから35年て、1945年から35年ってこと?1945+35=1980…。
 えっ、えっ、えっ?今回の美濃路殺人事件の舞台設定は1980年?だから携帯が出てこないの?
 あれ~?今までの浅見光彦シリーズは全て“現代”を舞台にしてたのに。今回はいきなり29年前に光彦は時代を駆けてしまったのですか?
 でも、それ以外はあまり年代を感じさせないのですが…。建物とか、あ、刑事さんが携帯で連絡してきました。1980年代だとしたら、ありえな~い。時代背景無茶苦茶な気がするのですけどぉ。

 三喜子は馬渕英俚可さんでしたね。ん~、確かに気の強そうな三喜子さんではありました。

« 「つばさ111号の殺人」 読了 | トップページ | 行列のできる世界遺産 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「つばさ111号の殺人」 読了 | トップページ | 行列のできる世界遺産 »