2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 花パレード | トップページ | 滞り中 »

2009年6月 5日 (金)

「こいしり」 読了

 畠中恵さん著「こいしり」は、町名主の跡取り&お気楽息子が主人公の「まんまこと」の続編です。

 お気楽で遊び人と言いつつ、鋭い推理を展開する実は生真面目なんじゃないかと思える麻之助。麻之助は、道楽者だけど、さり気なく腕のたつ町人さんの設定なので、事件解決のために自分自身の足で歩いて情報を仕入れます。もちろん、麻之助1人でとか、友人の吉五郎さんや清十郎さんと一緒で3人でも手に余ることは、きちんと情報収集の手足となってくれる人々をキープしています。

 のほほん、ほんわかして読んでいて、のんびり、心が優しくなれる本です。

« 花パレード | トップページ | 滞り中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花パレード | トップページ | 滞り中 »