2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« イタリア地震続報 | トップページ | ダ・ヴィンチ特集 »

2009年4月 8日 (水)

「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」 読了

 内田康夫さん著「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」読み終わりました。

 「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」は「多摩湖畔殺人事件」のメインキャストである橋本千晶と河内部長刑事のコンビが活躍する4作品が収録された短編集です。

 読んだことがあるはずなのに、ラストに収録された表題作である「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」を読んでやっと「読んだことある!」と思えました。表題作以外の3作品の記憶がどこかに飛んでいるのは何故(?_?)

 「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」収録の「越天楽がきこえる」がテレビ東京の中村梅雀さん主演の「信濃のコロンボシリーズ」でテレビドラマ化されるので、復習兼予習で読んだわけですが、これほどまでに読んだ本の内容が頭から抜け落ちているのにガックリしてしまいました。

 「越天楽がきこえる」の冒頭は箱根を千晶と河内警部補(部長刑事から昇進)が訪れるところから始まります。ん~、事件の第1発見者になる千晶は陽子さん(原日出子さん)で河内警部補は竹村岩男警部(中村梅雀さん)で、そこから竹村警部が事件に首を突っ込んで行くのでしょうね。
 しかし、この「越天楽がきこえる」、千晶の推理が冴えて、さて、これから犯人をどうやって追い詰めて行くのか!と最大盛り上がったところで、あまりにもあっけなく犯人が逮捕されて、そこで種明かしよろしく逮捕の経緯が簡単に描かれてお終い。正直、思わず「はぁ??」でした。これを映像化してどう盛り上げて、どう描くのか。
 で、この作品で、岡部警部(松村雄基さん)をどう絡ませます?あ、女性の事件が東京都内で発生するから、出番ありですね。

« イタリア地震続報 | トップページ | ダ・ヴィンチ特集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリア地震続報 | トップページ | ダ・ヴィンチ特集 »