2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

彩雲国物語~黄粱の夢~

 2009年5月のビーンズ文庫新刊の雪乃紗衣さん著「彩雲国物語~黄粱の夢~」は短編集です。
 以下、煩悩爆裂のネタバレ感想ですので、未読の方はご注意ください。

------------------------------------------------

 以下、簡単なあらすじと感想。

 【鈴蘭の咲く頃に】

 清苑と劉輝が出会い、清苑と楸瑛が出会い、清苑が祖父の謀反(と、表面上は思われているもの)のために母と共に茶州に配流され、そこで母が殺され、清苑が奈落に落ちるまでの物語。

 そうでした。清苑の母は後宮に入って公子を産むことよりも小さな幸せを望んだ女性でした。それにしても!劉輝の母を表す“傲岸な美少女”という言葉には、思わず「それって清苑のお母さんじゃないの?!」と本に向かって突っ込んでしまいました。(^^;)

 清苑と劉輝の出会いのシーン。涙と鼻水と泥でぐちゃぐちゃな顔は、とっても劉輝のイメージ。顔を上げ続ける体力・気力がなく、顔面から地面に激突するのも彼らしい。

 そして、何より「さびしい」という劉輝の言葉をすんなり受け入れて抱き上げる清苑。周りに人がいるのに、思わず目頭が熱くなってしまいました。
 「彩雲国物語」は周囲に人がいるときに読むのは、涙する可能性があるので注意が必要なのですが、でも、一刻も早く読みたい気持ちが勝ってしまって、どうすることもできません。ああ、アブナイ危ない。

 戩華王のことを“怖いおじちゃん”呼ばわりする劉輝が実は最強かも?

 しかし、楸瑛、常春頭の楸瑛くんは、珠翠にフラレ続けた結果だと思っていたら、少年時代から女の子チャチャチャだったのですね~。清苑との出会いで清苑を女性と間違えたとは…。それは、静蘭にネチネチいろいろいぢめられても仕方がないのではないかな、楸瑛。
 雪那さんに清苑のダメダメぶりを立て板に水で説明されると、何だかちょっとムッとしてしまいます。これが燕青とか黎深が言うのだったら、そんなことないのでしょうけど。どうしてかなぁ。

 旺季さんと戩華を出し抜き、縹家を利用して清苑を嵌めて、祖父の謀反を仕立てたのは、清苑の実母、鈴蘭の君だったとは、予想外の展開でした。
 その理由が、戩華さんの治世、国のために最も邪魔だったのが清苑だったから。その清苑を見事に片付けて、戩華さんに自分だけを見詰めてほしかった、見詰めてくれる時間がほしかったから。壮絶、凄絶な愛情表現。
 清苑は、そんな母の本質を見抜けず、最後まで知らず、静蘭となっても夢にも思っていないのは、ある意味、人を知らない?でも、知らないほうがいいのかもしれないな。
 劉輝のお母さんを自殺に追いやったのも清苑のお母さんで、それも、清苑の仕業に見せかけて清苑を追い詰めるためとは。そこまでやりますか。それが成功しなくてよかった。成功して、劉輝が自分の母親を死に追いやったのが清苑だと思って苦しむ姿は考えたくもないですから。

 戩華さんの死の真相もこの物語で知ることができました。戩華が清苑を流罪にした訳は清苑が“子供”だから。戩華の子だから。そうですよね?戩華さん。

 

 【空の青、風の呼ぶ声】

 殺刃賊の頭領晁蓋、副頭領瞑祥、軍師であるNO.3の知多星。

 燕青と鴛旬の出会い。殺刃賊の中で奈落に落ち続ける清苑と燕青の出会い。清苑は燕青と出会うことで奈落から抜け出て青い空の下で生きられるかと夢見る。

 殺刃賊の最後の日。清苑は知多星が殺刃賊に殺されたはずの燕青の次兄・浪叔斉であることを知る。

 梁山を陥落させるため、燕青と清苑はお互いの背中を預けあう。そして、燕青は梁山の頂にいる晁蓋の元へ。清苑は山の下の関塞へ向かう。そこで、奈落に落 ち続けていたときに生きるために殺めてしまった農民の子に刃を向けられる清苑。晁蓋を殺す目的を果たして清苑のもとへ戻った燕青は、そこで瀕死の清苑を見 つける。
 清苑は手当をする医薬品があると偽って、燕青を叔斉のいる場所へ行かせる。叔斉と出会い、何を語らずとも全てを察する燕青。燕青を生かせるために、奈落に落ち続ける道を選んだ叔斉。

 清苑は燕青から離れ、そこで邵可さん、薔君奥方、秀麗に出会う。(正確には拾いに来た邵可さんに拾われる)

 そして、叔斉と燕青はもう2度と会わないことを叔斉への罰として、叔斉は生涯を文官として茶州の復興に努めることになった。

 贖罪するには、あまりにも多くの人々の命を奪った叔斉と清苑。それでも2人とも生きている。奈落に落ちても
自分以外の人のために、その人に再び会うために行き続けた2人。この2人が行き続ける未来、2人は何を為すかその生き様が問われ続けるのだろう。重い。けれども2人は奈落でそれだけのことを行ってしまったのだから。

 以上、あらすじ以外の何ものでもありません。ありませんが、客観的に語れるのはこれだけで、これ以上、何を、どう語ればいいのか言葉が見つかりません。何を書いても、どこか違っていってしまう気がするのです。

 

【千一夜】

 邵可さんと薔薇姫の出会い、邵可さんと珠翠の出会い。そして薔薇姫と出会った邵可さんが何を選んだか。

 薔薇姫と邵可さんのラブストーリー。

 若き日の邵可さんにもラブストーリーがありました。それも一目で恋に落ちるほどの。死ぬほど考えた邵可さんの決断。
 それは、薔薇姫でなくとも心を揺すぶられます。

 それにしても、薔薇姫が縹家に囚われていたのは100年なのですね。てっきり短くても300年は囚われの身になっていたのだと思っていました。パパ璃桜のお父さんが薔薇姫を捕えたのだとは意外。
 ますます瑠花さんが何考えているのか分からなくなりましたし…。

 藍仙の予言を藍仙の言葉として読みたい!

   

【千一夜のそのあとに】

 邵可さんの大切な大切な大切なもの。



 いや~、秀麗と劉輝はちっこい秀麗とモチ劉輝しか出てこなかった。ここまで徹底して踏ん切りをつけるといっそ心地よいですね。

 

2009年4月26日 (日)

豚インフルエンザ

 もうすぐゴールデンウィーク(*^^*)と思っていたら、今年のゴールデンウィークは昨日の4月25日からスタートしていたようです。私の感覚ではゴールデンウィークは29日からだったので…あれ?でした。
 最大16連休というニュースは聞いていたのに、何故か25日スタートの感覚が抜け落ちていました。(笑)

 そのゴールデンウィークの初日の夜に、「豚インフルエンザ」のニュースを聞きました。

 鳥インフルエンザは聞いたことありますけれど、豚インフルエンザは初耳でした。
 メキシコで豚インフルエンザの感染を疑われる方々が1000人に達し、関連のある死亡を疑われる方が68人に上っているとか。
 マスクをする方々、マスクを配る方々の姿。現地では、緊張した時間を送っているようです。

 WHOでの緊急会合の行方も気になります。

 ゴールデンウィーク初日で、海外旅行に出発する方々も多いですし、タイミング的に…。適切な対策・対応が実施されることを、心から祈っています。

2009年4月25日 (土)

ドイツ旅行記 6日目~ニュルンベルク、バンベルク、マイセン、ドレスデン~

 ドイツ旅行記の6日目のHPを更新しました。

 よろしかったら、こちらからご覧になってください。

 ドイツ旅行の6日目はニュルンベルクからバンベルクへ走り、バンベルクで1時間程、市内散策。そして、途中休憩をはさみ、3時間走って旧東ドイツ圏のマイセンでマイセン磁器工場内のレストランで昼食を摂り、磁器工房の見学コースと磁器博物館の見学。宿泊するホテルはドレスデン郊外と、かなりの移動距離でした。

 バンベルクは、初めて訪れた街ですが、印象がかなり良いです。中世ドイツの雰囲気のある古都という感じで、半日くらいゆっくりとフリーで散策をしたいと思える街でした。

 マイセン磁器工場内のレストランは、当然?!のことながら食器は全てマイセン。マイセンのショックでいただく食事は、今回のドイツ旅行での食事の中で、最もおいしい食事でした。幸せ。(*^^*)

 

2009年4月20日 (月)

ギリシャ 春のエーゲ海

 NHKの「世界遺産への招待状」

 今日は「ギリシャ 春のエーゲ海」だったので、喜んでご招待を受けました。

 旅はアテネのアクロポリスの丘から始まります。
 パルテノン神殿。白亜の神殿とのアナウンスに、思わず「白亜?!そういう印象は受けなかったけど…」とテレビに向かって独り言を言ってしまいました。
 2002年にギリシャへ行ったときに見た印象なので、記憶の中で色づけされているのかもしれません。

 ミコノス島からデロス島への海路は結構荒れていましたね。天候に左右されるのでしょうけれど、乗り物酔いしがちの私には無理かもしれません。デロス島の遺跡自体は花々とのコントラストと共に趣味に合いそうです。ライオン像は最初に見たとき、トドさん?とか思ってしまいました。あの、のほほんと丸い顔はライオンというよりトドを彷彿とさせませんか?(笑)

 まったり、のんびり見るにはいい番組です。ただ、放送時間が時間ですので、毎回見られるかどうかは???です。
 なぜって、裏番組が月曜ゴールデンですからぁ!(爆)

「十津川警部 修善寺わが愛と死」 読了

 西村京太郎さん著「十津川警部 修善寺わが愛と死」読み終わりました。

 この作品は源家三代の興亡をモチーフにしています。私が読んだ西村作品が、3作続けて日本の歴史を絡めての作品になっています。偶然?ん~………。

2009年4月19日 (日)

花が咲いたたくさん咲いた

 先日の雨で、庭のパンジーとビオラが綺羅綺羅しく輝き、20%~30%増し(私の個人的願望&イメージ)に一気に大きく成長したようです。

 チューリップはほぼ咲き終え、ムスカリも終了。それに変わって忘れな草が咲き始めています。
 喜んでお花の写真を撮っていたら、通りかかりのクルマが停まって、「綺麗に咲きましたね。」と運転していた女性に言われて、とっても嬉しくなりました。(*^^*)
 お花たち、褒められたよ~。

2009年4月18日 (土)

マイセン磁器博物館

 ドイツ旅行の6日目に訪れたマイセン磁器博物館をアップしました。

 よろしかったら、こちらからご覧下さい。

 短い時間でしたけれど、大好きな磁器をたくさん見られて幸せなひと時でした。

 ショップが併設されていますので、何か手が出るかと見てみましたが、いや~、お値段は可愛くなくてとても手がでませんでした。(^^;)

2009年4月15日 (水)

バンベルクのクリスマスマーケット更新

 ドイツ旅行記の6日目、バンベルクのクリスマスマーケットをアップしました。

 よろしかったら、こちらからご覧下さい。

 バンベルクは滞在時間1時間でした。大聖堂なども、もう少しじっくりと見学したかった街です。

 クリスマスマーケットもグリューワインカップをゲットするために小走りに往復し、結果、ゲットできませんでした。これが結構、心残りです。

2009年4月13日 (月)

「斎王の葬列」 読了

 TBSの2時間ドラマ月曜ゴールデン「斎王の葬列」の感想はこちらをご覧下さい。

--------------------------------------------

 内田康夫さん著「斎王の葬列」 が、TBSの沢村一樹さん主演の浅見光彦シリーズでテレビドラマ化されるとのことなので、復習と予習を兼ねて読みました。

 復習…確かに読んだ覚えはあります。前半は記憶にあります。けれども犯人も動機も後半の展開もエピローグも全く覚えていませんでした。(^^;)
 ということで、しっかり予習にもなりました。

 小宮山佳鈴役と久米美佐子役のキャストがどうなるかが、ちょっと興味深いですね。佳鈴さんは映画の主演女優役ですから、オーラと美貌の持ち主でなおかつ上品で…というイメージなので。(笑)
 美佐子は日本文学を専攻して大学を卒業したばかりの女性なので、初々しくて、でも、探究心に富んで…かな。

 白井さんはとにかく光彦と同級生に見えれば文句は言いません。多分。おそらく。きっと。(笑)

 放送を楽しみに待ちましょう。

 さて、TBSの月曜ゴールデンの西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ41「寝台特急(ブルートレイン)殺人事件」を見よう☆

2009年4月11日 (土)

7SEEDS15

 田村由美さんの「7SEEDS」(セブンシーズ)15巻を読み終わりました。

 以下、思いっきりネタバレな感想ですので、未読の方はご注意ください。

 簡単なあらすじ。

 花の持っていたナイフとお蘭さんがシェルター龍宮から持ち出していた末黒野一家の写真から、花が貴士先生の娘だと夏のAチームに判明。激昂する安居。その場はなんとかなったけれど、それ以後、花に敵意を隠そうとしない安居に、夏のAの居住地から去ることを決意する花。最後の置き土産に水探しのため洞窟の深い裂け目に降りた花のロープを切る涼。それをただ見ていた虹子。花は墜落せずに、途中に引っかかることができたが、出口を捜し求めるうちに、来た道が落盤により閉ざされてしまう。

 ついに、花が貴士先生の子供だということが夏のAチームに判ってしまいました。安居が激昂したけれども、私は安居に感情移入できませんでした。私は、自分でも登場人物に感情移入して本やコミックを読む方なのに、その私が、です。
 感情移入できないのは、安居だけではなく、涼、虹子さん、あゆさんの夏のAチームの4人かな。

 新巻さんと源五郎くんが洞窟の中で話をしているときには、しっかり目がうるうるしてしまいましたから、源五郎くんは確実に、小瑠璃と鷭ちゃんにもおそらく、感情移入できるはずです。

 ハルくんも花と一緒に出る決心で、それを小瑠璃ちゃんに伝え、小瑠璃ちゃんを一緒に行こうと誘いました。小瑠璃ちゃんはどうするのかなぁ。今までの仲間を選ぶかハルくんを選ぶか、ツライ選択。どちらを選ぶこともありそうな気がします。つまりどちらを選んでも不自然じゃないってことですね。

 秋の人たちもどうするのかなぁ。

 このまま、夏のAと秋、春の関係は修復不可能なところにいってしまうのでしょうか。

 

2009年4月10日 (金)

後鳥羽伝説殺人事件

 フジテレビの金曜プレステージの浅見光彦シリーズ33「後鳥羽伝説殺人事件」

 私的にとっても評判の芳しくなかった20時スタートではなく、21時スタート。いつの間に編成が変わったのか。やはり、サスペンスは21時スタートでしょう。るん☆

 「後鳥羽伝説殺人事件」は小説のキャラクターとしての浅見光彦のデビュー作。(初登場作)

 TBSの浅見光彦シリーズで浅見光彦役が辰巳琢郎さんから沢村一樹さんにバトンタッチするときの、沢村光彦初登場作品でした。私としては、その沢村一樹さん主演の「後鳥羽伝説殺人事件」のイメージがどうしても強くて、今回見ていてもつい原作、沢村さん主演時の「後鳥羽伝説殺人事件」と、その内容がどうだったかを考えてしまいます。

 最も異なる点は、野上さん(火野正平さん)が、光彦(中村俊介さん)に出会って早々(2シーン目)に光彦が浅見陽一郎刑事局長(榎木孝明さん)の弟だと知ってしまうことでしょうか。
 野上さんには陽一郎さんのこと抜きに光彦とコンビを組んで欲しかったなぁ。

 12年前の嵐の夜に……美也子さんではなく……どうして原作と変えたのか?

 永遠の33歳、浅見光彦の12年前は22歳。大学生もしくは、大学卒業したては一応就職してたはずなのに“取材で”祐子さんと美也子さんと一緒に旅が出来なかったのは…どゆこと…?
 と、通常の突っ込みどころではないところで、突っ込んでみました。(笑)

 お~い!野上さん!!刑事が手袋もせずに池田さんから送られた封筒にべたべた触っていいのか?それは光彦にも言えるけど。指紋とか考えない?
 あれ?大学生グループは2人でしたっけ??あれ?

 最後まで、野上さんが1ヵ月の謹慎処分=1ヵ月の休暇処分にならなかった。これって、物語の重要なエピソードなのに。

 これで真犯人まで違っていたら、などと考えてしまいましたが、さすがにそれはなかったですね。ただし、桐山警部追求の場所が全然違っていましたが。

  
 

2009年4月 9日 (木)

ダ・ヴィンチ特集

 私がレオナルド・ダ・ヴィンチファンだと知る旅友が、

「Penの4/15号がレオナルド・ダ・ヴィンチの特集だよ~」

 と教えてくれたので、購入しました。えっと、先週です。(^^;) ちょっと書く機会を失ってしまっている間に1週間位過ぎてしまいました。まだ本屋さんにあるのかなぁ。Penの2009年4/15号、通巻No.242は、表紙の「洗礼者ヨハネ」が目印です☆

2009年4月 8日 (水)

「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」 読了

 内田康夫さん著「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」読み終わりました。

 「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」は「多摩湖畔殺人事件」のメインキャストである橋本千晶と河内部長刑事のコンビが活躍する4作品が収録された短編集です。

 読んだことがあるはずなのに、ラストに収録された表題作である「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」を読んでやっと「読んだことある!」と思えました。表題作以外の3作品の記憶がどこかに飛んでいるのは何故(?_?)

 「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」収録の「越天楽がきこえる」がテレビ東京の中村梅雀さん主演の「信濃のコロンボシリーズ」でテレビドラマ化されるので、復習兼予習で読んだわけですが、これほどまでに読んだ本の内容が頭から抜け落ちているのにガックリしてしまいました。

 「越天楽がきこえる」の冒頭は箱根を千晶と河内警部補(部長刑事から昇進)が訪れるところから始まります。ん~、事件の第1発見者になる千晶は陽子さん(原日出子さん)で河内警部補は竹村岩男警部(中村梅雀さん)で、そこから竹村警部が事件に首を突っ込んで行くのでしょうね。
 しかし、この「越天楽がきこえる」、千晶の推理が冴えて、さて、これから犯人をどうやって追い詰めて行くのか!と最大盛り上がったところで、あまりにもあっけなく犯人が逮捕されて、そこで種明かしよろしく逮捕の経緯が簡単に描かれてお終い。正直、思わず「はぁ??」でした。これを映像化してどう盛り上げて、どう描くのか。
 で、この作品で、岡部警部(松村雄基さん)をどう絡ませます?あ、女性の事件が東京都内で発生するから、出番ありですね。

2009年4月 7日 (火)

イタリア地震続報

 昨日発生したイタリア中部の地震の詳細が一夜開けた今朝から、日本でもテレビなどで大きく報道されています。

 朝のニュースで目にした倒壊した家々と、亡くなられた方々の数の多さに茫然として、テレビ画面に釘付けになってしまいました。
 まだ多くの行方不明の方々が倒壊したお住まいの中で救助を待っていると思われます。一刻も早く、1分でも1秒でも早く救出の手が届くことを願ってやみません。余震が多発しており、救助にあたられていらっしゃる方々も、ご自身の安全に気を配りつつの作業で困難なことが多いことでしょう。行方不明の方々が少しでも早く救出されることをお祈りしております。

2009年4月 6日 (月)

イタリア地震

 今日未明(現地時間)、イタリアで地震が発生し、ローマの北東95kmのラクイラで大きな被害が報道されています。

 亡くなられた方も多数出ていらっしゃるようで、救出活動の行方が気になります。

 また、ラクイラの教会などの歴史的建造物にも被害が及んでいるとの報道もあり、その被害がどのようなものか心配です。

 「イタリアで地震」の第1報を聞いたときに、即座に脳裏に浮かんだのは、10年くらい前の地震で溶解したアッシジの聖フランチェスコ寺院の映像でした。

 今回の地震では、あのような被害が出ていなければよいのですが。今後の報道を注視しています。

2009年4月 5日 (日)

ドイツ旅行記 5日目~ニュルンベルク~

 ドイツ旅行記の5日目のHPを更新しました。

 よろしかったら、こちらからご覧になってください。

 ドイツ旅行の5日目は、午前中にミュンヘンからニュルンベルクに移動し、午後いっぱいをニュルンベルク市内観光とニュルンベルクのクリスマスマーケット巡りを楽しみました。

 午後、よく歩きました。そして、この日はドイツ旅行中最も寒い1日でもありました。この時期なので覚悟はしていましたけれど、空気が冷たかったです。

 ニュルンベルクのホテルは郊外の3つ星。ニュルンベルクのサッカースタジアムのすぐ近くなので、サッカーファンならOKの立地?メッセ近くなのでビジネスマンも宿泊するでしょう。観光客にはダメダメな立地ですね。

2009年4月 3日 (金)

夜桜見物

 桜、満開になりましたね~♪

 今日は夜桜見物。オレンジジュースとグレープフルーツジュースを飲んだだけなのに、周囲のアルコールで、ほどよく酔っぱらいになりました。(爆)

 ライトアップされた夜桜は幽玄の世界へ誘ってくれます。幸せ☆

2009年4月 2日 (木)

「吉備 古代の呪い」 読了

 西村京太郎さん著「吉備 古代の呪い」 読み終わりました。

 川中島の次は古代の吉備ですか。最近、西村京太郎さんの嗜好は鉄よりも日本史に向いているのでしょうか。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »