2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 死者の木霊 | トップページ | 彩雲国物語 ~黒蝶は檻にとらわれる~ »

2008年11月29日 (土)

うそうそ

 畠中恵さん著「うそうそ」がフジテレビで「しゃばけ」シリーズ第2弾として放送されました。その完全個人的爆裂感想です。(笑)

 古谷一行さんは山神様役だったのですね~。てっきり蒼天坊役だと思っていました。そして更に朝顔の種を山神様が一太郎(手越祐也さん)に渡したことにびっくり。う~ん、原作と違う。

 そういえば、箱根に着いた松之助兄さん(岡田義徳さん)は原作では捻挫するはずなのに、船酔いだけで捻挫してません。あっれ~?どうして捻挫させなかったのかな。

 一太郎をさらう武士の一人が中村俊介さんなのは予想どおりでしたけど~って、予想どおりはこれだけかな。(笑) 中村俊介さん演じる武士の考え方は賛同できないなぁ。ん~、敵役面してる。うぅぅ、……。(:_;)

 鈴彦姫(早乙女太一さん)は相変わらず妖艶にお美しくてうっとりです。空を駆けて情報伝達係お疲れさまです。そうすると屏風のぞき(宮迫博之さん)は参謀?男装して鈴ノ介さんてどういうこと?鈴彦姫だと付喪神で人間に姿を見せられないから?それなら男装しても同じですよねぇ。どういうことなのでしょうか…。わからん。

 いや、しかし長崎屋さん(岸部一徳さん)まで箱根に行くとは、もう何でもありってこと?!だったらおたえおっかさん(真矢みきさん)も長崎屋さんと一緒に行かせてもよかったのではないのかな。おたえさんは前作にもまして気風のよい女将さんになってましたね♪

 でもでも、やはり鳴家は可愛すぎ!鳴家の顔はもっと鬼鬼してなくては!!

 若だんなも前の「しゃばけ」のときより若だんならしくなったような気がしないでもないです。仁吉(谷原章介さん)も佐助(高杉亘さん)も面構えから、よりそれらしくなってきたみたいで、見ていて嬉しくなってしまいます。お比女ちゃんと話す若だんなを優しい表情で見守る仁吉。蒼天坊と対決するときの鬼気迫る佐助の表情。いいですねぇ。

 いろいろ突っ込みどころ満載で、どこをどう突っ込んでいいか迷うくらいでしたけど、楽しく見られれば、まあ、それもいいかなっと思っています。

« 死者の木霊 | トップページ | 彩雲国物語 ~黒蝶は檻にとらわれる~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 死者の木霊 | トップページ | 彩雲国物語 ~黒蝶は檻にとらわれる~ »