2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 津和野殺人事件 | トップページ | 青嵐の花嫁~栄冠翔破~ »

2008年10月 2日 (木)

天は赤い河のほとり 外伝 ~朔の月~

 10月1日、無事に本屋さんで篠原千絵さん著「天は赤い河のほとり 外伝 ~朔の月~」をゲットできました。(^^)v
 1度発売日が延期になっていたので、店頭で表紙を見るまではドキドキしてました。(笑)

 以下、と~~~~~~~ってもネタバレな感想ですので、未読の方はご注意ください。

 

----------------------------------------------------------

 まずは簡単なあらすじ。

 カネシュからの帰途、ナキア皇妃領に寄り道したカイルとキックリは、ナキア皇妃領で私腹を肥やす悪代官親子を退治して、ついでに、カッシュを配下に収めることにも成功してめでたしめでたし。それはさながら水戸黄門漫遊記(?)(笑)。
 水戸黄門と異なる点は、悪代官親子の悪行を暴いたら、彼らが私腹を肥やしていた財産が全てナキア皇妃のものになり、ナキア皇妃の財力・権力が増す結果になってしまったこと。これってやぶ蛇と言わないかな?>カイル
 悪代官捕縛時にちょっとだけイル・バーニも出てきました。役どころとしては、善玉のご家老さま?

 大部分というかほとんどはカッシュの妹のテッサ視点で描かれています。テッサもなかなかのしっかり者で、カイルは一時、テッサも正妃候補として考えたみたい。結果的にテッサは賢いけれど、普通の娘さんで神殿にあがることになったけど、おっとどうなるのかな、とちょっとハラハラしました。(*^^*)

 いや~、カッシュはハットウサの大通りで果たして裸踊りをしたのでしょうか。成り行きが興味津々なのですけどぉ☆

 外伝は、連載終了時に描けなかったカイルが三隊長を傘下に収めるくだりのようで、今回がカッシュ編ですね。そうすると、少なくともあと2回、ルサファ編とミッタンナムワ編があるはずですよね♪

 三隊長を傘下に収めて、カッシュ、ルサファ、ミッタンナムワの3人で裸踊りかな。ぷぷっ!かなり笑えるシーンになりそうです。

« 津和野殺人事件 | トップページ | 青嵐の花嫁~栄冠翔破~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 津和野殺人事件 | トップページ | 青嵐の花嫁~栄冠翔破~ »