2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「踊れ、光と影の輪舞曲」 読了 | トップページ | 10月はじめのお楽しみ »

2008年9月23日 (火)

「地の日 天の海」 下巻 読了

 内田康夫さん著「地の日 天の海」の下巻を読み終えました。

 上巻と下巻だと下巻の方がテンポが遅くなったのかな。う~ん、一応、随風さん=後の天海が主人公らしいのですけど、話しが随風さん視点で固定せず、明智光秀側から描かれていたり、次のシーンでは豊臣秀吉目線であったりして、誰の目線で物語を追えばいいのか分かりませんでした。強いて言うなら内田康夫先生目線?

 下巻は歴史的事実を追うのに忙しくて感情移入はなしになりました。ハードカバー2冊。かなりの分量を読んだのにも関わらず、随風さんにも光秀、信長、秀吉、家康に対しても特段の感想はありませんでした。

« 「踊れ、光と影の輪舞曲」 読了 | トップページ | 10月はじめのお楽しみ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「踊れ、光と影の輪舞曲」 読了 | トップページ | 10月はじめのお楽しみ »