2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« フェルメール展 入場者数20万人突破 | トップページ | さながら強化月間 »

2008年9月14日 (日)

「地の日 天の海」 上巻 読了

 内田康夫さん著「地の日 天の海」の上巻を読み終えました。

 内田康夫さんの作品ながら、浅見光彦シリーズでも信濃のコロンボ竹村警部シリーズでも岡部警部シリーズでもなく、ミステリー作品ではありません。
 内田先生初の歴史小説!です。

 いや~、「地の日 天の海」というタイトルを見たときから、漠然と何の根拠もなく飛鳥時代、つまり聖徳太子の時代とか中大兄皇子の時代を主舞台にした作品だとばかり、勝手に思い込んでいました。

 手にして上巻の表紙を見た瞬間に己の誤りに気づきました。表紙の人物はどう見ても豊臣秀吉。あ~、地の日=豊臣秀吉のことでしたか。すると天の海=字の如し天海僧正(てんかいそうじょう)ですか。
 読み始めたら天の海=天海はビンゴでした。

 同時代を生きた秀吉、天海、明智光秀……信長と家康は置いておいて……が、こういう風に関わりを持っているのも面白いのかなぁっと思いながら、何年も前に会った人をそうも鮮明に覚えているものなのかと疑問に感じたりもしました。
 私がそれだけ強いオーラを放つ人に出会ったことがないからか、時代が変わってしまったからか。

 下巻がどう展開するか…。まさか歴史小説が歴史ミステリー小説になったりしませんよね。上巻の当初で随風さんが後の天海さんだとネタばらししてしまってますから。

 しかし、ハードカバーを読むのは重いし、時間もかかります。

« フェルメール展 入場者数20万人突破 | トップページ | さながら強化月間 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フェルメール展 入場者数20万人突破 | トップページ | さながら強化月間 »