2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

津和野殺人事件

 TBS系月曜ゴールデンの浅見光彦シリーズ26「津和野殺人事件」 いつもと若干異なる時間からスタート。TBSなので沢村一樹さんが光彦さんです。

 初っ端が朱鷺家の一族会議からスタートで驚かされました。そうくるか!です。演出・構成上とはいえ、予想もつかなかったスタートシーンにさすがに度肝を抜かれました。
 そして紀江さん(岡田茉莉子さん)が若いです。私の個人的イメージでは、30歳くらい年上のなんとなくキンさんギンさんのようなイメージを持っていたので、紀江さんは実はこんなに若かった?のかと認識を改めさせられました。

 ただ、この朱鷺家の一族会議が冒頭にあったために、これから起こる事件が朱鷺家の相続をめぐる争いであることが原作を読んでいない方々にも容易に想像できるので、その点が残念です。

 雪江母上(加藤治子さん)がいつにも増しておっとりされていて春の妖精のようです。おっとり度いつもの2割増?(笑) でも、原作では朱鷺勝蔵さんの遺体の第一発見者となったために疑われて憤懣やるかたない雪江母上が光彦に事件解決を命じる(?)くだりが、「萩焼を買いに行くから一緒に行きましょう」になってしまって???でした。このへんのパワーは野際陽子さんの演る雪江母上がイメージかな。

 相変わらず、このTBSの浅見光彦シリーズは映像が、というか何と言えばいいのかな、画面から伝わる風景、地方の独自色が輝いて見えます。

 あの「赤いトンネル」と表現されていた太鼓稲荷の鳥居には旅心をくすぐるものがありました。京都にもJR東海のCMに使われたたくさん鳥居のある神社がありますけど、どちらの鳥居の数が多いのでしょうか。数ではなく、赤いトンネルにより近いのはどちらか?かな。

 茶屋のおばあさんの事件は見事に省略されてしまったので事件は2つ。犯人は別々。神津洋二さんの犯人は割りあい想定の範囲でしょうが、朱鷺勝蔵さんの犯人は「えっ!」と思われた方も多いのではないでしょうか。

 紀江さんの友義さんへの愛、竹内さんの娘(樋口久美(いしのようこさん))と孫(樋口実加代(加藤夏希さん))への愛、啓子(洞口依子さん)の慶四郎さん(村田雄浩さん)への愛が複雑に絡み合って、そしてそこへ少しの欲深き人が絡んだために、悲しい事件が生まれてしまった物語。

 これも、内田作品にはわりと多くある犯人が自らけじめをつけて警察には捕まらない結末でした。

 私的には行ってみたい萩・津和野の旅情が満喫できて、まぁ、ストーリー的にも、あのボリュームの原作を2時間によくぞまとめた!という感じに仕上がっていたので、満足な作品です。

 

2008年9月28日 (日)

梨と栗

 梨と栗をいただきました。

 ここのところ、グッと涼しくなったのを加え、梨や栗を食べながら、秋になったのだなぁ、と実感しました。これは食欲の秋?(笑)

 スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋、食欲の秋etc…今年の秋はどんな秋になるでしょうか。

2008年9月26日 (金)

フェルメール展入場者数30万人

 東京都美術館で開催されている「フェルメール展」の入場者数が9月25日に30万人を突破したそうです。

 30万人突破は30日かな~などと勝手に予想していたのに比べると、5日早い30万人突破。10万人、20万人突破はそれぞれ20日かかっていたのに、20万人から30万人は15日で10万人が入場ですか。芸術の秋を向えてペースアップしたのでしょうか。

 40万人突破は10月10日かな?(笑)

2008年9月25日 (木)

10月はじめのお楽しみ

 10月1日と10月5日に発売される本の中で、チェックしている本が3冊あります。

 10月5日発売、講談社X文庫ホワイトハートの宮乃崎桜子さん著「斎姫繚乱シリーズ」いよいよ最終巻のようです。シリーズが始まってから10年くらいですか。ほぼ最初から読んでいるので、ついに大団円を向えるのは感慨深いです。まぁ、普通に年齢を計算すると宮も20代(以下自主規制)…ですか。

 もう1冊同じく10月5日発売、講談社X文庫ホワイトハートで森崎朝香さん著「花嫁シリーズ 青嵐の花嫁」 中断していた花嫁シリーズの再開第2弾。今度はどんなお話になるのでしょうか。
 私の家の最寄りの本屋さんは講談社X文庫ホワイトハートを置いていないので、どこぞの本屋でチェックしないとです。

 最後の1冊は10月1日発売、小学館ルルル文庫の篠原千絵さん著「天は赤い河のほとり 朔の月」 これは当初5月発売予定だったものが10月に発売延期になっていたので、発売予定日に店頭に置かれることを祈るのみです。

 さ~て、どれから読むか。悩むなぁ。

2008年9月23日 (火)

「地の日 天の海」 下巻 読了

 内田康夫さん著「地の日 天の海」の下巻を読み終えました。

 上巻と下巻だと下巻の方がテンポが遅くなったのかな。う~ん、一応、随風さん=後の天海が主人公らしいのですけど、話しが随風さん視点で固定せず、明智光秀側から描かれていたり、次のシーンでは豊臣秀吉目線であったりして、誰の目線で物語を追えばいいのか分かりませんでした。強いて言うなら内田康夫先生目線?

 下巻は歴史的事実を追うのに忙しくて感情移入はなしになりました。ハードカバー2冊。かなりの分量を読んだのにも関わらず、随風さんにも光秀、信長、秀吉、家康に対しても特段の感想はありませんでした。

2008年9月20日 (土)

「踊れ、光と影の輪舞曲」 読了

 本宮ことはさんの幻獣降臨譚シリーズの「踊れ、光と影の輪舞曲」を読み終わりました。

 シリーズ前作の「渡れ、月照らす砂の海」を読んでから大分経つので…というより、シリーズ最新刊が既に発売されてしまってますが…、前作の内容をかなり忘れています。

 ミルヒランド公国に足を踏み入れたことで、舞台が変わり、ストーリーが大きく展開したと言うべきか、次の大きなエピソードのための伏線張りと舞台設定作りをしていると言うべきか、個人的には、物語が大きく動いた印象は持ちませんでした。

 それでも、確実に、シェナンにもライルにもディクスにも変化が訪れています。
 シェナンは彼の人間性としてはいい方かな。彼の将来にとってプラスか否かはこれからの展開次第という感じがします。
 ライルはこれがどうでるか読めません。
 ディクスはアリアとは相容れない方向に足を踏み入れてしまいました。このまま悲劇的なことになってしまうのかなぁ。心配。

 既に発売されている最新刊「掲げよ、命懸ける銀の剣」を読むのはいつになることか。

2008年9月19日 (金)

箱庭

 金曜プレステージ浅見光彦シリーズ32弾「箱庭」(内田康夫さん著)が21時~22時52分に放送されました。フジテレビなので中村俊介さん主演の浅見シリーズです。やはりこの時間帯がミステリーの王道の時間ですね。くつろいでゆっくり見られます。

 TBSの沢村一樹さん主演の浅見光彦シリーズには和子お義姉さんは毎回登場していますが、こちらのフジテレビの中村俊介さん主演の浅見光彦シリーズでは和子お義姉さん(=陽一郎さん(榎木孝明さん)の奥さん)は初登場だそうです。和子お義姉さん(五十嵐めぐみさん)の存在は「箱庭」でのキーポイントになっていましたから、雪江母上(野際陽子さん)に設定を変えられなかったのでしょう。

 和子役の五十嵐めぐみさんは私的にはテレビ朝日の「法医学教室の事件簿シリーズ」の気の強いやり手の検事さん役のイメージが強いので…2時間ドラマ見過ぎ(^^;)…、良妻賢母型の和子さんはどうなのでしょう…。

 びっくりするほど展開が早いです。冒頭のシーンで光彦が厳島神社にいた上に、原作では1年前の台風の夜に亡くなったはずの男性が、テレビではその冒頭で死体発見されたりと、驚きの連続。

 その上、最初の20分で三橋静江(芦川よしみさん)が大貫(長谷川哲夫さん)の専属の看護師になったことが判明して、岩国に向う途中の列車でバレエの発表会の準備に向う岡村里香(田丸麻紀さん)と出逢ったり、里香に岩国観光教会の峰沢(西田健さん)を教えられた上に、峰沢さんの息子が大貫代議士の秘書だということまで、あっさり里香が語ったのには驚きを通り越してあっけにとられたほどの怒涛の展開でした。

 いや~、ビックリの連続連続連続。あ、でも里香役の田丸麻紀さんはバレリーナ役に似合ってるな~って感じました。

 原作の小説ではじっくり、ひとつひとつ積み重ねていく事象がテレビでは、何気なくあっさり語られたり映像で見せられたり、なんだかそんなに簡単に解明されてしまっていいのと思わざるを得ません。

 最も納得できないのは、峰沢さんの息子さんが大貫代議士の秘書をしていることを番組早々に明らかにしてしまっていること。この事実は「箱庭」の犯人解明の基礎を示すものなのに、それをあっさり番組の序盤といって過言ではない時間に明らかにしてしまうのは、ミステリー番組の根幹に関わるような気がします。

 大貫代議士が往生際も引き際も弁えない小物に描かれているのが残念です。

 静江さんと厳島神社の関係も単に和子お義姉さんと一緒に写っている写真のみなので、静江さんの中学卒業してから、この事件までの人生の切なさが全く描かれていなかったように感じました。静江さんの人生の哀惜と、峰沢さんの息子への思い、里香の母の里香への思いが、事件に深みを出していたと思っているので、もう少しなんとかならなかったものでしょうか。

2008年9月18日 (木)

台風13号

 台風13号が九州に接近しているようです。

 …台風13号は先週末に台湾に接近していませんでしたっけ?
 台湾をかすめて中国へ向うかと思いきや直角=ほぼ90度曲がって沖縄を直撃して九州に接近。今週末に日本列島を縦断しそうな気配です。

 雨台風のようですので、台風の進行方向には注意していきたいです。

 

 9月14日に発生したANAの搭乗システムの障害の原因は認証機能の期限切れだったそうです。ニュースを聞いて思わず噴出してしまいました。ありがち過ぎ。搭乗予定で多大な迷惑を被った方々には申し訳ありませんが…。

2008年9月16日 (火)

さながら強化月間

 今月は5日放送の岡部警部シリーズの「十三の墓標」をかわきりに、19日にフジテレビ系の浅見光彦シリーズ「箱庭」、29日にTBS系の浅見光彦シリーズ「津和野殺人事件」が放送されるようです。

 1ヵ月に3本の内田康夫作品の放送、それはさながら内田康夫強化月間とも言っても過言ではないような気がします。
 が、反面、なぜにそんなに同じ時期に密集して放送するのだろうという感もぬぐえません。
 もう少しばらけさせて放送してくれた方が見てるほうも楽という言い方には語弊があるかもsれませんが…う~ん、何と表現したらいいか…

 特に「箱庭」と「津和野殺人事件」は間隔が10日な上に登場人物・設定が同じで俳優陣が異なる別々の放送局制作の同じ浅見光彦シリーズですから、頭では理解しているつもりでも、ときどき、あららら…と感じることがあるのは否めません。それとも、そう感じるのは私だけなのでしょうか?

 何にせよ放送が楽しみなことに変わりはありません。

 我が道を行くテレビ東京の信濃のコロンボ竹村警部シリーズの次回作も期待しています。

2008年9月14日 (日)

「地の日 天の海」 上巻 読了

 内田康夫さん著「地の日 天の海」の上巻を読み終えました。

 内田康夫さんの作品ながら、浅見光彦シリーズでも信濃のコロンボ竹村警部シリーズでも岡部警部シリーズでもなく、ミステリー作品ではありません。
 内田先生初の歴史小説!です。

 いや~、「地の日 天の海」というタイトルを見たときから、漠然と何の根拠もなく飛鳥時代、つまり聖徳太子の時代とか中大兄皇子の時代を主舞台にした作品だとばかり、勝手に思い込んでいました。

 手にして上巻の表紙を見た瞬間に己の誤りに気づきました。表紙の人物はどう見ても豊臣秀吉。あ~、地の日=豊臣秀吉のことでしたか。すると天の海=字の如し天海僧正(てんかいそうじょう)ですか。
 読み始めたら天の海=天海はビンゴでした。

 同時代を生きた秀吉、天海、明智光秀……信長と家康は置いておいて……が、こういう風に関わりを持っているのも面白いのかなぁっと思いながら、何年も前に会った人をそうも鮮明に覚えているものなのかと疑問に感じたりもしました。
 私がそれだけ強いオーラを放つ人に出会ったことがないからか、時代が変わってしまったからか。

 下巻がどう展開するか…。まさか歴史小説が歴史ミステリー小説になったりしませんよね。上巻の当初で随風さんが後の天海さんだとネタばらししてしまってますから。

 しかし、ハードカバーを読むのは重いし、時間もかかります。

2008年9月12日 (金)

フェルメール展 入場者数20万人突破

 東京都美術館で開催されているフェルメール展 の入場者数が9月10日に20万人を突破したそうです。

 8月2日に開会以来、8月20日に10万人突破、9月10日に20万人突破ですからほぼ20日で10万人の入場者ですか。1日平均すると5000人。ハイペース…なのですよね。

 ということで、私の勝手な予想では、9月30日が30万人突破になりそうなので、30万人目を目指して9月30日に行ってみるのも面白いかも…しれません。(笑)

2008年9月10日 (水)

「うそうそ」 読了

 久々の読了報告は、畠中恵さん著「うそうそ」です。

 以前、読んだことがあるので、あらすじは覚えていました。

 江戸でも有数の廻船問屋兼薬種問屋長崎屋の若だんな一太郎が箱根に湯治に出かけたら、誘拐されて、天狗に襲われて、天狗に襲われた原因は山神さまの姫神のお比女ちゃんだった。

 よし!あらすじは間違っていませんでした。でもでも、誘拐の原因が朝顔だとか、その朝顔をめぐって、若だんなが箱根の山を駆け回る(?)とかは、頭からすっぽり抜け落ちていました。

 お比女ちゃんの守り役の蒼天坊役は、キャスト一覧の中にあるお名前から想像すると古谷一行さんなのかな。

 映像化しやすそうなストーリーだなぁと読み直して改めて感じたので、放送が今から楽しみです。

2008年9月 8日 (月)

小説読書中

 ガイドブックの読み込みを一時中断して小説を読んでいます。

 それは、畠中恵さん著の「うそうそ」 フジテレビでの今冬のテレビドラマ化への復習(1度読んでいるので)と予習を兼ねています。
 お比女(ひめ)ちゃんは誰が演るのかなぁ。外見が8、9歳だと子役さんかな。新龍さんはガッシリ系?中村俊介さんも出演するみたいだけど、やっぱり勝之進さんかな。
 放送が待ち遠しい番組です。

2008年9月 6日 (土)

神秘の湖に眠る謎

 TBS系「世界・ふしぎ発見! ~天山山脈に抱かれたキルギス 神秘の湖に眠る謎~」

 今日の「世界・ふしぎ発見!」はキルギス共和国のイシククル湖をメイン取材して出題。イシククル湖の彼方には天を目指す天山山脈。どうも天山山脈と聞くと某漫画を思い浮かべてしまいます。(^^;)

 玄奘三蔵、つまり三蔵法師も通ったこの土地。見える景色は三蔵法師の時代と大差ないのかもしれません。しかし、沙悟浄の元々のモデルがワニだったのは驚きました。全く想像もつかずに、「カワウソ」とかつぶやいていました。(苦笑)

 神秘の湖に眠る謎は謎なままでいい。そう強く感じました。

 シルクロードの東の果てのさらに海を渡った日本人としては、シルクロードの中央部付近は見果てぬ夢の場所で、“行ける”とか“行ってみたい”とかまで考えが及ばないところです。

 シルクロードの西の果てのトルコには行ったのにこの感覚はどうしてなのでしょうか。

 

2008年9月 5日 (金)

十三の墓標

 フジテレビ 19時57分~20時49分 金曜プレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ~十三の墓標~」
 タイトル、長い(^^;)

 真央ちゃん(八木優希さん/原作では和代ちゃん)と一緒に犯人を追いかけるのは、やはり岡部警部(近藤真彦さん)でした。そうでなくてはドラマが成り立ちませんね。
 しかも岡部警部の相棒の刑事は神谷刑事(泉谷しげるさん)で、上田刑事(植草克秀さん)はお留守番。このへんは予想とはずれました。(笑)

 ドラマですから、展開が早い早い。民夫(石橋保さん)と邦夫が双子の兄弟だということは、ちょっと気を抜いたらそういう報告を神谷刑事が岡部警部にしていました。どういういきさつで判ったのかな?

 八重子さん(戸田菜穂さん)に栄作さん(竜雷太さん)への怒りをぶつけるシーンはもっとクールに冷たく激しく熱くても(一体どういう怒り方?)よかったような気がしないでもないです。

 ひゃ~!真央ちゃんから岡部さんへプロポーズ!!「いまどきのガキはああですかね。」神谷さん、同感です!!!神谷さん気があいますね。(爆)

 沢村一樹さん主演の浅見光彦シリーズの「坊ちゃん殺人事件」のヒロイン役を演じた戸田菜穂さんが真央ちゃんのおばさん役。少々複雑な心境になったりして。

 やはりというべきか、19時57分番組開始は落ち着いて見られませ~ん!何とかしてください!>フジテレビさま

2008年9月 4日 (木)

ミュンヘン~ドナウ川をゆく~

 NHK BShi 22時~22時45分「世界ふれあい街歩き ミュンヘン~ドナウ川をゆく(1)~」はドナウ川をめぐるシリーズの第1弾。4週連続の第1回なので今週から4週間楽しみです☆

 ミュンヘンはマリエン広場付近を散策したのとホフブロイハウスと市庁舎の地下のレストランで夕食を食べたのを覚えています。
 ただ、残念ながらその他の場所の記憶は全くありません。どうして?

 街のど真ん中の川の急流でサーフィンとはミュンヘンっ子さんはすごいことを思いつくものです。

 イーザル川の観光用の筏でのツアー面白そう!と思ったら30kmを6時間ですか。それはちょっと…よほど日程に余裕がないと難しいかも…。

 陽気な果物屋さん。美味しそう。こういうさり気ない普通のお店すきです。でも、kg買いは旅行中は無理かも。1個か2個で充分ですね。

 ミュンヘンでは、ノイエ・ピナコテーク、レジデンツ、ニンフェンブルク城はぜひ観たいと思っているのですが、いつ実現することか…。

2008年9月 2日 (火)

本の話題2つ

 ネットサーフィンをしていて、私の好きな本の新刊情報1作品と、テレビドラマ化1作品の情報をゲットしました。

 まず、小学館のルルル文庫の篠原千絵さん著「天は赤い河のほとり~朔の月~」が10月1日に発売されるようです。この作品は当初5月発売予定だったのが延期になっていたもので…今回は予定どおりに発売されることを祈っています。

 そして畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズのテレビドラマ化第2弾「うそうそ」がフジテレビで今冬放送予定のようです。
 昨秋放送された手越祐也さん演じる若旦那は、私的に結構似合っていたように思えるので嬉しいニュースです。
 早乙女太一さん演じる妖艶な鈴彦姫もツボだったのですよね~。もちろん!仁吉も佐助もイメージぴったりだったので楽しみです。
 ただ、「うそうそ」はシリーズ5冊目なのですよね。どうしていきなりこんなにとんでしまうのでしょうか。「うそうそ」は1冊まるまる「うそうそ」な本ですから、2時間ドラマにするのにし易いストーリーと内容なのかな。

2008年9月 1日 (月)

対応が…

 暑いです。今日は久々に暑いです。

 真夏に比べたら、“暑い”と主張するほど暑くないでしょう。ただ、8月下旬からずっと涼しい日が続いていて、それにすっかり慣れてしまっていて、今日の暑さは堪えました。暑さに対応ができていません。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »