2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「絵画芸術」出展中止 | トップページ | 高橋留美子展 »

2008年8月 2日 (土)

フェルメール展初日

 今日8月2日(土)から開催のフェルメール展 「光の天才画家とデルフトの巨匠たち」 生まれて初めて展覧会の初日に見学しました。

 初日ということで、空いているのか混んでいるのか未知の世界でした。それでも、普通の土日祝祭日は混むでしょうし、平日もお盆休みのときはたいして空いていないのを過去2回の展覧会で経験済み。だったら、初日に賭けてもいいかなぁ~と思いまして。

 9時10分に東京都美術館に到着。9時開館で開館時間前に並んでらした方々が入場が終わったタイミングで全く並ばずに入場できました。ラッキー♪
 開場を並んで待ってらした方々で既に会場内はごった返していました。おぉ~!!久しぶりに混んでいる展覧会です!さすがフェルメール展です!でも、想定の範囲内の混雑ですので問題なし。

 フェルメールの作品7点は、全展示作品のちょうど真ん中くらいの展示順。
 人の頭越しに作品を見ないで進む道をチョイスしたので、並んで前の方々が進んで行くのにあわせて前進です。

 フェルメールの作品の展示室にたどり着くまでに入場してから1時間かかりました。(笑)

 そしてフェルメールの作品7点。「マルタとマリアの家のキリスト」の絵の大きさに驚いたり、絵のドレスやテーブルクロスの質感や光沢に目を奪われたりと、静々進んで7点を見学するのに1時間です!!!“唯一の宗教画”とか“唯一の神話画”とか、解説にうなづきつつの見学です。日本で開催される展示会ですから、解説があるのがいいですね~☆

 フェルメールの作品が7点。豪華☆豪華♪

 フェルメールの作品の後も最前列で見ながら進んで30分で出口に到着。ん~、なんでしょう。フェルメールの作品の後に展示されている作品たちの前には比較的見学者さんの姿が少ないような気がします。あれ?

 フェルメール7作品。個人的に最も気に入った作品は「リュートを調弦する女」です。窓の外で何かあったのか視線を向ける女性。彼女の視線の先にあるのは何なのか?想像を掻き立てられます。楽し~い☆

 充分に堪能して大満足の2時間30分でした。

« 「絵画芸術」出展中止 | トップページ | 高橋留美子展 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「絵画芸術」出展中止 | トップページ | 高橋留美子展 »