2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

スイスアルプス100年の記憶

 TBS系「世界・ふしぎ発見! ~世界を魅了した山岳リゾート スイスアルプス100年の記憶~」

 ティラノの街中を普通に走るベルニナ急行の列車にまず度肝を抜かれました。うっわ~☆乗ってみたい♪
 オープン・ループも通ってみたいですね。氷河特急に乗ったときに通ったランドヴァッサー橋(ランドヴァッサー陸橋と番組では紹介)にもベルニナ急行の列車が走っていたのですね。知りませんでした。

 ベルニナ急行、自転車に追い越されるのですかぁ!!(爆笑) 素敵です、ベルニナ急行。ますます惚れてしまいます。(^^)v

 氷河の後退が如実に現れている映像には心が痛みます。

 サンモリッツに到着。私たちが行ったときは曇天と雨の繰り返しだったので、青空がうらやましい。オードリー・ヘプバーンの愛したチョコレートケーキは、スイスに行く前に知っていたら、絶対に食べに行ってましたね。

 いつの日か、ベルニナ急行に乗ってサンモリッツを、スイスを訪れたいです。

2008年8月29日 (金)

記録的豪雨多発

 昨日から今日にかけてあちこちで大雨の被害が広がっています。
 被害に遭われた皆さまにお見舞い申上げます。

 このまるでスコールのような雨。どうしたのでしょう。日本が温帯から亜熱帯に変わってしまったかのようです。これも地球温暖化の影響だとしたら、早急に何かしなければなりません。でも何をすればいいのでしょう?
 まずは冷房・暖房は控え目に、でしょうか。

2008年8月27日 (水)

読んでいるのは

 最近、読了報告をしていません。

 別に本を読んでいないわけではなく、小説を読んでいないのです。

 読んでいるのは…そう、ガイドブックです♪パンフレットを片手にガイドブックを読んでいます☆ふっふっふ楽しいな(*^^*)

2008年8月25日 (月)

一昨日から

 一昨日から寒くありませんか?
 まだ8月だと言うのについに今日は長袖を2枚着てしまいました。ってそれは寒がりすぎじゃない?>自分

 オリンピックが昨日閉会式を迎えました。オリンピックが平和の祭典であり続けられるように願ってやみません。

 それから私の心を冷やしているのが何日か前に耳した10月からの燃油サーチャージの値上げの話題です。ここのところガソリンが少しずつ値下がりしていたので、微かな期待をかけていたのが仇になりました。ガックリ。どこまで上がるか!燃油サーチャージ!!

2008年8月23日 (土)

知っとこサースフェー

 朝食のお供にテレビを点けたらいきなりババンとスイスアルプスの映像。

 TBS系「知っとこ!」の新婚さんの朝食が今日はスイスの奥さまだったようです。

 場所はサースフェー。サースフェーは残念ながら2006年にスイス旅行したときのコースには含まれていないところでしたが、ここも良さそうなところですね。夏のスイスの花とハイキングの魅力と夏スキーの情報までを含めた海外旅行好きには堪らない時間でした。
 イケメンのスキーインストラクターさんに紹介されて行った山のロッジ(カフェ)でお店のおにいさんに手渡されたピーナッツ。「マーモくんだ!」とスイス旅行した人間はピンと来るものがありました。当たり!(笑)
 ピーナッツにひかれて巣穴から出てくるマーモットたち。可愛い☆プリティ♪実物を見てみたかったですね~。でも、餌付けしていいのでしょうか?>お店のおにいさん
 ちなみに番組中、イケメンとして紹介されたスキーインストラクターさんよりも個人的にはこちらのお店のおにいさんのほうがイケメンに思えました。(爆)

 「知っとこ」は私のツボをクリーンヒットすることがある番組なので、要チェックです。

 土曜の朝の番組なのが、私的に苦しいところですが…(^^;)

2008年8月21日 (木)

祝☆ソフト金メダル

 今日は妙に眠いです。何故だかわかりません。ん~、暑かったのが涼しくなってきて夏バテが噴出してきたのかもしれません。

 朝食を摂りながらテレビを見ていたらスペインでの航空機事故のニュースが放送されていました。このところ航空機事故のニュースが多いような気がするのは、気のせいでしょうか。
 何はともあれ、原因究明をしっかりしていただきたいものです。

 北京オリンピックでソフトボール女子がアメリカを破り念願の金メダルを獲得しました♪おめでとうございます。

  昨日2試合と今日の決勝戦の3試合400球以上を投げぬいた上野由岐子投手お疲れさまです。

 私がテレビをずっと見ているとアメリカに逆転されてしまいそうで(取り越し苦労)怖くて、ずっと観戦していられず、ザッピングを続けながら応援していました。何回目かのチェックのときが丁度ゲームセットのときで、それからゆっくり安心してハイライトシーンを見ることができました。本当に私はノミの心臓です。(^^;)

 4大会目で念願の金メダルを手にした日本チームの皆さん、おめでとうございます&おつかれさまです。皆さん一人一人の金メダルへの思いの強さが今日の栄冠に結びついたのですね。晴れ晴れとした笑顔、素敵でした。

2008年8月19日 (火)

トランポリン

 オリンピックのトランポリン競技。

 私の感覚と審判さんの採点の基準には何らかのポイントのずれがあるらしく、私がいいなと思った演技者の得点が思ったほど伸びず、これはいまひとつと思った演技者の得点が高かったりしていました。

 ポイントの違いはどこにあったのでしょうか……。

2008年8月17日 (日)

夏休みも今日が…

 夏休みも今日が最終日。この夏休みは特に何をするでもありませんでした。

 どちらかと言うと暑さにバテてしまってゴロゴロしながら、オリンピックを何となくつけつつ、ガイドブックやパンフレットを見ている感じでした。

 胃の調子がイマイチなのは膝痛のために飲んでいる薬のせいでしょうか。

2008年8月15日 (金)

溶けてます

 夏休み。どこにも行かずにひたすら自宅で溶けています。

 溶けながらガイドブック片手にツアーの絞込みって感じです。今回は2つに絞って最後の決定は同行者に下駄を預けようかな~と思っていたりします。

2008年8月12日 (火)

熱中症未満?

 このところ、夜中に暑くて目が覚めます。汗びっしょり。冷たい水をコップ1杯飲むと、とりあえず落ち着きます。夜中に暑くて目が覚めるのは熱中症の一歩手前でしょうか。

 そんなこんなで、少々睡眠不足気味。これから夏休みなので朝寝坊して睡眠不足を解消しなくては。(苦笑)

2008年8月10日 (日)

桜田門外の変

 大河ドラマ「篤姫」、今回は「桜田門外の変」でした。

 私的には、信濃のコロンボシリーズのひょうきんで飄々とした竹村警部のイメージの強い中村梅雀さんが、この大河ドラマ「篤姫」では、将軍や御台所に対して平伏して見せない顔で笑っているような思いっきり敵役な井伊直弼を演じていました。

 天璋院(宮﨑あおいさん)と井伊直弼の茶室のシーンは圧巻でした。思わずテレビに見入ってしまいました。本当にこれから分かりあえて手を携えられたかもしれないのに、史実とはいえ残念な桜田門外の変でした。

 ジョン万次郎さんの久々の登場は嬉しかった♪再度の登場があるとは思っていなかったので純粋に嬉しかったです。
 そして、まさか!彼の口から天璋院に尚五郎さん(今は小松帯刀/瑛太さん)が於一のことを「好いちょろました」と衝撃の事実が伝えられるとは思いもよりませんでした。ずっと於一には知らせないままに終わるものだと、何の疑問も持たずにいました。はい、ここでは敢えて“於一”ですね。

 勝海舟(北大路欣也さん)、シブ線です。斉彬(高橋英樹さん)退場後、勝海舟登場。さすがNHKさまです。豪放磊落、闊達な勝海舟でこちらはいつもの北大路欣也さんのイメージ通り☆

 幾島さん(松坂慶子さん)が去って行きました。これから天璋院と幾島のボケと突っ込みが見られなくなるのは寂しい限りです。

史上最強6000キロ! 万里の長城

 今日の「THE世界遺産」は万里の長城。やはり北京オリンピック連動企画なのでしょうか。(笑)

 申し訳ないとは思いますが、中国の中で行ってみたいと思えるのは、西安(兵馬俑が見たい)と万里の長城だけで、他はほとんど興味がないのです。m(_ _)m

 で、今日はテーマが万里の長城なので見たというところです。

 長城の上を霧が渡っていく映像は雄大ですね。

 明の時代に長城を改修(?)した武将の戚継光がヒーロー。この時代に今の長城の姿になったのですか。ん~、ただ、もし私が観に行くとしても北京近郊の八達嶺の長城しか行けない(行かない)のでしょうね。

2008年8月 9日 (土)

フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち

 東京都美術館で8月2日から開催されている「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」の見学記をアップしました。

 よろしかったら、こちらからご覧ください。






2008年8月 7日 (木)

ただいま迷い中

 秋から来年の春にかけてのツアーのパンフレットが出始めました。

 そこで悩みが発生。メインの目的場所に行けばOKなお安いお手軽ツアーにするか、少々お値段がはってもメインの場所以外にも目一杯観光するか。

 どうしよう。

2008年8月 5日 (火)

吉村作治の早大エジプト発掘40年展

 古代オリエント博物館で開催中の吉村作治の早大エジプト発掘40年展の見学記をアップしました。

 「青いミイラマスク、日本で最後の公開!」のあおり文句につられての鑑賞です。(笑) 

こちらからご覧ください。

2008年8月 3日 (日)

高橋留美子展

 松屋銀座8階大催場で、7月30日(水)から8月11日(月)まで開催されている高橋留美子展を見てきました。

 事前にネットの情報で結構な人出だと見て行ったものの、実際に行ってその人出に圧倒されました。
 会場自体がさほど広くないので、とにかく人口密度が高いのです。「来る者は拒まず」のポリシーをお持ちのようで、来場者は待たされることなく入場できるので、人でごった返しています。会場内の混雑緩和のため、会場内にいる見学者の人数調整しませんか?>主催者さま

 高橋留美子さん、高橋留美子さんの作品をこよなく大切に想う男性のファンの方々が70%くらいで女性ファンは30%くらいでしょうか。もうちょっと女性が多いかな?「犬夜叉」で小中学生ファンもいたりしてかなり幅広い年代の方々が集まっていました。

 「うる星やつら」、「めぞん一刻」、「らんま1/2」、「犬夜叉」、その他の作品に分類されて原画が展示されていて、皆さん食い入るようにご覧になっていらっしゃる。特に好きな作品には思い出や想い入れがあるのでしょうね。

 生原画はパステル調で優しい雰囲気のイラストが多いのに驚きました。印刷すると変わるのかなぁ。「うる星やつら」のラストシーンの生原稿が展示されていていました。生原稿にはじっくりと見入っている方が多かったですね。

 他の漫画家さんがラムちゃんを描いているコーナーでは、解説が絵の下にあるので、列が進まないことこの上ないです。解説を絵の脇に掲示してくださったら、人の頭越しにでも読んで進めるのに、これでは渋滞に拍車を掛けてますよ。
 自分の絵としてのラムちゃんを描いていらっしゃる方、オリジナルのラムちゃんのイメージにトライしていらっしゃる方に2分されていました。
 個人的には、あだち充がオリジナルのラムちゃんのイメージで、なおかつあだち充さんが描かれた絵であることが分かる仕上がりのような気がします。

 出口の所にセッティングされている、高橋留美子さん関連グッズの山はさすがデパートさまです!頭が下がりました。

2008年8月 2日 (土)

フェルメール展初日

 今日8月2日(土)から開催のフェルメール展 「光の天才画家とデルフトの巨匠たち」 生まれて初めて展覧会の初日に見学しました。

 初日ということで、空いているのか混んでいるのか未知の世界でした。それでも、普通の土日祝祭日は混むでしょうし、平日もお盆休みのときはたいして空いていないのを過去2回の展覧会で経験済み。だったら、初日に賭けてもいいかなぁ~と思いまして。

 9時10分に東京都美術館に到着。9時開館で開館時間前に並んでらした方々が入場が終わったタイミングで全く並ばずに入場できました。ラッキー♪
 開場を並んで待ってらした方々で既に会場内はごった返していました。おぉ~!!久しぶりに混んでいる展覧会です!さすがフェルメール展です!でも、想定の範囲内の混雑ですので問題なし。

 フェルメールの作品7点は、全展示作品のちょうど真ん中くらいの展示順。
 人の頭越しに作品を見ないで進む道をチョイスしたので、並んで前の方々が進んで行くのにあわせて前進です。

 フェルメールの作品の展示室にたどり着くまでに入場してから1時間かかりました。(笑)

 そしてフェルメールの作品7点。「マルタとマリアの家のキリスト」の絵の大きさに驚いたり、絵のドレスやテーブルクロスの質感や光沢に目を奪われたりと、静々進んで7点を見学するのに1時間です!!!“唯一の宗教画”とか“唯一の神話画”とか、解説にうなづきつつの見学です。日本で開催される展示会ですから、解説があるのがいいですね~☆

 フェルメールの作品が7点。豪華☆豪華♪

 フェルメールの作品の後も最前列で見ながら進んで30分で出口に到着。ん~、なんでしょう。フェルメールの作品の後に展示されている作品たちの前には比較的見学者さんの姿が少ないような気がします。あれ?

 フェルメール7作品。個人的に最も気に入った作品は「リュートを調弦する女」です。窓の外で何かあったのか視線を向ける女性。彼女の視線の先にあるのは何なのか?想像を掻き立てられます。楽し~い☆

 充分に堪能して大満足の2時間30分でした。

2008年8月 1日 (金)

「絵画芸術」出展中止

 8月2日(土)から東京都美術館で始まる「フェルメール展」で、ウィーン美術史美術館所蔵の「絵画芸術」の出品中止が正式に決まったそうです。

 うにゅ~。もうしかしたら幸運にも出品OKが出て、フェルメールの作品8点が一同に会するのを見られるのではないかと抱いていた淡い期待は儚い夢と終わりました。(:_;)

 はぁ。(ため息)

 それでも「フェルメール展」、7点のフェルメール作品に出会って、ワクワクドキドキ感を味わえたら、透明な空気を感じられたら嬉しいですね。

 新たなフェルメールの面を感じられたら幸せです。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »