2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« またしても | トップページ | 芸術の春 »

2008年5月 2日 (金)

喪われた道

 金曜プレステージ浅見光彦シリーズ31弾「喪われた道」(内田康夫さん著) フジテレビなので中村俊介さん主演の浅見シリーズです。

 しかし、金曜プレステージはこの春から時間帯が変わり、19時57分~21時49分に変更になって、最初から落ち着いて視聴するには難しくなってしまいました。元の21時からの放送に戻ってくれないかなぁ。

 山下善十郎さんとのやりとりと虚無僧の説明の展開が早い早い。さすがテレビ。

 今回のヒロインは宮地真緒さん。年齢的にはそんな感じなのかな。

 ご遺体の確認の直後にご遺族に声をかけるなんて、少々配慮に欠けているように思えますが……。怪しまれてもいたし方ないですね。

 雪江母上(野際陽子さん)に注意されたにも関わらず、刑事さんに締め上げられて陽一郎兄上(榎木孝明さん)に迷惑かけているような気がしますが…、光彦さ~ん。
 こちらの警察は「先生!」とか言って揉み手をしないからいいですけど。

 私が楽しみにしていた浅見邸を訪ねる刑事さんと対応する雪江母上のシーンは見事にありませんでした。はっはっは。そんなものですね。

 滝落の曲のことが虚無僧研究会のお寺のご住職の口から出たのは意外でした。その方が早くストーリーを進められるから?

 旭滝のシーンでは蝉時雨。ということは撮影されたのは夏?すると今年の1月に放送された浅見伝説3部作よりも前に撮影されたのではないでしょうか。それなのに放送は今。これはどういうことなのか。大人の事情?

 終戦時に隠匿された金の秘密と地震のときの秘密。あまり現実感が伴いませんでした。

« またしても | トップページ | 芸術の春 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« またしても | トップページ | 芸術の春 »